le coq sportif(ルコックスポルティフ)防寒ぽいサイクルジャージって買ってみた

入間アウトレットで防寒サイクルジャージ
入間のアウトレットモールにはいろいろなお店があり、自転車関係の専門店も1軒有ります。自転車用品を見るのはそこしかないかなあと思っていたら、数件隣のルコックスポルティフというお店にもサイクルウェアを売っていました。

しかもたまたま出向いた日には値下げのセールをしていてこれは欲しい!と思って自分にしては珍しく衝動買いをしてしまいました。もっともその場で決めたわけではなく、見ているうちにう⚪️こをしたくなってトイレで踏ん張りながら考えて決めたのです。

Y’sRoadのすぐそばだったルコックスポルティフ


いつも入間のアルトレットモールに来たらワイズロードには足を運ぶことはあってもまさか すぐ4軒ほど隣にもサイクルウェアを扱っているお店があるとは知りませんでした。

まあ、ウェアを見る頻度とその他の道具類を見る頻度とでは断然その他の道具を見る頻度のほうが高いのでウェアにまで気が回らないというのが正直なところなんですけどね。
入間アウトレットで防寒サイクルジャージ

それにしても帰りがけにサイクリングウェア再値下げと書かれた看板が目については寄ってみないわけにもいきません。でいくつか良さそうなのはありましたが、長袖のサイクルジャージって持っていなかったので使えるかなあと思って買ってみたのです。税込みで6156円でした。廃版モデルなので安いみたいです。
入間アウトレットで防寒サイクルジャージ

ルコックスポルティフで買った防寒サイクルジャージ

買ったのはこんなジャージです。胸の文字がちょっとうるさいかなとも思いましたが、それでも価格との兼ね合いで一番気に入ったものではあります。
入間アウトレットで防寒サイクルジャージ

▼サイクルジャージといえば背中のポケットですね。スニッカーズとか入れられるようになっているアレです。当然このジャージにも後ろポケットがないと嫌です。後ろポケットがないやつは買いたくありません。
これは右側にチャックが付いているタイプです。これなら姿勢をくずしてもポケットの中身が出てしまうという心配がないです。
入間アウトレットで防寒サイクルジャージ

▼手を入れてみたら意外と深かったのですが、表現方法が難しいのでモノサシを入れてみます。21cmまで入り込みました。結構いろいろ入れられるのではないでしょうか。スニッカーズとか?
入間アウトレットで防寒サイクルジャージ

▼袖の部分が変な縫製になっているなあと思ったら、きっとこんなふうに親指を通して着られるんですね。よく女子が長袖の裾を手の半分まで隠れるように着ている光景を見かけますが、あれと同じようなことが男子でもできるんです。冬は寒さが軽減されそうです。
当然ながら袖がちょっと長めにできているみたいです。
入間アウトレットで防寒サイクルジャージ

▼裏起毛と呼んで良いのでしょうか?裏側はふわふわして暖かそうです。
入間アウトレットで防寒サイクルジャージ

▼背中の内側にはポケットらしきものがあります。ここをポケットとして使うかどうかは個人の自由でしょうけど、僕は使うでしょうwww。ここにもいろいろ入れられそうです。ちなみに外側のチャック付きポケットとは繋がっていませんので心配無用です。
入間アウトレットで防寒サイクルジャージ

▼素材はポリエステルとナイロンが主体のようです。
僕は身長は高くないのですが、座高が高いのでLサイズをチョイスしました。
入間アウトレットで防寒サイクルジャージ

▼ついていたタグを見ると防風、はっ水、保温、再帰反射だそうです。一応機能盛りだくさんといったところでしょうか。
入間アウトレットで防寒サイクルジャージ

▼なんて書いてあるかわかりません。こういうのは本音はいらないのですが、アウトレットなのでそんなに選択肢がなかったので我慢です。
また生地は防風性がよいような手触りです。
入間アウトレットで防寒サイクルジャージ

今日の吉田哲也はこう思ったよ

真冬の凍てつく寒さの中でこれを上に羽織って通勤してみました。
一応一流メーカーであるルコックスポルティフの防寒サイクルジャージなのでおそらく良いのではないかと想像してましたが、大丈夫でした。

確かに寒くなかったです。もちろんこれの内側にもフリースを着込んでいましたがそんなにモコモコにならなくても保温と防風効果はあったようです。やっぱりちゃんとしたメーカーは違いますね。
今回紹介したジャージは廃版品でアウトレットですからもう市場には出回っていないと思います。

これなんて似てると思うけど見る人が見たら違うかもね。

Amazonで扱っているルコックスポルティフのウェア