LEDハンドルライト(ゴムベルト固定タイプ)軽い。娘の自転車に取り付け

この記事は 約2 分で読めます。

ライト

 

娘の自転車のダイナモ式ライトが壊れたらしいので修理するのも手間だしお手軽なハンドルに取り付けられるライトをホームセンターで買って取り付けることにしました。

本来であればこの程度のものは自分で付けろと買って渡してやれば済むことなのですが、まあ後学のためちょっとどんなものか見つつ付けてみることにしたのです。

ライト

 

価格は980円ぐらいだったでしょうか。一番安かったのは780円ぐらいで昔ながらの豆電球式でしたが、これはLEDでそれほど値段が変わらないし、特に支障はなかろうと選択しました。

LEDのライトも安くなったものです。

ライト

 

ゴムのバンドをハンドルの回りに1周させます。

バンドは長めなので大抵のハンドルに取り付けられるでしょう。

ライト

 

バックルの中へベルトの先端を一旦入れます。

ライト

 

すぐとなりの穴から再びベルトを外に出します。出したらクイックイッって感じにちょっと引っ張ってテンションを張ります。

ライト

 

概ねテンションを張ったらクランプになっているプラスチックを下げるとガッチリ固定されます。

ゴムバンドで固定しているのでぐらつきは少ないと思います。

このハンドルに固定する方法は数種類ありますが、いちばん確実に固定できる方法はビスで留めるタイプでしょう。

次に固定が確実なのはこのゴムバンドで固定するタイプかもしれません。

そしてもっとも固定として不安定なのはベルクロのベルトで締めるタイプなのかもしれません。

安いので自分の自転車にはこのベルクロ固定のタイプを使っています。まあ夜間乗る機会は非常に少ないので不便を感じたことはあまりありませんが、夜間乗る機会の多い方は上記の2種類から選んだほうが無難かと思います。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自転車用品ハード系
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)