Amazonの返品無料商品。残念だった商品を返品するのは物理的には簡単

この記事は 約3 分で読めます。

パールイズミのちょっと高いレーパン
先日レーパン(サイクリスト用タイツみたいなパンツ)を買いまして履いてみたところちょとキツイということが判明してしまいました。
【関連】パールイズミのちょい高レーパン買ってみたけど安物との違いがわからないのとサイズが合わなかったので使用を中止

幸いAmazonの返品無料商品だったので送料とか気にせず返品することができました。
そのやり方が電話とかする必要なくまったく簡単だったのでやり方を残しておきます。

Amazonの場合、服や靴関係の商品は結構な確率で返品無料だったりします。まあ商品代にそういったものも含まれているかと思うとちょっと複雑な気分もなくはないですが、無料で利用できるサービスであるので利用してみましょうか。

スポンサーリンク

Amazonで買った商品を無料で返品する

▼まず無料で返品できる商品には商品詳細画面の価格の横に「返品無料」と書かれているようです。
今回お返ししようと考えている商品はパールイズミというブランドのレーパンです。

Amazonの返品可能商品
サイズが合わなかったのと中のクッションが想像と違っていたので返品するのです。
【関連】パールイズミのちょい高レーパン買ってみたけど安物との違いがわからないのとサイズが合わなかったので使用を中止

▼返品するにはまず自分のアカウントから購入履歴の画面を開き返品したい商品の枠内にある「商品の返品・交換」というボタンをクリックします。
購入履歴から返品

▼そうすると返品理由を簡単に書き込む画面もあったりしますが、基本的には返品可能です。
ただし、お客様都合によるものには一定の条件があります。例えば・・・

商品到着後30日以内で未使用の商品または試着された商品(試着不可の商品、福袋を除く)
引用:Amazon.co.jp ヘルプ: 「服&ファッション小物」「シューズ&バッグ」の返品・交換の条件

つまり試着しただけならOKということのようですので商品タグは外さないほうがよいですね。幸い不安だったので今回のレーパンはタグを外さずに保管していました。

▼あとは画面に現れる返送手順の説明にしたがって荷造りをするだけです。
Amazonに返品

▼指定の納品書みたいなのが画面にでますのでプリンターで印刷してそれの一部を切り取って箱に入れるのと、もう一部を箱の上面に貼り付けて指定の運送会社を呼ぶというアクションボタンを押せばほぼ完了してしまいます。
集荷時間帯もこちらの都合で決められるので午前中とか夕方とか指定します。
Amazonに返品

あとは冒頭写真のようなAmazonの箱に入れて発送準備して集荷を待つだけです。
商品がAmazonに戻って処理が済んでから返金処理が行われます。

ただこの手順はAmazon倉庫から出荷される商品に限った話です。Amazonマーケットプレイスの各販売店から直接買ってその販売店への返品は別となりますのでそれは各販売店とやりとりして返送方法を取り決めなければなりません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サービス利用
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)