日比谷やさいの王様はランチプレートに+480円で野菜&ホットドリンク食べ飲み放題で健康目指そう

日比谷やさいの王様
日比谷に行く機会があったとき、それ以前に噂で聞いていた野菜食べ放題のお店に行ってみました。

その名もやさいの王様というお店です。場所はわかりにくくて見つけるのに10分以上かかってしまいましたのでお出かけの際には場所を十分確認しておでかけください。

目印は1軒だけぽつんとあるスタバのすぐ下地下1階です。

あとで娘に聞いた話によると銀座にあるお店のほうがもっと素晴らしいようです。
先にそっちに行けば良かったと後から思いましたがこれはこれで良しとしましょう。

やさいの王様というお店

外観

地下への階段を降りていく店なので特に外観というものはありません。
調べたところ日比谷シャンテの地下1階ということだったので日比谷シャンテに入って地下1階に降りたところどうしても見つからず、もう一度よく調べたら別館というところの地下1階でした。

その別館とは道を隔てて扇型のような形をしたスタバの下の地下1階です。
ということでようやくやさいの王様に到着です。すっかり空腹になります。サラダ食べ放題という煽り文句が書かれてますね。ランチメニューに+480円で野菜食べ放題とフリードリンクがつきます。
日比谷やさいの王様

▼地下へ降りて行くとランチとあります。
平日だけかな?
日比谷やさいの王様

店内

地下なので天井は結構低めでアングラという雰囲気が多少あります。ただ明るいので危険なムードは全然ありません。
それにしては席は結構あり、テーブル数はざっと見て10卓ぐらいはあったような。

メニュー

▼6種類のメインディッシュメニューからランチを選びます。ほかにも選択肢はあったかもしれませんが、時間がなかったのでここから選びました。
6種類の中で本日の魚と本日の肉というのが日替わりになっていて・・・
日比谷やさいの王様

▼この日は肉料理ではネギたっぷり油淋鶏(ユーリンチー)、魚料理はうまみトマトソースで煮込んだサワラのトマトパッツァというものでした。
日比谷やさいの王様

食べもの

▼さてさんざん(でもないけど)煽られていた野菜食べ放題もオプションで頼みまして、サラダバーに取りに行きます。
なるほど野菜は豊富にありいろいろと選び放題です。すべての野菜の相場を知り尽くしているわけではありませんが、嫁に代わって炊事をする習慣がついていたぼくはパプリカは結構高いということを知っていたので重点的にパプリカを取ります。
日比谷やさいの王様

▼ドレッシングも野菜の種類より豊富だったりします。こちらはボトルから直接つかうドレッシング群・・・
日比谷やさいの王様

▼そしてこちらはスプーンですくって取り分けるドレッシング群です。実際には数種類野菜のほうが多かったようです。
日比谷やさいの王様

▼そして器に盛ってきた野菜とドレッシングです。
食べ放題を提供する東京のお店の宿命でしょうか。
器が小さく一度にたくさんは盛れません。またドレッシングを入れる容器も狭く浅くパプリカなどは漬けて食べることが非常に困難です。
日比谷やさいの王様

▼野菜を1杯食べたころ運ばれてきたメインディッシュ。ネギたっぷり油淋鶏です。実はここにも付け合せの野菜がたっぷり添えられています。
ヒジキは結構おいしかったです。あ、油淋鶏もおいしかったですよ。
日比谷やさいの王様

ホットドリンク(コーヒーor紅茶)も飲み放題でした。

おこがましくも総評

素晴らしい点について

  • なんといっても野菜食べ放題はヘルシーさを感じずにはいられない
  • しかもたった+480円(ホットドリンク付き)
  • ご飯もおかずもなかなか美味しかった

残念に感じた点について

  • 食べ放題の野菜を盛る器がブランデーグラスみたいで絶望的に盛り付けにくい
  • ドレッシングを入れる器が狭く浅くてつけにくい
  • 野菜バーが狭い

勝手なチェックポイント

  • 外観:地下なので特になし
  • 店内:劇場帰りだか行きだかのマダム多し
  • 雰囲気:マダム多いと賑やか
  • BGM:覚えてない
  • 駐車場:ビルのがあるかも
  • 駐輪場:適当
  • 漢一人:微妙だけど仕切りのある卓ならラッキー
  • コーヒーの味:飲まず
  • トイレ:利用せず
  • 分煙:完全禁煙
  • 特記事項:持ち帰り弁当も500円で売ってました。

日比谷シャンテ別館地階やさいの王様

店舗情報


やさいの王様 日比谷シャンテ店(イタリアン・フレンチ)<ネット予約可> | ホットペッパーグルメ
やさいの王様 日比谷シャンテ店 – 日比谷/ダイニングバー [食べログ]