偶然見つけた古民家カフェに寄ってみたけど賛否はいかがでしょう

古民家カフェ枇杏
たまたまクルマで走っていたら古民家カフェというキーワードの書いてある看板が目に入ったので、吸い寄せられるように入ってしまいました。
スゴくイイ感じの店ではありますが賛否の別れそうでもありました。
いかがでしょうか。紹介してみます。

外観

見たところ確かに古民家なんです。
今の時期(5月中旬)はこんなお庭でも食事を楽しめそうです。
古民家カフェ枇杏

縁側らしきところには既に先客が何組かいます。
駐車場に数台停まってましたから、縁側が人気のある席なのでしょう。

外観上はかなり綺麗で、古民家をリフォームしたのか最初から古民家風に作ったのか判別が難しいです。
古民家カフェ枇杏

確かに柱とかは古いモノに塗り直したような雰囲気がでてます。

特別栽培農産物利用店と書かれた看板が神々しい。
古民家カフェ枇杏

玄関の引き戸を開けると土間があります。
なんとなく懐かしいと感じた貴方は中年以上ですね?
古民家カフェ枇杏

中には靴を脱いで上がります。
チョット料亭のような高級感もあったりします。

高級な料亭なんぞ知りませんが。
古民家カフェ枇杏

一瞬ここで入って良いのか躊躇してしまいました。
高級感があって「予約していないと入れないような雰囲気」も多少感じられたのです。
古民家カフェ枇杏

内装

中に入ってみると奥には数卓のちゃぶ台席、手前に2卓のテーブル席、縁側に4卓の2人用テーブル席がありました。
嫁がテーブルがよいと希望したので入口入ってすぐのテーブルに腰かけました。
古民家カフェ枇杏

縁側席は人気があるようでやはり埋まっていました。
古民家カフェ枇杏

3、4人の小奇麗なおばさん達がいそいそと働いています。
古民家カフェ枇杏

天井は高く、古い梁が見えていて古民家ですね。
古民家カフェ枇杏

縁側もいい感じです。
時折、爽やかな春風が店内に入ってきて実に心地よいです。
古民家カフェ枇杏

料理

あとで見たらお客さんの大部分は1500円のランチを頼んでいたようですが、のちほどの嫁の品評に従えば「アレで1500円は払いたくない」とのことだったし、わたくしも直感が働いてカレーを頼みました。
適度な辛さでこれが実に美味い。
古民家カフェ枇杏

あまりにもカレーが美味過ぎて、いつもなら先に食べるサラダの存在を忘れてしまったほどでした。
サラダは量が少なかったです。
神々しい特別栽培農産物をもっとたくさん食べたかった。
古民家カフェ枇杏

さて、お待ちかねのコーヒーです。
カウンターにサイフォンがあってグツグツと沸かしていたようです。
器はNORITAKEブランドでした。
古民家カフェ枇杏

どうなのでしょうか。
コーヒーカップがシャレているとコーヒーも美味しく感じませんか?
皿を裏返して見るなんてエゲツないでしょうか?
古民家カフェ枇杏

スプーンは実は銀ぽかったんです。

silver_spoon_bian

 

ご注意

さらにトイレがまたキレイで超快適です。

これはどう見ても新築ですよ。

bian_wc1

縁側の奥にトイレがありましたので縁側の席で一番奥のお客さんには音が聞こえるのではないかと思いました。

気を使って思いっきり排泄できないお客さんも多分いるのでは?

bian_wc2

お店情報

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 明覚駅

総括

さて、この枇杏というお店はどうでしょう。
食べログの口コミを後で読ませてもらいましたが、「あの場所であの料理にしてはチョット高い」という感想が結構目立ちました。

なのでウチの嫁も含めて大方の人がそう感じるのでしょう。

それよりもっと気になったことがありました。

いかにも古民家なんです。
でも実際は古民家風でした。

古民家をカフェにしたのではなく、ほぼ外観も内装も古民家風にしたカフェです。

もっとどぎつい表現をさせてもらえば、古民家風に作れば話題性があって客をよべるだろうというコンセプトが透けて見えるようでした。

だつて綺麗すぎるんですよ。
新築の古民家です。矛盾してます。

古民家の定義に、どの時代に建てられたものか、あるいは建造され何年を経たものを指すかの定義はないが、通常は戦前以前のもの、特に大正以前のものをさす場合が多い。また、その建築方式が釘などを使わない伝統的日本建築で建てられた建物を特定することが多い。
古民家 – Wikipedia

贅沢かもしれないけどチョットいやかなり違うかなあと感じました。

古い家だけどお客さんの要望や主の趣味に合わせて雑多に成熟していったカフェがイイなあと思います。

なかなかそんな理想には巡り会えませんけど。
青い鳥はいるのでしようか?

Posted with するぷろ for iOS(ブログエディタ)