Windows機メインにしたけど微妙な不満の正体について

この記事は 約8 分で読めます。

新しいWindows機、それもゲーミングパソコンを買って2週間ぐらい経った。

確かに快適ではあるんだけど何か足りないというか微妙な不満がくすぶっている。

今回の記事ではそれを吐露してみよう。もしかしたら共感してもらえるかもしれない。

単なる愚痴を言いたいだけの記事で終わっているかもしれないがブログなのでご容赦願いたい。

スポンサーリンク

前提の話

そもそもの発端が年代物のMacの動きで不満が出てきたけど、Windowsじゃないとできないことがあるから新しめのWindowsデスクトップを買ったわけで、古めのMacノートブックと新しめのWindows機との使用感比較だから公平とは言い難いかもしれない。

公平な比較にはならんけど自分の手持ちがそれだけだから嫌でも比べてしまうわけで・・・

Windowsパソコンのグラボが品薄で人生狂うも約1ヶ月後に軌道修正できるか
ウィンドウズパソコンで使うグラフィックボードが品薄でどこにも売っていないようだ。 2021年時点の話だが、どうやら2020年から続いているようで、いつまで続くかというとコロナ禍の終息と仮想通貨マイニングのブームが落ち着くまで誰にもわか...
hpのゲーミングパソコン買った紹介とセットアップ&アップグレード検討備忘録
久しぶりにパソコン買った。先日hpのパソコンを注文して約1ヶ月で届くというサポセンからの直接回答をもらったとブログと動画で公開したが、それがなんと予定より2週間も早く手元に届いた。 あまりにも早すぎて心の準備ができていなかった...

computer

まずは機能として互角なもの

動画編集

年代物のMacはスピードこそ劣るがそれ以外の機能では不満はなかった。だから性能(スピード)としては劣るが機能(ファンクション)としては互角といえる。年代さえ並べればぜんぜんどちらでも十分使えるマシンだろう。

それがわかっただけでもWindows機を買った甲斐があるともいえる。

静止画編集

静止画編集に関してもフリーソフトのGIMPというのを使っていて最近はもっぱらYouTube動画のサムネイル加工だけやっている。

それ以外の静止画編集はほとんどやらない。ときどきやるとしてもSKITCHで矢印を入れるぐらい。だから大丈夫。不満はない。年代物のMacでもこれくらいの静止画加工ならぜんぜん不満なく働いてくれる。

動画から文字起こし(VREW)

動画を作るときに聞き取りにくいかなという動画のときには字幕を入れるように心がけている。この字幕を自分で手で打っていたら大変な作業なのだがVREWというフリーソフトを使えばほぼ完璧に近く文字起こしをしてくれる。

そしてこいつがWindowsだけでなくMacでも対応した版があるということを最近知った。だからこれも互角といえる。

つまり何もかも互角なのではないかと思ってしまうがそうではない。逆にこれらしか互角がない。

computer

Macがいいと思うハード的理由

デスクトップゲーミングパソコンはスリープから勝手に復帰する

ノート型のMacは液晶画面を閉じれば即スリープに入ってくれるし、閉じたままクラムシェル状態で使っていても、外付けキーボードのショートカットで(⌘+ALT+DELだったか)スリープにできる。

デスクトップゲーミングパソコンはスリープに入れるやりかたがマウスで操作するかショートカットでもなにやら1,2,3ぐらいのアクションをしないとならない。

で、問題はスリープしてもなんだか突然ファンが回りだしてLEDがピカピカ光りだすのだ。つまりいきなりスリープから復帰してなにか始めるんだ。

これって外からハッキングだかクラッキングだかされてるんじゃないの?って怪しんだがそうでもないらしい。

調べたら有線LANがどうたらこうたらって理由があってなにか設定を変えたらスリープから起きなくなった。でも電源LEDが明るく点滅していて夜寝るときはうざい。

たぶん消し方あるんだろうけどなかなかその情報にたどり着けない。

ファンが煩い

デスクトップだから仕方ないかとも思うがやっぱりうるせえ。

特にメモリだかCPUだかオーバークロックってブーストかけられる設定があるけどそれやるとさらにファンがブンブン回りだしてうるさい。

こんなにうるさいんだったらオーバークロックキャンセルするわって思って動画の書き出しのとき以外は静か設定にしている。それでなんとか安静ではあるけど。

ゲーミングだからなおさらなのか知らんがファンが煩いなあ。Macだったらここまでにはならないんじゃないかなって思うけど年代ものの自分のMacは晩年はファンがブンブン回っていて壊れそうだったww。

ソフト的理由

画像を自動リサイズできるテクはないのか?

Macだとフォルダアクションというのが比較的簡単に設定できて、Aotomatorとかって標準アプリ使って便利に使ってた。

MacでImageOptimなど組み合わせてJPEGMINIより効果的な画像圧縮を実現できた気がする
ブログを運営していると画像の圧縮にしばしば心を痛めます。 なぜなら画像のサイズが大きいと読み込みに時間がかかりそれだけユーザーが離れてしまうという懸念があるからです。 そんな懸念も今日限りおさらばし、しかもショートカット...

これは最高に便利だった。だって例えばiPhoneで写真撮る→クラウドサービスDropboxへアップロードする→スリープ中のMacが同期してファイル取り込みする→フォルダ内の画像をリサイズして所定のフォルダに格納し直す→出先でブログ書きたかったらDropbox内のリサイズされた画像にアクセスするだけという手順がほぼ自動で実現できていた。

これはもしかしたらWindowsでもできるかもしれないが、現在その機能を見つけられていないのでMacをネットに繋げてスリープさせた状態にしておいてこの機能を継続して使うことにする。シャットダウンさせられないMac笑笑

スリープ中にリモート操作

今の話と似てるんだけど、Macってスリープ中でもGoogleリモートデスクトップ設定しておけば外から操作できるんだ。

ちょっとMacでやりたいことがあるってとき(ほとんどのファイルはクラウドに保存してるからほぼないけど)ネット環境さえあればスマホからだってMacの操作が出先からできた。

ゲーミングデスクトップはスリープ中にリモート接続できるか?スリープさせておかないとちょっと電力も食うしどうなのかなって思う。

動画を止めてスクショ撮ったあといちいちトリミングがだるい

またYouTubeがらみの話になるんだけどMacだと動画を一時停止させてそのウィンドウをスクリーンショットで撮っても余分なものが映らないようにはできた。それは標準のクイックタイムアプリで動画再生されるとできた。

だがWindowsの場合、動画をダブルクリックで再生して一時停止してスクショ撮ると周りに余分なもの(操作ボタンの類)が写り込んでいてそれらをトリミングしなければならない。

と不満を感じていたら、先日ちゃんと使えるようになったQuickLookアプリで再生すれば余分なものを映さずにスクショが撮れるようになったからこれは互角だ。

computer

結論:どっちも良さはある

結局どちらかが一方的に良すぎるってことはないんだよね。

Macの良さ

デザインの洗練

Macのデザインの良さについて異論を唱える人はかなり少数派なのではないかと思う。しかも世界中で受け入れられているMacのデザインを否定することは明らかに世界の基準から外れているから無視して良いだろう。

というくらいデザインは良いと思う。新しいiMacは欲しいと思わんが。

オートメーションのやりやすさ

Windowsにもあることはあるんだけど機能がMacほど豊富じゃないんじゃないかという気がする。自分がしらないだけかもしれないが、とにかくフォルダアクションで画像リサイズという機能がWindowsでは構築できなかったのでそう思う。

Macはそこらへんかなり細かいことができるようで知識さえあれば、あるいは調べることさえできれば結構便利に自動化できそうだ。

トラックパッドの使い勝手

Windowsでもトラックパッドは使えるし、WindowsでMacみたいに使えるトラックパッドアプリもインストールしたけど完璧ではないな。

Macで使うトラックパッドのほうが完成度が高い気がする。もっとも最近まで使っていたMacではマウス操作ばかりしていたから自分はマウスのほうが合っていると思う。

買った状態で完成している

これね。Macの場合どの機種を買ってもそうだと思うんだけど、機械の中身がびっしり埋まっていて何も入り込む余地がなかったりする。

つまり最小限の大きさに機械を凝縮してお届けしてますって感じだ。だから完成しているし足すものがないから見た目もシンプルにできる。それはそれでつまらなさと表裏一体ではあるが。

Windowsの良さ

フリーソフトの豊富さ

世界中でシェアトップなOSであることはまだ変わらないWindowsはフリーソフトも豊富だ。

なにかやりたいと思ったら過去の偉人たちがなにかしら実現してくれるアプリをだいたい無料で公開してくれている。

これはWindowsのほうが勝っているのではないか。

豊富なアフターマーケットとカスタマイズ

これはハードの話で、デスクトップに関しては無限にオプションパーツが出回っているといってもいい。

何かしら追加だったり、交換だったりが比較的容易にできるのがWindowsの良さである。

予算に応じて機種が選びやすい

アップル1社だけが提供しているMacは機種の種類が限られグレードも限られ良く言えばあまり迷わないで買えるが、悪く言えば種類が少なくてつまらない。

それとちがいWindows機は作っているメーカーが複数社ある。また完成品を買わずともそれぞれ必要な機能部品を買い揃えて自作することも可能なのはWindowsの良さだ。つまり組み合わせは無限に近いし、世界に1つだけのマイマシンを作ることも可能である。

そして予算に応じて完成品や部品を選ぶこともしやすい。当然ながら低予算であればスペックは我慢だし、予算に余裕があればハイスペのマシンを手に入れられる。

まとめ

ということでMacだろうとWindowsだろうと両方に良さがあることはわかった。

だからどちらかが優れているなどという議論は不毛である。

それよりMac上でWindowsが使えるパラレルデスクトップが便利だし、Windows上でMacが使えるようにさらに両陣営の垣根が取っ払われることを願う。

Parallels Desktop 16 for Mac – Mac で Windows を

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Windows
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)
タイトルとURLをコピーしました