東松山農産物直売所いなほてらす2016年開業で先進的な建物/大里町でもち麦発見

この記事は 約3 分で読めます。

東松山農産物直売所いなほてらすというところで野菜を大量に安く買えないだろうかと期待して行ってみました。

どうやら新しく出来た直売所のようで着いてみると真新しい建物とキレイな駐車場で、いつのまにこんなキレイな直売所ができたんだと驚きました。

スポンサーリンク

東松山農産物直売所いなほてらす

最初いなほてらすという言葉を聞いたときはイナゴテラスと意味を取り違えてましてずいぶんと前衛的なネーミングだなあと思いましたが、よく見たら稲穂のいなほでした。
▼それはさておき建物は新しく広そうです。
東松山農産物直売所いなほてらす

▼農産物直売所直売所にしてはうちの近所の数軒と比べましてまあまあ広いかと思います。もちろん農産物だけではなく乾物やら缶詰やらの加工品もいろいろ売られてます。
東松山農産物直売所いなほてらす

▼ちょっと珍し系で「いちじくジェラート」やら「いちごシャーベット」など。
東松山農産物直売所いなほてらす

▼あるいは嵐山プリンとか。
東松山農産物直売所いなほてらす

▼梨ゼリーなんてものあります。
東松山農産物直売所いなほてらす

▼ノーベル物理学賞受賞の梶田先生は東松山市の出身なんですね。
東松山農産物直売所いなほてらす

▼建物の横にはテラス席があり、ドアの内側にもフードコートがあり飲食しながら休憩できます。
東松山農産物直売所いなほてらす

▼そのテラスから見た景色がこちら。7月はまだ稲穂が実ってはいませんが、秋になったら一面黄金色の稲穂が実ることでしょう。だから「いなほてらす」なのね。
東松山農産物直売所いなほてらす

ところで野菜はいろいろと売られていたのですが、はっきり申し上げてうちの近所の直売所のほうが量と価格で言ったら優位性がありましたのでほとんど野菜は買いませんでした。

青い鳥は実はすぐそばにいたってことです。

おまけ

ところで週末になると最近は農産物直売所巡りを嫁としているのですが、その途中ある直売所でこんなものを見つけました。ずばりもち麦です。ダイエット効果がものすごいというあのもち麦です。しかも28年度産が入荷したてでした。1kg1000円だったので嫁はきばって4袋も買い込んでました。
東松山農産物直売所いなほてらす
もち麦というのは生産量の少なさもありほとんどスーパーマーケットには出回らないそうです。ここの直売所も店長の知り合いの農家から直接仕入れているからいつもこんなに「あるよ」とのことでした。
どこでこんなに大量に売られているかは教えられません。どうしても知りたい方はツイッターで@semiboze(半禿)をフォローしつつ、jitenshatoryokou.comのfacebookページもいいねをしてください。
その上で連絡くだされば教えますw

【追記】ケチなこと言ってないで公表します。▼ここの農産物直売所です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
埼玉県北部情報
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)