iPhoneでgoogle mapを使っていてうざい画面がでるときの対処

google maps
自転車にiPhoneを取り付けて使う人はgoogle mapsを開いてよく地図を見ることがあるのではないか。

だが、自転車は道の起伏に敏感だからiPhoneもガンガン揺れて妙な画面がでてしまうことがある。
そんな走行中のうざい表示を出さないようにする方法をご紹介。

google mapsアプリの問題報告画面

google mapsはもう知っているかな。
iPhoneの標準地図がだいぶ使いやすくなったとはいえ、どうしてもついついgoogle mapsを開いてしまうという人も結構いるのでは?

Google Maps App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料(記事公開時)

地図アプリなので地図と現実が違っていると使う人は困る。
そこでgoogleのmapアプリは地図の問題を報告できるような画面を呼び出せるようになっている。

▼今日も自転車で走行中に頻繁に下のような画面が表示された。
iPhoneでgoogle map

しかしはっきりいって自転車で走っているときにこんな画面に登場されてもうざいだけで協力しようと言う気持ちが萎えてしまう。

なぜこんな画面がでるのか。そしてどうしたら出ないようにできるのか。
通常地図の状態で左下にある漢字の三みたいなところをタップすると設定画面がでる。
google maps

▼設定の部分を開いてみると、シェイクでフィードバックを送信という設定項目があり、オンオフ切り替えできるようになっている。
ここがオンになっていたので、自転車が道路のデコボコを走行して揺れるたびにシェイクしたと見なされフィードバックの送信画面が表示されるのだ。

google maps

ここをオフにしてしまえば走行中に要らん画面がでることもなくなるというわけだ。
しかしこれでは地図の問題をフィードバックして品質向上してもらう機会がなくなってしまうかというと、そんなことはない。

上記画面のすぐ上にフィードバックを送信という項目があるのでマニュアル操作でもちゃんとフィードバック操作ができる。

地図の問題を見つけたら積極的にフィードバックを送信するとgoogleからお礼として特典が何かあるかというと

知りません。

でも何か見つけたらちゃんと知らせてあげよう。情けは人の為ならず。なんてね。