親が健在なうちにタブレットでインターネット体験させようと思ってるけど障害多くて挫折しそう

この記事は 約6 分で読めます。

ybbjoukyou
前回までのあらすじ

親が健在なうちにタブレットPC買ってやってテレビ電話やりましょう
親が健在なうちにタブレットPCを与えて未来を体験してもらおう
親が健在なうちにタブレット使わせるまでの数々の障害
親が健在なうちにタブレットPCでも買ってやってブロードバンドとインターネットを体験してもらおうとyahooBBに申し込みましたが、電話回線がNTTでなくKDDIだったため、ADSLへの局内工事ができないと警告されました。
なのでまずはNTT回線に戻しました。
そして無事に回線の工事が完了し、モデムも届いたので接続の確認に実家に出向いたのです。

親のところへyahoobbのモデムが接続できるか確認しに行ってきました。
さてどうなったのでしょうか・・・

今回の経緯を説明します。


DSCN6577

スポンサーリンク

最初に起こった現象

まずYahooから私のウチに送られてきたモデムを繋げたのです。
自分の家でもyahoobbを使っているので同じモデムです。
繋ぎ方はわかっているので 特に迷いません。
一応念のためマニュアルを見ながらつなげました。

モデムを電話機と壁の間に咬ませればいいだけです。

こういうところはNTTのフレッツはxxx@xxx.ocn.ne.jpとかパスワードとか設定しなければならないので面倒くさいですよね。

ヤフーはハードをつなげればすぐ繋がるのでチョー簡単なんです。本当は。

接続確認用に自宅から持ってきたネットブックはまだつなげません。

そしていざモデムの電源をいれました。

初期の挙動は特にマニュアルと相違なかったのですが、一旦すべてのランプが点いたあと電源ランプを残して全部消えました。

マニュアルを見るとリンクランプは点くはずなんですが点きません。

「あれえ?」
すんなりいかないものだなあ・・・

DSCN6578

ジャックを刺し直したり電源を入れ直したりしてみましたが、どうにもリンクランプがが灯りません。

仕方ないので翌日もう一度試してみることにして電源はいれたままにしてもらいその日は終わりにしました。

もしかしたら電線が不安定でちょっと呼び水みたいなタイミングがないとリンクしないのかなあ・・・なんてまったく根拠のないアナログ的な想像をしたのです。

一晩放置していれば繋がっていないかなあ・・・なんて。

翌日、会社が休みだったので朝から実家にもういちど出向きモデムを見るとやっぱりリンクランプは点いていません。

考えられる理由

いくつか理由は考えられなくもなかったのです。
それは

  1. NTTの局から2.5kmとチョット遠い。
  2. 昔ウチの家族も同居していたときに、回線を増やして工事をしているのでおかしくなっている可能性がある。
  3. 近所に光回線を引いている家がたくさんある(だからADSLが繋がらないかわかりません)

でも自分ではどうしようもない理由ばかりなのでSoftBankサポートセンターに電話することにしました。

SoftBankのカスタマーサポート

朝の11時ごろで果たしてすんなり電話がつながるか不安でしたが、3分ぐらいの待ち時間でオペレーターと繋がりました。

現象を伝えて対策を一緒に考える

ひととおりつながらない旨の話をしたのですが、それとは関係なくやはりあちらのペースでマニュアル通り一通り試したかどうか一点一点確認されます。

マニュアル通りというのはこちらがマニュアル通り試したかではなく、オペレーターがマニュアル通りひとつひとつ聞いてくるということですよ。

なぜか途中から滑舌が悪くなる

オペレーターのお姉ちゃんの言うままに操作しても結局リンクランプは点灯しません。
とうとう基地局との間になにか障害があるか調べるということになりました。

で、契約内容を口頭で確認しながら、ひとつ相違に気づきました。

今回のモデムを設置する住所がわたしの住まいになっているらしいのです。

なぜそうなってしまったのかはわかりませんが、SoftBankやyahooのなさいますことに間違いはございますまいでしょう(森鴎外風)から、おそらく私が設置する場所を入力する時に自分の住所をいれてしまったのでしょう。

きっとそうに違いありません。

原因はともかく、設置場所が違っているということが判明してオペレーターのお姉ちゃんはどう処置するか確認させてくれといって一旦保留しました。

そして不思議なことが起こったのです。

数分待ったのち電話口に出たオペレーターのお姉ちゃんの口調が明らかに違っていました。

別に憤慨している様子はまったく感じられなかったのですが、なぜかわかりませんが呂律が回っていない喋り方なのです。
まるで酒か悪い薬でも服用したかのような・・・

いったい電話の向こうで何があったのでしょうか。

永遠に謎のままでしょう。
呂律が回らないまま「NTTに連絡して電話の移転手続きをしてほしい」と言われました。

NTTへ電話すればわかりますということなので、言われるままに電話することにして一旦電話を切りました。

NTTへ連絡するも問題ないと蹴られる

そして今度はNTTの116へ電話をしました。

まもなく出たオペレーターに、このかなり混み入った事情を説明すると、彼女は端末で調べてくれました。

すると案の定、「NTTでは住所はおかしくなっていませんよ」とのこと。

ではSoftBankでの契約内容だけがおかしいのかorz

NTTでおかしいと判明してくれた方がまだ改善の余地があるような気がしていたのですが、NTTでは異常なしとなると単にSoftBankでの住所は登録手違いだけの話で、ハード的には関係ないのか?と考えました。

再びSoftBankのカスタマーサポート

そして再びSoftBankへ電話。

電話に出た別のオペレーターにさらに混みいってしまった事情を説明しました。

そうすると今度のオペレーターは何も食い下がることなく、誠にあっさりとSoftBankで手続きを進めることを了解してくれました。

てっきりどちらも「ウチの問題ではない」と主張したらい回しされるかと危惧しておりましたが、あっさり受け入れてもらえて助かりました。

すなわち引越しによる回線移転の手続きを進めるとのことで落ち着きました。

まだ待つ

こうして親が健在なうちにタブレット端末を渡してテレビ電話をはじめとする未来を経験してもらおうという企画は幾たびかの挫折を経て、まだトンネルに入ったきり出口の見えない状態です。

教訓

オンラインで申し込みする時は、入力間違いをしないように気をつけましょう。
特に善意で親の住まいにブロードバンド回線を引こうなどとするときは、設置先の住所を間違えるとえらく面倒なことになります。

障害が多くて挫折しそうと感じましたが原因は自分では作ってしまったのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サービス利用
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)