寒い事務所で身近な道具を使って冷たいペットボトル飲料を温めて心もホッとなった

コーヒーもお茶も人肌に冷めかけたのを一気飲みするのが好きな猫舌の吉田哲也です。

すべては快適な自転車旅行のために・・・といいたいところですが、今日はほぼ無関係かもしれません。

事務所で仕事をしていて、ストックしてあるペットボトルのお茶を寒い日に急に飲みたくなるときってありませんか。

わたしはあります。

でもある程度環境の整った事務所でない限り保温する装置が身近にあるとは限りませんね。

極寒のとき冷たいまま飲むのはつらいです。

でも身近なある道具を使えば簡単に飲みごろ(またはそれ以上)に温めることができます。

ただし本来の道具の使用方法としては不適切なやり方です。

良い子は絶対にマネをしないのはもちろん、大人の方もマネをして事故を起こしても、例によって当ブログは責任を負いませんのでご了承ください。

大した手間は要りません。電気ストーブと針金があればいいんです。

針金は柔らかめでも大丈夫です。というか細くてやわらかめの方が扱いやすいし、質量が少ないほうが針金自体が熱くなり過ぎて触れなくなる心配が少ないです。

やりかたはこちら・・・

こんなふうにこっそり足元の電気ストーブで温めます。
ペットボトルのお茶

・・・
かなり温かくなりました。
左が温めたお茶で右が冷たいお茶です。なぜか液面の高さが違いますがきっと温めると液面が下がるのでしょう。

同時に入手したお茶であることはボトルに記載された消費期限を見ればわかります。

肩の高さがぜんぜん違っています。
ペットボトルのお茶
多少の個体差はあるでしょうけれど見た目で太っているのがわかります。
またボトルの直径も太くなっています。

暖かくなって内部が膨張しているということではないでしょうか。
ペットボトルのお茶ペットボトルのお茶
・・・

注意点

申すまでもないことですが、これは危険な方法であるので保温中は絶対にその場を離れないでください。

飲むときは急に口の中に流し入れないようにしましょう。

温度管理して温めるわけではないので、いったい中身が何度になっているか、適度な温度になっているかどうかわかりません。

くどいようですが口の中を火傷しても当ブログは一切責任を負いませんのでご了承ください。

この位置は結構きわどいので細心の注意を払って設置してください。

ヒーターの真正面だと熱くなりすぎます。上方45度程度を狙ってください。

余熱で温める程度で十分なはずです。

また同時に複数本のペットボトルを設置するのは危険ですから避けてください。

こんなことをしていたら他の社員が「自分のも温めろ」と割り込んでくるかもしれませんが、同時に行うのは危険だし効率も落ちます。

ただし電気ストーブによっては2本ぐらい設置しても大丈夫かもしれませんのでよくよく熟考のうえ実行してください。

ペットボトル飲料を温める

・・・
会社で缶コーヒーやボトル入りのお茶をストックしている人は針金も一緒に置いておくようにしましょう。