グランドキャニオンほどではないだろうけど吾妻川沿いの崖も恐怖を感じるほどの自然の造形物だ

この記事は 約2 分で読めます。

吾妻川の崖

軽井沢やら草津やらとふらりとドライブしていたときのことです。

突然道路っぱたに絶壁が見えたのでした。

なんじゃこりゃー?

向こうから進撃の巨人でも現れそうな・・・漫画見たことないけどたぶんそんな感じでしょ?

マジびびるほどの絶壁が数百メートルだか数キロだか連なっていて怖くなります。

天変地異の前触れかいな?とか思ってしまいますがどうもそうでもないらしい。

せっかく珍しい地形のところに来たのでクルマを降りてちょいとばかり撮影してみました。ほんとにちょいとなんですけどね。

ちなみにあとでYouTubeで探したら良い空撮映像がありました。

浅間山から1万5800年前に噴出した平原火砕流が吾妻川右岸に高い崖をつくる。

それでもって自分が撮影したパノラマ写真は▼こちらです。

パノラマ写真

あの崖の上あるいは向こう側ってどうなってるんだ?って疑問に思いますよね。ここは谷なので高くなった崖の向こうには普通に田畑があるっぽいです。Google Earthによると。

写真撮った場所はここです。

八ッ場ダムよりさらに上流です。道をこのまま東北へ進めば八ッ場ダムを通り抜けます。

まとめ

一般的には吾妻渓谷の紅葉が有名ですが、こちらの吾妻川沿いの崖はそんな紅葉なんてなんのその。

とてつもない恐怖感というか不安感に襲われる絶叫スポットといっても過言ではないでしょう。

紅葉の時期に吾妻渓谷に行ったら是非、足を伸ばしてこの絶壁を肉眼で見てください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ちょっとしたスポット
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)