ドーミーインpremium下関はビジネスホテルだけど立地のせいかややリッチた。だし朝食は満足

この記事は 約6 分で読めます。

ドーミーインPREMIUM下関

山口県へ旅行に行ったときに一泊は下関市のドーミーインPREMIUM下関というビジネスホテルに泊まりました。

ビジネスホテルの割には一泊1万円ぐらいしましたのでさすが観光地かなと息を呑みましたが、それでもどんな感じだったか紹介します。

駐車場は有料(1000円)です。敷地内に平面及び立体の駐車場がありますが、いっぱいになると交差点の反対側にある電気屋エディオン(2018年現在)の1階タイムズ駐車場を提携駐車場として同料金で利用できます。

部屋にもよるのでしょうけど、ぼくが借りた部屋は風呂はシャワーのみ、トイレ、洗面台、ベッド、机、32型ぐらいのテレビという構成でした。ちなみに聖書はありませんでした。最近聖書おいてないホテルが増えた気がします。
ぼくは別に必要としませんが。インバウンド狙うなら一応おいておいたほうがいいんじゃないのかなあ?

テレビにHDMIケーブルをつなげてノートパソコンの拡張ディスプレイとして使おうとしたんですが、HDMI入力は受け付けないようになっていて使えませんでした。したがってゲームをつなげて遊びたくてもあそべないかもしれませんね。つまらないところで縛りがきついなあ。

SPONSORED LINK

ドーミーインPREMIUM下関

場所その他

最初に断っておくとなぜかプレミアムの部分は英語表記です。なんのこだわりがあるのかしら。

実際にはぼくはagodaという旅行サイトから予約したんです。知らないサイトで不安はありましたが、ほかより少し安かったと思います。それで9,198円(金曜泊)ですからさすが観光地。

でもあとで知ったらアゴダっていうのも結構有名らしいです。

試しに来年2019年の9月第二金曜日で検索したら14000なんぼです。ちょっと高いですねえ。
アゴダ | 下関の宿泊施設 | ベスト料金保証

確かに繁華街が近い割には静かでまあまあいいところかもしれません。

では場所以外の条件がどんなだったかを見てみましょう。

部屋そのもの

ベッド

ドーミーインPREMIUM下関2階のシングルルームでなぜかベッドはダブルでした。広々と寝られたのはいいですが寝相は良い方なのでそんなにありがたみは感じません。

なにしろ寝台車で寝ることも厭わない質です。ただし寝心地は寝台車とは比較にならず個人的にはぐっすり眠れて快適です。おそらくどこのホテルのベッドもたいていは寝台車よりは快適だと思います。

デジタル設備

ホテルのWi-Fiはありますが、スピードがどうも不安なので以前買ったちびファイを利用しました。レビュー記事はこちら。部屋には有線LANのケーブルが引かれているのでちびファイをつなげればすぐに利用できました。

ドーミーインPREMIUM下関

▼充電コードが1本備え付けてあって助かりました。

AC電源から複数の端末用の端子に分岐していて物理的にぶつかり合わなければ同時充電も可能でした。

種類はmicroUSBが独立して枝分かれしていて、一体になっている方はLightning、USB-C、その他なんだかわからないけどガラケー用2種類です。

ドーミーインPREMIUM下関

サニタリー

ドーミーインPREMIUM下関 ドーミーインPREMIUM下関

風呂場とトイレは同じ部屋ですがシャワーのみなのでドアで仕切られています。最悪でも同室者がシャワー中でもトイレ使えます。

一方、洗面台はトイレルームとは別れています。つまり玄関入って通路を挟んで片側にトイレとバスルーム、もう片側に洗面台という構造です。

男用T型カミソリがあったので助かりました。シェービングクリームがあればなお良かった。

▼この部屋は入って右がトイレとシャワールーム。左に洗面台。

ドーミーインPREMIUM下関

アメニティ

レギュラーコーヒー、ティーバッグがありました。

備え付けの電気湯沸かし器でお湯を作れるのと、冷蔵庫にペットボトル入りの水が1本サービスでおいてありました。

ドーミーインPREMIUM下関

水道の蛇口からもナントカ水覚えていないけどそれっぽい水がでるようなことが書かれていましたが、やはり蛇口から直接出る水を使うのはあまり気が進みません。

水道管汚れてないのかって思いますから。

窓からの眺め

今回借りた部屋は2階だったんです。おそらく3階以上の部屋であればもう少し眺めが良かったのではないかと思っています。

まあ、新婚旅行でもないし、ワケあり不倫旅行でもありません。ひたすら観光地をマラソンのように巡る今回の旅行ですからホテルの窓から見える景色についてそんなに云々するつもりはありませんが、これはかなりすごい。

窓から見える景色はみごとに立体駐車場のメカとクルマたちです。メカ好きには堪えられないほどのメカ萌えです。

ドーミーインPREMIUM下関

▼さらに目を真下に落とすと外に出られないバルコニーがありなぜかエアコンの室外機が無数にあります。この部屋エアコン1基だけだと想うんだけど・・・なぜこんなに室外機がおいてあるのか?設置した業者さんもこんなにひしめいてたら大変だったろう。ドーミーインPREMIUM下関

室外機マニアにはたまりませんよ。直接さわれないのが残念。

窓からの眺めは前日のリゾートホテル美萩のそれと比べると天と地ほどの違いです。二日合わせてプラマイゼロですな。

中居さんが布団を敷きに来る和室をあてがわれた萩でのリゾートホテル美萩だったがグレーなマッサージをお願いしてはいけない
2018年の山口県8の字旅行のとき初日には萩市のリゾートホテル美萩に泊まりました。 リゾートホテルというだけあってなんとなく普通のビジネスホテルとは違う雰囲気が漂ってました。様子を紹介しておきます。

全体の設備

大浴場

10階に大浴場がありました。ガラスの仕切りを隔てて別の湯船も見えたのでもしかしたら屋上の露天風呂もあったのかもしれません。

談話コーナー?

何階だったか忘れましたがこのような談話室のような部屋が開放されていました。グループでの旅行のときはちょっと便利に使えるかもしれません。

ドーミーインPREMIUM下関

あとおそらく各階に自動販売機が置かれているようです。

朝食

朝食付きのプランで宿泊しました。

朝食はロビー奥の喫茶コーナーのようなところでのビュッフェ形式です。

なぜか旅先では無理に和食系のおかずを重点的に選んでしまいますが決して和食が好きというわけでもないのです。普段あまり食べていないからこういう機会ぐらいはという気持ちなだけ。

▼このうち左手前の瓶入りのプリンだったかババロアだったかが超絶美味しかったです。おかわりしたかったけど大人げないから我慢しました。ドーミーインPREMIUM下関

ビュッフェの内容は和食系、洋食系、果物系、お菓子系、パン系、飲み物系などビジネスホテルとは思えないほど豪華です。ドーミーインPREMIUM下関

▼このプリンだかババロアだかが心残りだなあ。ドーミーインPREMIUM下関

サラダもほどよく充実していました。ドーミーインPREMIUM下関

ということで朝食はかなりいろいろな種類から選べて食べられます。

提携駐車場に停めるほうが得

翌朝、タイムズ駐車場から入庫するときに告げられた駐車料金は1500円でした。クーポン券をもらっていたので無料で出られてましたがやはり一般駐車場に停めるよりはホテルを利用したほうが安いといえるでしょう。

まとめと感想

自分の場合、ホテルにチェックインしたのが夕方でその後夕食を食べに少し外出し、部屋に戻ったらほぼすぐ寝てしまったので特に感想という感想は食事についてよかったというくらいなんです。

翌朝すぐチェックアウトして次の目的地に向かってしまったのでホテルそのものをほとんど味わいませんでした。

あとは風呂場は広くて心地よかったですが風呂についてもそれほどこだわりがあるわけでもないので狭ければ狭いで体を洗うだけで満足できますし。

史跡を回って連泊しようと思ったらもう少し東北よりのホテルのほうが便利かもしれません。ビジネス利用で連泊したら飲み屋街が徒歩5分程度と近くてまあまあ便利なのではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
山口県
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)