高崎で見つけた平成初期風カフェ「ふりーたいむ」全面喫煙可なのが残念なところ

この記事は 約3 分で読めます。

高崎喫茶店ふりーたいむ
高崎までブロンプトンで走った帰りに駅のそばにあった店に寄りました。

店そのものはこじんまりしていい感じだったのですが全面喫煙可であるところが致命的でした。

たかだか2割の喫煙者のために8割の嫌煙者の足を遠ざけているなんてもったいない店です。

ふりーたいむというお店

外観

間口は小さいです。ノスタルジーを感じさせてくれます。黒板に書かれたメニューやら何やらが手作り感があって親しみが持てます。

店内

玄関入ると右手が奥までカウンター席、左が奥までテーブル席です。

カウンターの上には妙に色々なオブジェが並んでいて食事しにくいかもって思いましたよ。地球儀とかステンドグラスのランプとか掛け時計とか。

一方、テーブル席は普通でした。テーブルとテーブルの間隔はまあ普通でしょうね。近すぎず遠すぎず。

▼関係ないですがブロンプトン自転車は小さくたためるので足元に置けました。
高崎喫茶店ふりーたいむにて

メニュー

日替わりランチほかカレーやらサンドイッチやら軽物からガッツリ系までそこそこあります。日替わりランチが850円で他の食事系はもっと安かったような。普通日替わりが一番安いと思うんだけどまあいいか。

食べもの

日替わりがハンバーグ定食とのことで頼みました。ハンバーグには玉ねぎがたっぷりかかった生姜風味でなかなか美味しかったです。サラダとライスは普通ね。あと味噌汁はインスタントっぽかったなあ。
高崎喫茶店ふりーたいむ

おこがましくも総評

喫煙可というのが致命的です。終始モクモクとまではいかずやや救われましたがランチタイムぐらい禁煙にしといたほうがいいんじゃないのかなあ。

▼唯一の減点ポイントはタバコなのですが、それとは別次元の話でなんと水出しコーヒーメーカーが置いてありました。帰り間際に聞いたらアイスコーヒーは水出しで作っているとのことです。
高崎喫茶店ふりーたいむ

勝手なチェックポイント

  • 外観:町の喫茶店といった風情
  • 店内:鏡に向かったカウンター席8ぐらいと二人がけテーブル4卓ぐらい
  • 雰囲気:やや昔ながらの喫茶店系。平成初期とでもいいましょうか。
  • BGM:昭和の歌謡曲、でも明菜もかかった
  • 駐車場:無し
  • 駐輪場:無し
  • 漢一人:平気
  • コーヒーの味:超うまい。吉祥寺のカフェを思い出す。
  • トイレ:和式
  • 分煙:無し全面喫煙可
  • 特記事項:思い切りゲップするジジイがいたりランチタイムにタバコ吸うババアも複数いたりして客層がNG。あ、これって店というより客の評価かw

店舗情報


この記事は一部するぷろで編集しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
喫茶店
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)