ソーダストリームはボンベ代が戻らないのでボンベ代が戻る業務用ミドボンで炭酸水つくるのに必要な設備

ソーダストリームはボンベ代が戻らないのでボンベ代が戻る業務用ミドボンで炭酸水つくるのに必要な設備

先日ソーダストリームという炭酸水メーカーを買いましたが、炭酸ガスボンベを最初の購入時に保証料として払うのであって返却時には戻ると勘違いしておりました。

メーカーに問い合わせたところ300円しか戻らないということが判明し、じゃあメーカーは炭酸ガス代だけじゃなくボンベ代でも少なくとも1700円も儲かるのかと驚いた次第です。

メーカーを儲けさせるのはあまりおもしろくありませんが、それよりも世の中にはもっと低コストでできる方法があると知り自分にもできそうなのでやってみました。
ミドボンで炭酸水
参考にしたサイト
ミドボンで自作炭酸水(えっ、ウソ!500ml炭酸水が5円で作れる!) | hako

スポンサーリンク

ミドボンで炭酸水大量生産できてコストはおそらくソーダストリームの1/5ぐらい?

用意するもの

  • ミドボン
  • レギュレータ
  • 太さ変換用レジューサなど
  • チューブ
  • ワンタッチカプラオスとメス
  • 炭酸飲料が入っていたペットボトル

ではそれぞれについて説明していこう。

ミドボン

液化炭酸ガス業務用5kgのボンベで酒屋さんで売っていた。ボンベ保証料5000円(非課税)は返却時満額戻るのと、中身の満タン炭酸ガス代2333円(税別)を払う。

このボンベ購入に関しては特に免許は要らず、また身分証明書の提示等の義務はない。ただし不法投棄は禁止のはず。だから本当は身元確認しないとダメなのではないかなあと思う。

▼Amazonでも売ってたから家にいながらでも手に入れられるけど多分近所の酒屋さんのほうがもっと安いんじゃないかな。

B00BWGZZNS
アサヒ 樽生ビール専用炭酸ガスボンベ (ミドボン) 5kg
平均評価点:5つ星のうち5.0 価格¥ 9,607(記事公開時)

レギュレータ

ミドボンから接続して圧力を下げて外に出す役割をする道具。ぼくの場合は取引先からもらって勤め先で放置されていたレギュレータをたまたまタダで手に入れることができたのでラッキーだったが、通常どこかで買わなければならないもの。

どこで売っているか調べたところ、ボンベ用のレギュレータというのはマニアックなのでホームセンターでもなかなか取り扱っているところはなさそう。

業務用品の通販サイトmonotaroで買うとかできるが新品は結構高い。一番安く買えそうなのはヤフオクで大抵ビールサーバーについていたレギュレータが3〜5000円ぐらいで出品されている。そういうのを買ってしまうのが手っ取り早いし経済的である。

ただ中古はいやだというのであれば工業用ガスボンベを扱っている会社に出向いて売ってもらうという手もあるだろう。ただし一見さんなのでそんなに安くは買えるとは期待できない。

新品だと2万ぐらい見ておいたほうがいい。もしかしたらもっとするかも。

とにかくヤフオクがいちばんオススメ。

レジューサ

ぼくのレギュレータには安全のためや扱いやすさのためにもっといろいろついているが最低限次に必要なのはレジューサだ。
ただしこれはレギュレータのアウトプット側が6mmやら8mmのチューブを挿す形になっているという前提の話。

もしそうでなければPTという規格のネジになっているだろうからPT(おそらくPT1/4)→8mmまたは6mmのチューブに変換する部品が必要となる。

▼レギュレータの出側がネジだったらこの画像奥のネジを挿し、手前からビニールチューブを挿せるようなアダプタコネクタという部品だよ。
B00EDK2RFE
B00EDK2RFE
▼でこんなレジューサという部品を挿すと今度は4mmの細いチューブを入れる口になるわけだ。
B00526KRF0
ややこしいんだけどここらへんはレギュレータ次第で多少変わるからレギュレータが決まってから決めたほうがいいよ。

チューブ

上記レジューサの穴が4mmだから今度はΦ4mmのチューブを用意する。
ミドボンで炭酸水

ここまで繋がればもう完成したも同然だ。もう少し!

マイクロカプラ チューブフィッター付 MC04PCL

これはさきほどの4mm太さのチューブからペットボトルへ繋げる継ぎ手になる。
これも片側に4mmの丸いチューブ挿入口があってここにチューブを挿入する。ちなみにネジ止めしなくていいの?とかって思うかもしれないけどビニールチューブは耐圧用になっていて炭酸水をつくるぐらいの圧力は全然大丈夫だし、ビニールチューブとこれらカプラやさきほどのレジューサもチューブを挿入すると爪が食い込んでぬけなくなる。抜くときはツバになっているところを押さえて抜く。
ミドボンで炭酸水

B002JZXC0O
日東 マイクロカプラ チューブフィッター付 MC04PCL
平均評価点: 価格¥ 610(記事公開時)

マイクロカプラ(ソケット) MC-05SM

最後にカプラのメス側だ。これをペットボトルのフタにくっつけて炭酸水を注入するんだよ。
ミドボンで炭酸水

B00898ADTI
日東工器 マイクロカプラ(ソケット) MC-05SM
平均評価点:5つ星のうち4.8 価格¥ 1,209(記事公開時)

M5ナット

マイクロカプラをペットボトルのフタに固定するのに必要になるからM5のナットを1つ用意しよう。水がかかる部分なのでできればステンレス製のものがいいよ。

加工

▼もちろん炭酸水を自分でつくるのだからそれ用のペットボトルは用意しておこう。西友なんかでお墨付きっていう1Lの炭酸水を売っているからそれを1本買っておくといいね。

でそのフタの中心にΦ5mmのドリルで穴をあける。そのへんの道具はもうあるっていう前提で話をすすめるよ。
ミドボンで炭酸水

▼適当にバリを取ったらマイクロカプラ(ソケット) MC-05SMのM5ネジ部分を外側から挿し込む。
ミドボンで炭酸水

▼内側に顔を見せたM5ネジにM5のナットを嵌めてキツく締める。
ミドボンで炭酸水

▼そこへマイクロカプラ チューブフィッター付 MC04PCLを付けるとこんな形になるけど、今は付ける必要ない。押しこめば嵌まるということだけ確認しておこう。
ミドボンで炭酸水

接続

ちょっとウチのはごちゃごちゃと余計なものをつけてしまっているけど写真左下の穴の部分にレジューサを挿入してチューブを挿入してという手順だ。右に分岐して伸びているチューブは気にしないで。
ミドボンで炭酸水

運転

ボンベのコックを開く前に注意するのはレギュレータが閉になっていることレギュレータが開いているといきなり二酸化炭素が噴出してあぶないから。どんなガスでも高圧のものがいきなり噴出したらあぶないでしょ。
ということでレギュレータが閉になっていることを確認してからボンベのコックをパカっと開く。どれくらい開くかというと90度回せば十分。ボンベのコックっていうのは水道の蛇口と違ってON/OFFしかないよ。

で、右側の圧力計が元圧といってボンベの残圧、左側の圧力計がレギュレータによって調整されて出てくる圧力。今元圧は約5MPaで排出圧が0.2MPaということ。ちなみに0.2MPaだとイマイチ炭酸弱いから3MPaがオススメ。

ちなみにぼくの装置はハンドル式のバルブがついているからここで左側を2MPaまで上げちゃっても平気だけどバルブがついていないともう先端から炭酸ガスが出るから気をつけて。
ミドボンで炭酸水

▼接続した状態がこちら。ペットボトルには冷水を8分目ぐらい入れて中の空気を追い出してからフタをしてみた。そうすれば炭酸ガスだけ中に注入できるからね。窒素はいらないよね。
ミドボンで炭酸水

▼でもってバルブを開いて炭酸ガスを注入しながらボトルをシャカシャカと一所懸命振ってみました。なるべく炭酸ガスと水がたくさん触れるようにしたほうがいいみたい。

そして出来上がった炭酸水を飲んてみたらちゃんとソーダストリームと同じようにできていたよ。
ミドボンで炭酸水

収納

さて炭酸水を作ったら玄関の隅にでも置いて保管しようか。夏に使うことが多いと思うが高圧ガスが入っているので暑い場所は厳禁だよ。
ミドボンで炭酸水

今日の吉田哲也はこう思ったよ

酒屋さんに炭酸水つくるからミドボンくださいといったら、これ1本でかなり持ちますよと言われた。

そうね。ソーダストリームの何倍あるんだかちょっと計算するのも面倒なほどだから。

うちでは嫁以外酒を飲まないから減りもそんなに早くないかといとそうでもない。夏は炭酸水をそれこそ水代わりに飲みまくる。

そんなわけだから今まではコストコの炭酸水を買いまくって経済的にもキツかった。

しかし、これで炭酸水貧乏から開放されるというわけだ。

スポンサーリンク

このブログをフォローする