汐留タコベルのネイキッドチキンは史上最強のチキンらしいので食べてみた結果

この記事は 約4 分で読めます。

汐留タコベルのネイキッドチキン

タコベルというお店には個人的にはときどき行くというよりは滅多に行ったことがないといったほうが正確です。なぜなら熊谷にないというのと好んで食べたい系ではないから。

でもその考えも今日限りで改めなければならないかもれません。ちょっとお気に入りの食べ物を見つけてしまいました。ま、それでも熊谷にない以上、滅多に食べないことに変わりはありませんけど。

どんなものに開眼したか紹介しておきます。

スポンサーリンク

汐留日テレプラザ敷地内のタコベルというお店

タコベル基本情報

場所

支払い方法

  • 現金
  • 各社クレジットカード
  • 交通系電子マネー
  • アリペイ(だったかな)

グルメサイトリンク

外観

お店の外観はまともに写していませんが地上より一段低い広場の片隅にタコベルがあります。

汐留タコベルのネイキッドチキン

ちょうど2019年のラグビーワールドカップ開幕の日に行ったので垂れ幕が下がっていました。こんなところでタコベル食ってる場合じゃねええ。

汐留タコベルのネイキッドチキン

店内

▼店内といっても1階はカウンターでオーダーするだけでそれ以外はテラス席がいくつかあるだけです。2階にもホールがあるようですが見てません。場所柄ゆえいつでもそこそこ混んでるのではないでしょうか。

汐留タコベルのネイキッドチキン

メニュー

特に写真は残していませんので公式サイト参照ください。
Taco Bell Japan(タコベル日本)メニュー

食べもの

▼で今回ブログに書きたくなったのはこのネイキッドチキンというのを食べたからです。上の写真でもわかるとおりたまたまお店がプロモーションしていてドーンと全面に押し出して薦めています。ぼくは性格がひねくれているのでお店または会社が全面に押し出す商品というのは利幅が大きいか大量に仕入れすぎて早急に捌きたいかのどちらかとしか考えません。

それでもこういうものは逆に頼めばすぐ出てくるというメリットもなくはないので待つのが嫌いなぼくはこれを頼みました。

そして目の前に持ってきたのがこのネイキッドチキンです。

▼美味い。ただし食べにくい。店頭にあった商品写真だと外側のチキンは一枚を折り曲げられているようですが、実物はセパレートでした。だからってお店に文句をいうほど野暮じゃないけどブログには書くよww

汐留タコベルのネイキッドチキン

割れちゃっただけかもしれないけど、おかげでこのまま持ち上げて食べることができない。紙の器から少しはみ出させてはかじり、またはみ出させてはかじりを繰り返すもそれでも細かなレタスやらチーズが散らばる。

食べにくい。でも美味い。

▼あとこのポテトはセットのサイドメニューでもう一つのチップスか何かと選択性で選べたのでこれにしたけどチリパウダーがかかっていてマクドのシャカシャカポテトを思い出すね。これも美味しかった。マクドの普通のマックフライポテトはMサイズなんかだと最後は飽きてきて食べるのが苦行になってくるけどこれはチリパウダーがかかっているから最後まで飽きずに食べられた。

これもうまかった。

ネイキッドチキンとポテトと飲み物のセットで780円でした。

勝手なチェックポイント

  • 駐車場:なし(ただし東銀座駐車場がおすすめ)
  • 駐輪場(サイクルラック):なし
  • 漢一人:大丈夫でしょ
  • コーヒーの味:イマイチ(笑)
  • トイレ:日テレプラザ入ってすぐのトイレ利用
  • 禁煙か:完全禁煙!
  • 特記事項:フリードリンクなんだけど際どい場所にあって面白い

▼注文カウンター横のフリードリンクスペース。奥行きなしでトイレと間違えそうな佇まい。

汐留タコベルのネイキッドチキン

おこがましくも総評

特にお店に関してはチェーン店だし言うことはない。でもまだ出たてと思われるネイキッドチキンはけっこううまかったよ。

だからブログに書いちゃおうって気になったんです。そうじゃなかったら最近この手のお店の記事を書くきにならなくて・・・

ということでタコベルは主に首都圏にしかないので田舎者のぼくはたまに東京へ娘たちとドライブに行ったときにしか巡り合うことができませんが数少ない機会を大事にしたいとつくづく思いました。

また行ったら新しいメニューが出てると楽しみだな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
港区
スポンサーリンク
スポンサーリンク
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)