RICHO THETAやSAMSUNG GEAR360など全方位カメラの機能比較(2016年)

RICHO THETAやSAMSUNG GEAR360など全方位カメラの機能比較(2016年)

B014US3FQI
全方位カメラというのが流行っています。自分も旅行へ行ったらただ写真を撮るだけでなく全方位撮ってみたいという思いが強くなってきています。

現在(2016年末)市場に出ている全方位カメラは数社ありますが代表的なものはリコーのTHETAシリーズ、サムスン電子のGear360シリーズ、それと新興企業かわかりませんがInsta360というものがややお安く出ています。

これらの機種のうち自分が買うとしたらどれがいいだろうかと体系的に整理しないで迷っていても話が進まないのでここは一つ徹底的に比べてみようと思いたち比較してみました。

そして導き出した結論はリコー THETA SCが概ねコスパイイんじゃないかってことです。

もし興味があるなら下記の比較表を参考にしてみてください。自分で買って使い勝手を比較したわけではないです。あくまでカタログスペックでの比較ですからわかる範囲での話です。

スポンサーリンク

360度撮影できる全方位カメラの機能比較

比較表

▼いくつか情報を集めきれなくて不明な箇所もありますが大体わかりました。

→機種
↓機能
Richo Thta SRicho Thta SCInsta360
nano
Samsung
Gear360
360度撮影
iPhone直結XXX
HDR合成?○(オート)??
ノイズ低減?○(オート)??
インターバル撮影
によるタイムラプス動画作成
??
スマホ転送有線
VRビュー
SNSへの共有
F値2.02.02.02.0
動画
解像度
1920x10801920x10803040x
1520
3840x
1920
静止画1200万画素1200万画素400万画素3000万画素
最長動画記録時間25分間5分約1時間
(microSD容量
による)
5分~1時間~
メモリ容量
による
普通のパノラマ保存
VRゴーグル??パッケージの箱?
連続稼働時間約260枚撮影約260枚撮影約1時間
microSDXX64GBまでSDXH
256GBまで
実売価格約29246円
(Amazon)
約28264円
(Amazon)
約23999円
(Amazon)
約33400円
(Amazon)
大きさ44mm(幅)x
140mm(高さ)x
22.9mm(厚さ)
45.2 mm(幅)×
130.6 mm(高さ)×
22.9 mm(厚さ)
33mm(幅)x
110mm(高さ)x
21mm(厚さ)
60.1mm(幅)x
56.3mm(高さ)x
66.7mm(厚さ)
内蔵メモリ8GB8GBXX
カラーバリエーション黒のみベージュ/ホワイト/ブルー/ピンクなしなし
重量135g102g73g152g
無線接続Wi-FiWi-FiXWi-Fi/
Bluetooth
インターフェースHDMI
(ライブストリーミングモード)
USB2.0
USB2.0iPhone6/6+
/6s/6s+直結
Wi-Fi/
Bluetooth/
USB2.0/
NFC
防塵??IP5X
防滴??IP3
gooelストリートビュー投稿可投稿可投稿可投稿可
バッテリー???1350mAh
動画スピード30fps30fps15fps30fps
三脚ネジ有り有り無し有り
静止画シャッタースピード1/6400〜60秒1/8000〜60秒??
動画シャッタースピード1/8000〜1/30秒1/8000〜1/30秒??

考察

ここまで調べてきて出した結論はtheta scがベストではないかということです。どれもそれなりに長短はありますが自分にとって高コスパと判断できるのはTHETA SCかなというところ。

まず最初に落ちるのがinsta360ですな。なにしろiPhoneに繋げて使うというのが市場を狭めすぎてます。単体でも使えるようではありますが、ちょっとかっこ悪い印象。

iPhoneのデザインが変わったらまったく単品で使うしかなくなります。まあそれまでにこのinsta360のほうが陳腐化して新モデルがでるほうが早いかもしれませんけど。あと静止画400万画素というのが今どきスペック低すぎかなというところです。

次に落ちるのがSamsung Gear360なんですが、これはこれで面白い機種だと思います。ただやっぱり丸っこいフォルムというのが時代を先取りしすぎているというか自分としては馴染めません。形がThetaと同じようだったら一番欲しくなっていたかもしれません。

最後にTheta Sが落ちる理由は動画の録画時間ぐらいしか差がないというところです。今どき25分間撮影できたからといって編集に手間をかけるのも面倒くさいし、かといってあとで25分間動画を鑑賞する時間的余裕はいまどきの現代人にはないのではないかな。5分も録画できれば十分と感じます。長い動画が欲しければ5分の動画を繋げられると思います(想像)のでTheta SCに軍配です。

レンタルで使うという手もあり

それぞれ現時点(2016年12月)で25000を下回らずちょっと手を出すにの躊躇します。(しない人もいるでしょう)そんなときのためにレンタルという手段もなくはない。

下記にそれぞれのカメラをレンタルで提供しているサービスを載せました。もしちょっとだけ試しに使ってみたいということでしたらレンタルで使ってみて気に入ったら買うというのも十分ありでしょう。

スポンサーリンク

フォローする