ハンドルにちょっとしたアクセント。末端につけるエンドキャップは取り付けカンタンです

自転車用品ハード系

ハンドルエンドキャップ
自転車の話です。

ドロップハンドル使ってるんですけど、末端についていたエンドキャップがいつのまにか紛失していて片側だけになってました。

こういう部品てはっきりいってなくてもぜんぜん困らないんですけど、左右非対称という点でやっぱり違和感があります。

だったらもう片側もとってまえで解決できなくもないのですが、無くても困らないけどないと寂しい部品なんです。

そういった多少複雑な心境でしたが自分にしては珍しく機能的にはなんの意味もないと思われるパーツを買いました。
ざっとレビューです。

ハンドル末端につけるエンドキャップ

エンドキャップ外観観察

▼こんな形でころころしてます。青い部分がゴムになっていて真ん中をボルトが通っており、ボルトを締めることでゴムが広がってハンドルの内側で動かなくなるという仕掛けです。
ハンドルエンドキャップ

▼一応寸法です。ハンドルに入れるときの内径の参考になります。直径18mmです。
ハンドルエンドキャップ

▼これはボルト先端からの長さで外側に出る部分を省いた寸法です。約30.5mmでした。
ハンドルエンドキャップ

▼フタ部分の直径で25.5mmでした。ここの部分がでかすぎるとみっともないし、小さすぎると情けないですからなるべくハンドルに合ったものを買いましょう。だいたいみんな一緒でしょうけど。
ハンドルエンドキャップ

▼調整できる六角サイズは対辺3mmサイズです。
ハンドルエンドキャップ

エンドキャップ取り付け

今までついていたのは自転車買ったときについていたプラスチック製のキャップです。
ハンドルエンドキャップ

▼簡単に落っこちてしまうので薄手の両面テープを貼ってなんとか維持していました。それでも片側落っこちて紛失しました。
ハンドルエンドキャップ

▼外した後のハンドル末端です。何も考えずエンドキャップを買いましたが大抵のハンドルに付けられるはず。
ハンドルエンドキャップ

▼装着完了。わずか10秒。簡単です。
テープがボロくなっていてみすぼらしいですがエンドキャップはビシっと決まってます。
まあクルマ好きが鉄ホイールからアルミホイールに変えるようなものですね。走行にはほとんど影響ないけどそこそこドレスアップが図れるというものですか。
ハンドルエンドキャップ

今日はこう思ったよ

毎度こういう装飾をするわけではありませんが、ハンドルに穴が開いたままだとやや精神的にも不安定になるので、ここはひとつ清水の舞台から飛び降りたつもりでエンドキャップなるものを買って嵌めてみました。

結果後悔はしていません。重量はやや増しですががんばります。

コメント

  1. ご飯ダンス より:

    通りすがりの者でお節介かもしれませんが、バーテープは巻き始めの端っこを軽くバーからはみ出させて、それをエンドキャップで中に折り込むように押し入れるようになってます。なのでそれをしないとガバガバで落ちやすいんじゃないかなと思います。

    • お節介大歓迎ですよ(^^)/
      まだまだ知らないことがたくさんですから。
      おそらくバーテープと一緒に押し込んだらプラスチックが割れそうと思って敢えて避けてたかもしれませんがそれが本来のやり方だったとは知りませんでした。

タイトルとURLをコピーしました