[PR]記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります

レンズ交換式一眼カメラのレンズはどこで借りるのが得なのだろうか→GOOPASSだった

この記事は 約6 分で読めます。

カメラタイトルで結論をいってしまっているが、要するに一言で言ってしまうと交換レンズはどれもこれもそこそこ高くてハイスペックな仕事をしている人でないと好きなだけ買えないということ。

自分も含めたロースペックカメラ男子にはレンタルが一つの手段として考えられるということ。

ただレンタルといっても検索するといろいろあって「カメラ レンタル」とか「交換レンズ レンタル」とかで検索すると上のほうにはお金を払って上位表示している曲者がわらわらと表示されるので注意だ。

本当にオトクなレンタル業者はどれか?経験を踏まえた一例を紹介する。あくまで一例だ。

スポンサーリンク

モデルケース シグマ製 Canon EFマウント24-105 F4標準望遠

先日買ったキヤノンR8に付属でついていたレンズが24-50というなんとも中途半端な使えないレンジ(素人考え)のレンズだったのでなんとしてももう少し奥行きの広いレンズがほしいと思っているがどれが良いかあたりをつけたのはCanon RF 24-250 のレンズだ。

といってもそれは12~13万円程度するので果たしてそんなに焦点距離要る?って自分に問うため小三元とやらを借りてみようと思ったわけだ。

(注 小三元とは麻雀用語ではあるがカメラの世界では大三元レンズに準ずるハイスペックレンズでワイド端からテレ端までF4絞りで使えるレンズのことをいう)その他細かいカメラ用語についてはここでは説明は省略する。

でもって小三元とやらの一つは24-105mmという焦点距離であるがこれもキヤノン純正だと高い。というわけでシグマのちょっと古いけど同等スペックのものを借りて使ってみて焦点距離のレンジに満足できるかどうかという検証をしてみようと思ったわけだ。

・・・

さっそくレンタルサービスのサイトをいろいろ見てみようなどと考えるが、レンタルサイトもトラップを仕掛けていてまず自社にストックしてあるレンズ種類を見せるのにもアカウント登録が必要という会社がある。

どこだったか忘れたがまあどうせ安ければ借りる考えだからいいかと登録するがそんなことをやっているうちにどんどん自分のメールアドレスがほうぼうに拡散されてスパムを呼び寄せることになるのは複雑な気持ちだ。

もっともGoogleのサービスであるGmailのアドレスだったらスパムはほとんどこない、いやまったくこないので問題ないとも言えるがそれでもメールアドレスはあまり晒したくない。

・・・

とはいえ自分が使いたいレンズを扱っているか知るために登録しなければならないのならしよう。

ちなみにワシが利用したサービスとレンズは▼こちら。

[レンタル] シグマ Art 24-105mm F4 DG OS HSM 標準ズームレンズ (CANON EFマウント)635541|中古・点検済み・保証付き – Rentio[レンティオ]

で、それらについて数社レンタル料金を調べようと思ったら会社によってはレンズが無いという事態に陥っていた。だからどこでも絶対あるだろうと思われるワシの本命レンズをリサーチしてみた。

以下はCanon RFマウント24-240を借りようとした場合

レンタル会社(商品直結) 3泊4日値段 1ヶ月値段 1日あたり延長料金
Rentio 7740(往復送料込) 13000(3ヶ月以上利用縛り、往復送料込) +1200円
GooPass 1泊2日より選択可 11980(往復送料別)
ワンダーワンズ 12980(往復送料込) +1200円
エイペックス 8000(片道送料込) 11泊から+500/日 +1000円
マップレンタル 9300(片道送料込) 8日間まで延長可 +1500円
モノカリ 2泊3日でさらに高い
CAMERA RENT なし 10450(片道送料込) 月極のみ

すべて消費税込み

という感じでGoogleの検索結果で1ページめに出てきたサービスをざっと見てみた感じでは特徴というところでいうと

  • 短期も長期もあるのはRntioとGoopass
  • 往復送料込はRentioだけ
  • 長期だとRentioはまあまあ高いけど短期だったらダントツ安い

という感じで数日間お試しで使ってみたいということならRentio一択になるかなと思う。→追記 当初はこう思っていたが後日GOOPASSのサイトを見たら数泊借りも可能になっていた。よってGOOPASSも大いにアリ。

そんなわけでRentioを使ってシグマのレンズを借りてみたが梱包状態とかの写真は残っていない。

別に異常なしだったから。

結論

レンタルといってもビデオをレンタルするのとは格段に値段が違うので絶対ずっと使うと決めているのであればわざわざレンタルすることなく一発速攻で買うべきだと思う。

あるいはあるレンズが欲しいと思っているがもっと別のもので妥協できるかどうか知りたいという場合には短期レンタルもいいかもと思った次第。

かくいう自分は本命であるRFマウント24-240mmというワイドから望遠まで幅広くカバーしてくれるキヤノン純正レンズがほしいが、ちょっと高いので安くて古いやつで妥協できるだろうかとSIGMAの古い小三元を借りてみた。

その結果の感想としては

  • 「重すぎ(レンズだけで885g)て持ち運びたくない」
  • 「F4通しなので映りは確かにいいがカメラ性能と現像でカバーできるんじゃね」←数日借りただけでは結論出せないと後で気づいた
  • 「F4ぐらい持ってても超絶ボケ写真が撮れるわけじゃないからボケ撮りたければ単焦点だな」←そこが問題じゃないんじゃないかって後で気づいた(結局腕)

といった感じだったのでやはりキヤノンのRF24-240を買いたいなという結論だ。

これもってればほとんどの写真がこれ一本で撮れるっぽいのでよほどのときでなければ複数レンズ持ち歩かなくて良いのではと思っている。

使ってみないとわからんが。ではRF24-240をレンタルで使ってみるかというと使わない。なぜならSIGMAの24-105にするかキヤノンの24-240にするか迷っていたのだからSIGMAにしないとなったら決定なのだ。

いずれ買ったらブログに残しておこう。

利用したRentioから案内が届いたので載せておく。以下のリンクからレンタル利用すると500円割り引かれるそうだ。

Rentioで商品を見る
買うんだったら3大ECサイトの中ではヤフーショッピングがポイントのバックが多いのでおすすめだ。レンズは高額商品なのでポイントの戻りが一回で数千ポイントになることがあるのがPayPay後払いを利用したときのヤフーショッピングというわけでおすすめしておく。

マップカメラはもっとポイント戻るしPayPayポイントも一緒に使えるからもっといい。

追記

GOOPASSのサイトで別のレンズのレンタルをシミュレーションしてみたらRentioとは比べ物にならないくらい安かった。(短期レンタル)

つまり旅行に行くのにちょっといいレンズ持っていきたいなあという程度ならGOOPASSが一番おすすめというふうに結論が変わった。

タイトルとURLをコピーしました