ものすごく安物のバックパックを買ってトレーラーに着けるつもり

この記事は 約4 分で読めます。

安物のバックパック
近所のサンキという超掘り出し物ばかり売っている洋品店でまあまあ掘り出し物を見つけたので買ってみました。

Sanki ファッション市場サンキ
サンキというところは掘り出し物を売っている代わりに、見つけたその時に買っておかないと迷って次回行ってももうすでになくなっているという厳しいお店です。

しかしチャンスとは概ねそんなところでしょう。
チャンスとわかったときにすぐ掴まないと逃げてしまうということは往々にしてあるものです。

まあ今回はそんな話ではなくバックパックをトレーラーにつけてみる話です。

経緯

トレーラーにつけられる大型のバックパックを探していました。

現在トレーラーにつけられるバッグはトートバッグタイプで手提げはできますが、背負うことはできません。

トレーラーにバックパックを着けられれば、トレーラーから外したときに背負って運ぶことができます。

一方空いたトレーラーには折りたたんだ自転車を載せることを考えています。
以前をトレーラーに自転車を載せる試みをしてみたことがあります。
参照:サイクルトレーラーにespressoを載せてみたら意外にもちゃんと載った

そのためにAmazonでも物色をしていましたが、あまりこれはというものに出会えておりませんでした。

一つで候補にしていたものはありましたが、大きさがイマイチ不明で購入には至っておりませんでした。

サンキで見つけた安物のバックパック

▼そこでサンキです。
ほどよく大きいバックパックがあったのです。
こんなふうに外側のポケットは筒抜けになっています。
用途は今のところまだ思いつきません。
この筒抜けのポケットの外側に大きめのポケットもあります。
安物のバックパック

▼筒抜けのポケットのすぐ下にこんな細長いポケットがありました。
折り畳み傘を入れることを想定しているのかも知れませんが、それにしてもちょっと狭すぎる気がします。

ペンが数本入る程度の広さです。
安物のバックパック

▼両脇にはペットボトルが入るほどのポケットが備えられています。
ベルトもついているのでバッグの容積を多少調節できます。
安物のバックパック

▼ペンが数本入る程度のポケットのさらにしたにはファスナーがついていて、何と下に底が深くなる仕掛けがありました。

今時珍しくないのかも知れませんが、個人的にはちょっとびっくりして感動しました。

これだけで容積が3リットルぐらい増えそうです。
安物のバックパック

▼背負いベルトの途中にこのようなDカンがついています。
このDカンをトレーラーにうまく引っ掛けてみようと考えました。

▼こんな風に引っ掛けると一見不安定そうですが、内容物の重量が相応にあると簡単には外れないような印象です。
安物のバックパック

▼こんな感じでトレーラーの肩にDカンを引っ掛けるとまるでトレーラーがバックパックを背負っているようにも見えなくないです。

大きさも従来のトートバッグより少しだけ小さい程度なので1泊2泊ぐらいの着替えやら荷物を入れるには適当と思われます。

先日 普通のバッグをトレーラーに着けられるように改造したものと合わせて最強の組み合わせになるかどうか。
安物のバックパック

まとめ

安物安物と連呼していますが、気になるお値段は1580円でした。
安物でしょ?

普通このぐらいのリュックサックを買ったら3000円ぐらいしませんか?

ただ当然ながら安物なりの特徴は備えています。
悪名高きMADE IN PRCなのでやっぱり機械油のような変な匂いもします。

悪名高きPRCなのですが、気に入ったバックパックが見つからなかったのですからこれを使って次回は旅行しようと考えております。

ただいつ次回の旅行ができるか未定です。

意外にも出雲松江への旅行による財布への打撃がいつまでもあとを引いています(涙)

この記事は一部このアプリで編集しました。
するぷろ for iOS(ブログエディタ) – Gachatech