カメラリュックを通勤バッグとして使う、そしてお約束となったあの改造

3.5
この記事は 約5 分で読めます。

カメラリュックを通勤バッグとして使う皆さんはリュックサックというとどんなイメージを持っているでしょう。

最近ではスーツを着たサラリーマンも普通にリュックサックを背負って仕事にでかけるのが珍しくないようですが、ぼくの若い頃ではそれはまったく考えられないことでした。良い時代になったものです。

で、かなりおっさんになってからリュックサックに少々凝りだしてきまして今まで使っていたリュックサックでは容量はほどほどにあるものの入れたいものを思うように入れられないという不満が溜まってきていたのでした。

そこで何を血迷ったかカメラを持っていないのにカメラリュックというのに目をつけました。なぜなら中の区割りを仕切りで自由に変えられるというではありませんか。

それってもしかして世界に1つだけのマイバッグを作るのと同じ効果があるんじゃね?多少その他に不満があるとしてもバッグ内の区割りを自由に変えられるって要素としては重要かもって思いが募り今回カメラリュックなるものを買ってみました。

安いんです。

スポンサーリンク

AliExpressで買ったカメラリュック

例によって最近凝っているAliExpressでの買い物です。Amazonのほうが返品など対応が良いですが残念ながら全く同じものを見つけられなかった(多分その時点で扱いがなかった)ので到着まで時間がかかることを承知でAliExpressで買いました。

外観は冒頭写真の通りです。

AliExpressの商品ページに動画もあり、そちらのほうがわかりやすいので貼っておきます。送料込みで2000円ちょっとでした。

外観と仕切り

▼荷物が届いた状態ではリュックはぺちゃんこでしたが仕切りを入れるとシャキッとします。

ファスナーによる出入り口は3箇所です。上、正面、背負ったとき左サイドとなります。

あと正面ファスナーを開いた内側にチャック付き内ポケットがあります。

カメラリュックを通勤バッグとして使う

▼すべて全開した状態で中を見るとぜんぶつながっています。ここらで既に感じますが素材は高級感なく安っぽいんですよ。まあ2000円程度なので仕方ありませんね。

カメラリュックを通勤バッグとして使う

▼トップの蓋チャックを開けて上のスペースにアクセスできます。

っていうか基本的に部屋は最初は1つの大部屋のみでそこに仕切りを貼り付けて区切っていきます。

カメラリュックを通勤バッグとして使う

▼上から見て途中にある仕切りを壁に面ファスナーで貼ると上部だけの部屋ができまして通常のリュックだと上の方がガラ空きになってしまうのを防ぎ効率的に荷物を入れられます。

カメラリュックを通勤バッグとして使う

▼真正面から割腹すると仕切りがたくさん入っています。すでになんとなく貼り付けましたがどんなふうに仕切ってもいいでしょうね。

カメラリュックを通勤バッグとして使う

▼背負ったとき右サイドになるところには三脚を入れられるポケットがついています。カメラを入れず三脚も入れるつもりはないのでここには折りたたみ傘でも入れましょうか。  カメラリュックを通勤バッグとして使う

カメラリュックに普段の荷物を収納してみる

普段の荷物はそんなに多くはないです。

▼まず一番下段には弁当箱!!毎日ではないですがときどき嫁氏が作ってくれる弁当を入れたり、そうでないときはパンやらを入れたり。

その上である中段には水筒をいれます。さらに左チャックから出し入れできる部屋を縦長にしておいてここにも水筒をいれます。

カメラリュックを通勤バッグとして使う

▼そうすることによって水筒だけ出したいときすぐ横のチャックを開けて取り出せます。しかも一般的な水筒や500mlペットボトルなら2本入れられますよ!これは夏には助かるのではないですか。

カメラリュックを通勤バッグとして使う

▼トップ部にはちょっと高そうなポーチバッグインバッグを入れてちょうどよいです。これのほかに今(2020年7月)絶賛流行中のマスクを数枚しのばせます。

カメラリュックを通勤バッグとして

ブロンプトン対応にする

かばんを買うときの前提条件としてブロンプトンにつけられるようになるかということを常に考えます。

今回のカメラリュックも当然ブロンプトンに取り付けられるかどうかを検討しておそらく大丈夫だろうと見込んで買ったのでした。

ですから荷物が届いたその日のうちにというほどではありませんが、すぐに改造を始めます。

まずは例のキャリアブロックアダプター(過去記事参照)をつけられるように背中部分に印を付けて穴を開けます。

カメラリュックを通勤とブロンプトン対応

▼途中工程は省略しますがキャリアブロックアダプターを取り付けました。

カメラリュックを通勤とブロンプトン対応

▼そしてブロンプトンに取り付けてみると一応ちゃんと付きました。

カメラリュックをブロンプトン仕様にする

▼まあまあデカイですがいけそう。もっともイケなかったら背負えば良いんですから。

カメラリュックをブロンプトン仕様にする

2000円程度のカメラリュックの感想

2週間程度使ってみた感想を述べておきます。

  • 見た目が安っぽい・・・さすがに2000円程度の価格なので高級感はまったくありません。
    評価★★☆☆☆
  • 容量・・・個人として普段の荷物を入れるには必要にして十分といえる。ただし1泊旅行するとして服を入れる余地はない
    評価★★★★☆
  • 背負いやすさ・・・ブロンプトン仕様にしたので背負いやすさは犠牲になる。そうでなければ普通と思う。
    評価★★★★☆
  • 収納の自由度・・・仕切りが豊富に入っているので細々としたものを入れるのに良い。っていうかカメラ関係の小物(レンズとか?)を入れるのには良いはず。自分の場合そんなに細かい荷物はないが荷物に応じて部屋の広さを変えられるので重宝する。
    評価★★★★★
  • パソコン収納性能・・・カメラリュックなのでこれに過度の期待をしてはいけないがそれでもパソコンの収納に関してもう一手間工夫がなされているとなお良かった。っていかもっと払ってもいい。
    評価★★☆☆☆☆
  • その他・・・カメラバッグの性(さが)なのかもしれないがバッグを膨らむと仕切りから荷物がはみ出してバッグ内下部に落ちていることがある。そこの工夫は自分次第なのかもしれない。それと外に小さいポケットがあと1つか2つあるともっと良かった。

以上から総合して評価3.5としておく。絶賛はしないが使い続けたいレベル。ただしもっと良いものを見つけたら乗り換えたい。