しまなみ海道へサンライズ瀬戸に輪行して出発です

この記事は 約2 分で読めます。

夜の線路
いよいよ今週末にしまなみ海道へ向けて出発します。
わくわくするとともに不安もかなりあります。
やはり宿を取っていないというのは不安なものですね。しかもここ最近急に秋らしくなって、台風も来たりして夜は結構冷え込みそうなのです。
そこで防寒対策をはじめとする宿無しの対策を考えてみました。

スポンサーリンク

寝るところ

まず、当然のことながら寝袋を持っていきます。
さらにテントを持っていければキャンプ場や道の駅に無理矢理泊まることもできるかもしれませんが、テントを持って走るのはさすがに荷物が多くなりすぎなので今回は無しです。

考えられる方法

  1. 道の駅のベンチなどに寝袋で寝る
  2. 比較的民家のそばで静かそうなところに寝る
  3. 自転車に乗ったまま寝る

3は不可能に近いのであまり深く考えても仕方ありません。

そもそも本州までどう帰るか

直前までよく調べなかったのでわかりませんでした。
うすうす感じてはいましたが本州に一番近い向島と結ばれている尾道大橋には自転車専用道路がなく走るのには適さないようなのです。

ということは途中でフェリーや渡し船に乗って本州に戻らなければなりません。
船の案内サイトは見つけました。

これによると生口島から出ているフェリーか因島から出ているフェリーに乗るのが最適のようです。

生口島の瀬戸田からの最終は18:40
因島の重井からの最終は19:01
尾道着19:20

結局最終的には渡し船に乗って当日中に本州に行くのが無難のようです。やっぱり野宿は怖いし寒そうだし、きっと侘しさが先立って物凄く来たことを後悔しそうな予感がします。

話しのネタにはなりますけどね。
まあ成り行きで最後までわかりませんが、宿が取れないとなれば急いで本州まで戻って泊まるところを探しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
鉄道旅行
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)