4個目に買ったスマートブレスレットは血圧測定してくれるがしかし・・・

この記事は 約5 分で読めます。

スマートブレスレット

スマートブレスレット4個目です。といっても直前の1個は機能がおかしいとAmazonにクレームを申し渡して返品してしまいました。

でもレビューだけは書いたから今回のこれを4個目とします。

スポンサーリンク

スマートブレスレットWOOTNB

スペック

箇条書きに書いておきます。

  • 活動量計とハートレートモニターとスポーツウォッチの3役を果たす
  • 活動量計としては歩数、移動距離、消費カロリーを記録し、座りがちの自動注意、睡眠モニター
  • 電話等のアプリ着信通知、アラーム
  • データ同期、データ分析、多種類の運動モード測定(このへん不明)
  • 各種SNS通知として電話が来た際に発信者の名前またはIDがOLEDスクリーンに表示され、振動で通知
  • SMS、Facebook、Twitter、LINE、Skype、WhatsAppなどのソーシャルアプリケーションからの通知をサポートし、同様に通知の内容を表示する
  • 10分ごとに血圧測定できる(血氧を測定するときには手首と心臓を同じ高さに保ったほうがよいらしい)
  • 24時間装着中は連続的に活動量、歩数、カロリー消費を計測する
  • 心拍計として24時間自動的に心拍数を監視し、心拍数データがグラフでアプリに表示される
  • 腕を上げると、バンドのスクリーンが自動的に点灯する
  • 本機のリモートカメラモードでスクリーンをタップすることで写真を撮れる
  • 長時間座りっぱなしを振動で警告
  • 本体重量:約24g
  • 電池:リチウムポリマー電池
  • 電池容量:90mAh
  • 充電方式:USB充電
  • 同期方式:Bluetooth4.0
  • 動作温度:-10℃~50℃
  • 防水:P67防水
  • ディスプイ:OLED 静電容量式タッチパネル/0.96インチ
  • 充電時間:2時間
  • 連続動作:約7日間
  • 待機時間:約15日間

そもそもの話

なぜこんなにも執拗なまでにスマートブレスレットを買い続けているかというと、嫁氏も使いたいといっているからです。

自分が使っているこれが一定時間ごと自動で血圧測定してくれていて非常に満足できる製品だったので同等のものを探しています。

同じものを買えばあっさり解決なんですが、ブログを嗜むものの性として同じものは買いたくないとい普通の人からしたらバカみたいなこだわりがあります。

それで同じ機能かなと期待して買ってみるわけです。では一般的な紹介からしていきます。

開封と外観と充電

同梱物はスマートブレスレット本体、説明書が2冊です。
スマートブレスレット

▼説明書が2冊というのが奇妙で1冊は6ヶ国語で日本語も含んでいます。もう1冊は英語と中国語の簡体です。英語版の説明が重複しているな。
スマートブレスレット

▼ベルトはいい感じです。表はエンボス加工、裏はつるつるで滑りが良さそう。
スマートブレスレット

▼そして留め方は2つの突起がベルト穴に入ることで位置固定します。アップルウォッチのスポーツベルトと似ていて良さげなんですね。
スマートブレスレット

▼最大外周はというと最初に買って足首にも嵌められるという評価をしたスマートブレスレットよりやや狭いかなという程度ですからそこそこ腕の太い方でも十分嵌められそう。スマートブレスレット

▼そして充電は当然ながら本体の片側をUSB電源にぶっ刺して行います。スマートブレスレット

評価

良い点

スリムな点です。ほかはありません。さがせばもっと良い点はあると思いますが、あまり使い込みすぎると転売するときに値打ちが下がりそうで怖いんです。転売といっても儲けようと思っているわけではなく不用品を処分するというだけのことです。

悪い点1:ベルト

ベルトが一見するとAppleWatchに似ていて良さそうだったんですが、自分で嵌めてみてそうでもないなと思いました。

2つの突起が穴に簡単に入りません。ぐい〜っと押し込んでやっと入るというキツさです。腕が折れるんじゃないかと思ったぐらい。

もう少し穴にスムーズに入れやすくできていれば最高だったんですけど残念。

悪い点2:血圧定期測定しない

これは仕様ですから決して不具合という意味の悪い点ではありません。

先程も紹介したように2個めに買ったスマートブレスレットが定期的に自動で血圧測定してくれるものでしたが、これもてっきりそういうものだと勝手に期待していました。

しかし違ってました。10分おきに血圧測定できるというふうに書いてはありましたが、それはあくまで手動です。

自動で血圧測定してくれるとはどこにも書いてありません。そういう機能を期待しているようでしたら今の所これ一択です。

悪い点3:アプリが違う

今まで買ったいくつかのスマートブレスレットはH BANDというアプリを使う仕様で共通していました。だから新しいのを買ってもすぐに使い始めることができて簡単だったんです。

しかしこのスマートブレスレットは使うアプリが違ってました。

 

オークション行きになりました

ということで欲しい機能がなかったということと、不具合ではなかったので返品するわけにはいかないということでオークションに出すことにしました。

この記事を書いているときにはすでに手元にありませんが、別にこのスマートブレスレットが悪いわけではありません。

たまたまニーズと仕様が合わなかったというだけです。

血圧測定を自動で定期的にしてくれるスマートブレスレットについての記事はこちらです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
商品・サービスレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)