追記あり【バーチャル風俗ビジネス誕生の予感】VRゴーグルで3D動画がYouTubeでやゲームで楽しめる【PR】

この記事は 約3 分で読めます。

VRゴーグル
いよいよポケモンGOが日本でも配信されたのとほぼ同じ時期に我が家にはVRゴーグルが来ました。

VRゴーグルというのはスマホを取り付けてスマホに映し出される2つの映像を1つの3D映像として楽しむための装置です。

まあメガネをかけて見る3D映画みたいなものをいつでもどこでも見られる環境であるということですね。

YouTubeで3D動画を検索してみましたが、どういうわけか冒頭画像のようなちょっと大人の雰囲気がする映像が目立ちました。

3Dといえばゲームかなとそれまでは思っていたのですが、どうやら本当は肉を食べたい草食男子の需要を見越しているようなコンテンツ群です。

スポンサーリンク

3D VRゴーグル

開封

▼20cm x 15cm程度の大きさの箱に入って届きました。
VRゴーグル

▼中身はゴーグル本体、予備のパッキン数個、クロス、説明書などの紙類です。
VRゴーグル

▼ゴーグルのスクリーン部分を横に引き出してスマホを嵌めて再度装着するような構造です。
VRゴーグル

▼iPhone6splusでぎりぎり入りました。大きさ的にはもう少し大きいのも入りそうに見えますが、スマホを固定するバネ付きのステーが一杯一杯で無理そうです。
VRゴーグル

▼ベルトはゴムベルトと面ファスナーがセットになっていて柔軟な頭の大きさに対応できるようになっています。
VRゴーグル

▼覗く部分には当然ながらクッションで、接眼レンズは両目のピッチの違いを吸収できるように動かして調整できるようになっています。上に調整用のスライドが見えますね。
VRゴーグル

VRゴーグル使ってみる

▼装着するとこんな感じです。外で使っていると異様なので自宅などの屋内での使用をオススメしますw
VRゴーグル
YouTubeサイトをスマホで開いて「VR 3D 360」で検索するといろいろ出てくるようです。ほかにも検索ワードはあるかもしれません。

▼たとえばこんな動画が3Dで楽しめちゃいます。いかにも肉を食べたい草食男子好みの動画でしょうか。

[3D 360 VR] Dimepiece's 'hello hello' Sexy Dance

3DVRゴーグル感想

  • やや重いかも
  • ベルトがややキツイかも
  • iPhone6splusだと着脱が大変かも
  • コンテンツが充実してくれば家から出なくてもかなり楽しめる可能性あり

ということで一長一短ありますが最後に書いたコンテンツの充実次第で面白い道具になることは間違いないです。
ポケモンGOみたいなゲームが家にいながらできるようになったら流行るかしら?

【追記】
DMMが動き出したようです。
【インタビュー】ついにベールを脱ぐDMMのVR、男の夢を叶えるコンテンツは現れるのか? | Mogura VR – 国内外のVR最新情報