ルンバi3+は汚物ペースト回避機能未搭載を除いて文句なしともいえるロボット掃除機【PR】

この記事は 約10 分で読めます。

自動集塵ルンバ

ビックカメラ楽天市場店のルンバi3+ならいつまで有効かわからないが24回払まで金利無料となっているので個人的には早く買いたい。

アイロボットファンクラブのご厚意によりルンバi3+を1ヶ月ちょっとほど無償貸与いただきモニターとして試用させてもらっている。

今回のルンバはたいへんに出来が良く、まるで毎日ホテルに住んでいるかのようなゴミの落ちていない快適な生活を満喫できている。

うれしい!

ということで期限付きとはいえ無料モニターでの使用であるから概ね賛辞が多くなってしまい、つまらない内容かもしれないが感想をつらつらと述べたい。

とはいえこれ自腹で買ってもほとんど後悔しない自信はある。

【関連】

自動集塵機能で3ヶ月ぐらいはゴミ捨て不要ルンバ無償レビュー【PR】

スポンサーリンク

ルンバi3+使っていてうれしいこと

B08TWR2GLQ
ルンバ i3+ ロボット掃除機 アイロボット 自動ゴミ収集 水洗いできるダストボックス wifi対応 マッピング 自動充電・運転再開 吸引力 カーペット 畳 i355060 Alexa対応

¥79,800(2021/10/08 16:08時点の価格)
平均評価点:5つ星のうち4.4
>>楽天市場で探す
>>Yahoo!ショッピングで探す

留守中に掃除しておいてくれる

まずはこれだ。

自動集塵ルンバ

ルンバが掃除した後の間取り概略図

スマートスイッチというのもが昨今かんたんに安価で手に入るからWi-Fi非対応の旧機種でもタイマーで指定時刻に動かす的な操作はやってできなくはない。

だがネイティブな機能としてスケジュール機能がついているのはうれしい。掃除しておいてくれるのはもちろん終わったことをスマホに通知してくれるので無事に家がきれいになったか途中で立ち往生してしまったのかわかる。

朝みんながでかけて家が留守になった頃合いに掃除を開始するようセットしてあるので、会社にいて掃除終わったてよってスマホに通知が毎日くる。今日も無事掃除してくれてありがとう。

平日でも毎日床にゴミが落ちていないというのは気持ちがいい。

掃除もゴミ捨ても任せて放置できる

自動集塵ルンバ

手持ちのルンバは型式が古く、ゴミが本体に溜まったら自分で捨てる必要があるタイプだ。

これはあまり広くないわが家においても数回に1回はゴミ捨てが必要だ。

ところが今回借りているi3+はルンバがクリーンベース(充電器)へ戻ったらルンバからゴミを吸い出してクリーンベース内にあるゴミパックにゴミを大量に貯めておいてくれる。

仕様によると2〜3ヶ月ぐらいは貯めておけるようだ。ルンバそのものが掃除してくれるというだけで十分なのにゴミの処分まで簡単にできるようになっている。

従来機のような毎回のルンバからのゴミ出しだって、そこまで苦にもならないがこういう機能を味わってしまうと体が甘えてしまってもう自分で捨てるタイプを使いたくないかなと感じてしまうほど。

実に楽だ。

嫁氏の時間を捻出できた

従来ルンバがリビングルームを毎日掃除していたとはいえ、隅々までは吸い残しがあった。

だからそれが気になる嫁氏が週末になると掃除機を自分でかけていた。それが嫁氏が掃除機を使わなくなった。

ルンバが隅々までのホコリをさらに吸ってくれているというわけではない。角のゴミを吸い取る機能は従来機からそれほど進化しているとは思えない。

だがそれをやらなくとも気にならないほどその他の空間がきれいになっているのだ。自分ではもちろんパートナーも掃除機でガーガーやらなくて良くなったのはすごくいい。

スマートスピーカー対応

ルンバをスマートスピーカーと連携

まんなかへんにルンバのアイコンがある

ルンバi3+はスマートスピーカー対応だ。i3+に限らずスマホで操作できるルンバはスマートスピーカーに対応してくれているのではないかと思う。

グーグルホームでもアレクサでも関連づけて操作できる。

細かな操作をスマートスピーカーでする必要はない。掃除をしてと指示するか掃除をやめてと指示するかぐらいでよい。

「OKグーグル」でスピーカーを呼び「掃除を終わらせて」って言うとちゃんとルンバがその場で中断停止する。さらに同じく「ドックに戻って」と言うとちゃんとクリーンベースに帰る。楽だ。

生活習慣があらたまる

これはルンバそのものというより副次的効果だが、生活習慣が改まるのは間違いない。

ルンバが先か生活習慣が先かというのはどうでもいい。自分はルンバを使いこなしたいという目的があるから床にものを置かないように気をつける。

昔から床にものを置いてしまう癖があったし、今でもそうだが朝家を出る前にルンバが掃除するのに障害になるものがないかざっと部屋の中を見回す癖がついてきた。

これってたぶんスマホに掃除完了の通知が来るからリマインダーにもなって床にものを置かない癖がついてくるのだと思う。

スマホへの通知でルンバが立ち往生した旨が来るとがっかりするのだ。ちゃんと掃除できなかったか・・・と。

明日はちゃんと掃除してもらえるよう改善しようという気にさせてくれる。

ルンバへの不満・要望

こんなにいいことずくめのルンバであるが不満・要望もなくはない。

ゴミの写真撮影しておいて

スマホへの通知で、「掃除が完了しましたがゴミを1個みつけました」のような内容がある。

だが帰宅してもその発見したというゴミがいったいなんだったのかわからない。吸いきれなかったゴミなのか、ちょっと大きめのゴミを頑張って吸いましたという意味だったのか。

ゴミ発見ていうお知らせ機能があるが、どうせならそれを撮影してくれる機能もあるとよい。あとでスマホでルンバが吸い込むのに難儀したゴミはこれですみたいに見せられたら「ああ、気をつけよう」となりさらに部屋をきちんと整理整頓するモチベーションにもつながろう。

階段掃除ロボット希望

平面の掃除は別売の拭き掃除機(ブラーバ)というのでだいたい完璧にできてしまうが、まだわが家の場合、階段掃除という手間が残っている。

早く!階段掃除ロボットを開発してほしい。それが出たら買ったとしてそうすればわが家は1階も2階も階段もいつでもきれいな状態が保てて素晴らしく住みやすくなる。

ルンバi3+の問題ではないが。

その他の気づき

掃除させるなら不在時がよし

何しろ掃除機だから静音化の技術が進んでいるといってもうるさい。

だから掃除させるなら不在時がよい。現に従来機でも出かける間際に開始ボタンを押して家を出ていた。

一軒家で違う階をルンバが掃除しているならさほど気にならないが同じ階だとうるさい。

だからしばしば掃除の途中で中断させてホームに戻るように指示するということがある。

ちなみに今回借りているルンバi3+はホームに戻るよう指示するとなんとどこにもぶつからず戻る様子を目撃できた。すごい。驚いた。間取りを把握しているのかカメラで障害物を避ける技術が優れているのか。

とにかく在宅のときの稼働だとかなり鬱陶しい。

進化しているらしい不明な動き

どういうタイミングなのかわからないが掃除の途中で静かになる(中のクルクルが回らなくなる?)ときがある。

何がしたいのかわからない。まあちゃんと掃除してくれるのでお任せなのだが。

また先程も少しふれたが慣れてくると障害物を避けながら蛇行して走行することができるようでうるさくなければ見ていても面白いとは思う。

オプションのブラーバと連携してあとから拭き掃除もさせられるらしい

ルンバを快適に動かす条件

別の記事でも述べたことがあるがお掃除ロボットだけにあえて今ここで内容をブラッシュアップしてみよう。

しつこいようだけど不在であること

これは必要だ。やはり掃除機だから動かしているとうるさい。

自分で掃除機をかけるならまだ一度やったところはやらないというので最適なかけかたで騒音を聞く時間を最小限にできるが、ルンバはまだまだそこまでには至らない。

一度やった場所でも2度3度と通ることがままある。だから在宅中にルンバを動かすとやはりまだまだ騒音による苦痛を感じる。

だれも家にいないときがベストだ。立ち往生するようなら次回改善すればよい。

床になにもないこと

床にものをおきっぱなしにする自分の性格からしてこれが難しい。さらに家族とくに子供らは大きくなっても自分とおなじ癖を受け継いでしまっていてなにもかもそのまんま。

今になって後悔しても育てたように子は育つというもの。

自分のみならず家族も散らかすのをルンバを快適に動かすために阻止しなければならない。

ルンバの快適稼働はすなわち家族との闘いだ。

家具の足の間隔がルンバの大きさより広いこと

これは最初にルンバを買った当初からモヤッとしていたことであるがはっきりさせよう。

これから愛の新居を構えるとか、家族から独立して家具を新調するとかいう人はぜひとも自動掃除ロボットが快適に動かせるような椅子を買ってください。

わが家は新居を買ったタイミングで家具屋で適当な安めの椅子を買ったが、椅子そのものは長持ちしてぜんぜん不満はない。しかしルンバが足の間を通らない。

おかげでルンバを快適に動かしてテーブルの下まで掃除させようと思ったら、閉店後の飲食店みたいに1脚の椅子を裏返しにして別の椅子に乗せるとかっていうことをしなければならない。

でないとルンバがテーブルの下まで入れない。絶対にこれってこれから家具買う人は考慮するべしだ。

家具の高さがルンバより高いこと

椅子の足ピッチと似た話ではあるが、ソファでも床との距離が近いものがある。床との距離がそこそこあるものも世の中にはある。

これも買うときにロボット掃除機がスムーズに入れるようなゆとりのあるソファを買うことを気にしたほうがよい。

つまり足の長さが10〜15cmぐらいあるようなソファだ。その他応接テーブルのようなものも下が狭すぎるようなのは避けたほうがよい。

数日に1度は立ち往生するのに耐える忍耐

よほど1人ぐらしなら自分だけ気をつけていれば毎日ルンバが部屋をきれいに掃除しておいてくれるだろうが、1人ぐらしでないとしたなら何かしら床に散らばってることがありえる。

常に床にものがちらかっていない状態をつくるというのは自分だけ気をつけたのではなかなか難しく、子供の躾からはじまって大人になってもそれがちゃんとできない人はいるはず。

また自分ひとりで住んでいるなら不在のときに掃除させるのは簡単だが家族など複数で住んでいると不在を狙うのも難しい。

そうなると掃除ができずイラっとすることもあろうが忍耐強くタイミングを待つのだ。

猫のゲロなどないこと

まだルンバi3+には液体検知機能はないので残念ながら猫のゲロが床にあったらアウトだ。

ましてや不在時に掃除をスケジューリングしておいてその掃除直前に猫ちゃんがルンバの守備範囲内で吐いてしまったらもはや事故とあきらめよう。

これから出る機種にはそういう機能も標準でついてくると思われるし、現行の機種ではi7+がそういうペースト状のものを回避できる機能があるらしい。

早くもっと下位機種に降りてきてほしい。現行では悪夢とあきらめよう。まだうちは犬ではなく猫だからマシか。といっても老猫がときどきトイレのの前でしてしまうが。

まとめ

ルンバi3+を体験モニターとして借りていてすっかり便利な生活に慣れてしまって返却するときが怖い。いまから憂鬱だ。

一刻も早く自腹で買えるように予算を捻出しなければ(笑)

とはいえ、ビックカメラ楽天市場店では24回まで金利無料をやっていた。いつまでやっているかわからんが早く終わってしまうと非常に残念だから思い立ったら早めに買うほうが早く幸せになれるとおもう。

24回払いにしてしまえば月々3325円でほとんど誤差レベルの支払い額ではないだろうか。

ビックカメラ楽天市場店のルンバi3+

B08TWR2GLQ
ルンバ i3+ ロボット掃除機 アイロボット 自動ゴミ収集 水洗いできるダストボックス wifi対応 マッピング 自動充電・運転再開 吸引力 カーペット 畳 i355060 Alexa対応

¥79,800(2021/10/08 16:08時点の価格)
平均評価点:5つ星のうち4.4
>>楽天市場で探す
>>Yahoo!ショッピングで探す

【関連】

ルンバ620のバッテリー交換と全面的な掃除のやり方
ルンバ620を年ほど前に買ったが、わずか2年程度満足に使ったか使わないかはっきりしないうちに動かなくなってしまった。 おそらくバッテリーを充電しないで放置していた期間があまりにも長かったため、もはや蘇生できないレベルまでディープスリー...
これでルンバ購入を迷わない。苦手な敷居段差にスロープつけて彼がお掃除しやすいようにする手軽なDIY
ルンバを買ってみたが、実際に使ってみると家の中が狭すぎてやや持て余し気味だ。 安い商品というわけでもないのだからなんとか活用したいのだが、家族の協力無くしてはルンバは使いこなせないということがはっきりわかった。 【関連】ルンバを...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
商品・サービスレビュー
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)
タイトルとURLをコピーしました