花園フォレスト内ビュッフェでは主に糖質で満腹になるが価格が手頃なので数年に一度ぐらいは行っても良いかもしれない

関越自動車道花園インターチェンジ付近に道の駅花園があります。その道の駅花園と併設されているお菓子のアウトレットが花園フォレストです。

その花園フォレストの中にアウトレットではないですが、ケーキも食べ放題のビュッフェレストランピエール・ド・ロンサールというところがあり利用してみました。

どんな感じだったかレポートします。

【関連】

道の駅と併設されてる花園フォレストはラ○ホテ○みたいな外観
関越自動車道花園インター降りて秩父方面へ少し走ると花園という町があります。 そこの道の駅花園がものすごく栄えているのでご紹介。 ただ栄えているだけじゃありません。 作りが立派でここが道の駅か?と疑うほどです。

花園フォレスト内ビュッフェ・バイキングピエール・ド・ロンサール

場所

外観

建物外観は以前投稿した記事をご参照ください。ラブホみたいな見た目なんて失礼なことを申しましたが、いまでもその考えは変わっていません。

建物を正面から入って右奥にこのビュッフェ・バイキングピエール・ド・ロンサールがあります。

最初大人1300円で食べ放題と読んでこれは安いじゃん!さすが田舎!なんて思いましてほとんど迷わず入店したわけです。
花園フォレスト内ビュッフェピエール・ド・ロンサール

▼外から見た限りでは結構席もゆったりしていそうです。ビュッフェで食べ放題だからって席が狭くて詰め込まれているのは嫌ですからね。

花園フォレスト内ビュッフェピエール・ド・ロンサール

▼会計を先に済ませて店員から指定された席に行きます。かなり広いですが一部はVIP席という扱いになっていました。VIPってどういうVIPなのやらは不明なままです。

花園フォレスト内ビュッフェピエール・ド・ロンサール

食べ物

▼まずはピザが複数種類ありました。生地がもっちりしていてお腹いっぱいになりそうです。

花園フォレスト内ビュッフェピエール・ド・ロンサール

▼続いてはスパゲッティ。麺とソースが別になっていて数種類のソースから選んでかけたような記憶があります。

花園フォレスト内ビュッフェピエール・ド・ロンサール

▼そしてケーキです。お菓子のアウトレットなのでいろいろお菓子も食べ放題かと思いきや、残念ながらアウトレットのお菓子は売り場でお金を出して買わねばなりません。

これくらいのケーキでも食べ放題なのでありがたくどんどんいただきましょう。

花園フォレスト内ビュッフェピエール・ド・ロンサール

▼ケーキはいろいろ種類がありました。ケーキの種類が一番豊富だったんじゃないかな。

花園フォレスト内ビュッフェピエール・ド・ロンサール

▼そして今回のメインディッシュはチョコフォンデュです。

チョコフォンデュって恥ずかしながらこの歳で初めて食べたような気がします。難しいんです。

花園フォレスト内ビュッフェピエール・ド・ロンサール

チョコが滝のようにドバーッと落ちているところにマシュマロやらバナナやらをかざすんですが勢いが強すぎてマシュマロ全体、バナナ全体になかなか被らないんです。

弾いてしまうという感じ。全面コーティングしようとフォークに刺したマシュマロやらバナナやらを回しているとチョコの勢いに負けてフォークから落ちてしまうこともありました。

難しい。チョコフォンデュの滝のその場で食べられればもう少しやりやすかったかもしれませんが、席まで持ち帰らなければならなかったためやっぱりちゃんとチョコを付けておきたいじゃないですか。

まとめ

飲み物もコーヒーやら紅茶やら清涼飲料やらといくつかありましたが省略します。

ええっと、食べ放題というわりには糖質系が多かったかなという印象が強いです。

野菜もあるにはありましたが、特に地場野菜が豊富というわけでもなさそうで特筆すべきものはとくにありません。

まあ1300円ならこんなものかというのが正直な感想です。

ただ体育会系の人とか、若くて腹に入ればなんでも良いとか考えている人にとってピザやスパゲッティやケーキやチョコフォンデュが食べ放題というのはこの上ない魅力に映るかもしれません。

おっさんはそろそろ健康に気を使ってカロリー控えめ、野菜多めを心がけていますので安くてもあまり頻繁に利用するわけにはいきません。

好き嫌いの問題ではなく健康寿命という観点から見て。