Lydstoロボット掃除機レビュー「ルンバなどブランドに拘らなければ安く機能豊富で十分買い」

Lydstoロボット掃除機

Lydstoロボット掃除機R1のレビューです。

2021年9月から10月にかけてiRobotのルンバ上位機種を貸し出してもらってレビューする機会があった。そのレビュー記事はこちら

で、貸し出しでのレビューということなので当然返さなければならず、せっかく気に入ったのだが泣く泣く返却した。だがいずれ買うことを決意したのだ。

そしてその返却時期とほぼ同時期にこのLydsto(リズトと読むらしい)というところがクラウドファンディングでロボット掃除機を出して出資を募っているという情報を得た。しかも割安で。

そして即申し込んで届いたのが2021年12月下旬。いよいよルンバに対抗しうるロボット掃除機を手に入れたか?というお話。

【関連】

ルンバ買うつもりが同等以上の機能で2万円安い掃除機を即買いした理由
ルンバが好きすぎて1個は自分ちにも持ってるが、それ以外に2度も無償貸与いただいてレビュー記事やら動画やらを出すほどのルンバ好き。 2021年9月中ごろから10月いっぱいまでルンバi3+という自動ゴミ集め機能つきのハイエンド機を...
ルンバi3+は汚物ペースト回避機能未搭載を除いて文句なしともいえるロボット掃除機【PR】
ビックカメラ楽天市場店のルンバi3+ならいつまで有効かわからないが24回払まで金利無料となっているので個人的には早く買いたい。戻りのポイントを差し引くと実質7万円弱で買えるんだよなあ。 アイロボットファンクラブのご厚意によりル...

機能

B08THGL9B2

Lydsto R1 ロボット掃除機 自己空 ロボット掃除機ステーション リダナビゲーション 2700Pa吸引ロボット掃除機マッピング付き ペットの毛やカーペットに最適 (ホワイト)
¥86,841(2021/12/30 22:45時点の価格)
平均評価点:

4.2outof5stars

>>楽天市場で探す
>>Yahoo!ショッピングで探す

かんたんに機能をおさらいしておこう。

自動集塵

今やロボット掃除機では半分ぐらいはこういうタイプが出荷されているのではないか?(勝手な憶測)

それくらい自動集塵機能は便利だしぜひロボット掃除機を買うならこの機能がついたものを買ってほしい。

せっかくロボットが集めた床の塵芥(ちりあくた)を最後は自分でそれにまみれながらゴミ箱へ捨てるというのはちょっと生き方として詰めが甘いっちゅうかなんちゅうか。

どんな形にせよロボットが集めたゴミを捨てられるダストパックに入れるところまでおまかせできるのは嬉しい。

スマホから操作

そして自動集塵機能をつけるくらいだったら、それと同等ぐらいに欲しい機能がスマホから操作できる機能だ。

こいつの場合はON/OFFはもちろん掃除の強弱なども設定できるようになっている。

しかもLydstoの場合、今どこにいるかリアルタイムでアプリに表示してくれる。だから立ち往生したとしても音を出させることも必要ないくらいでスマホの間取りを見ながら救出すればよいのだ。

間取りとエリア編集

その間取りだがなかなか優秀のようで掃除すればするほど間取りを覚えるのはもちろん、非掃除エリアだとか立ち入り禁止エリアだとか、1部屋を2部屋や3部屋と区切って1番はどういうスケジュールで掃除する。2番はどう、3番はどうとかって1部屋でもエリアを区切ってスケジューリングもできたりする。

なかなかすごい。

水拭き機能

ルンバの場合、水拭きロボットはブラーバとかっていう別のロボット掃除機を買う必要があるが、このLydstoの場合、それが込みだ。

だから水を入れておけば水拭きもさせることができるし、水拭きをさせないこともできるし、水拭きだけさせることもできる。

なかなかすごい。

ルンバより良いかも?な点

かなり静かモード

掃除パワーは夜間モード含めて4段階だからなんなら寝てるときも一番静かなモードにして掃除させることができるということもある。

神経質な人はそうでもないかもしれないがそれほどでもない人にとっては寝てるあいだにきれいにしてくれて朝起きたらきれいな部屋で一日が始まるっていうのもありかも。

あとは最大級にパワフルなモードにすればそれなりに音はうるさくなるが短時間での掃除完了が期待できるわけだ。

値段の割に水拭き機能

さきほども少し触れたが水拭きの機能が標準で搭載されている。だからうちの場合は、水を入れておいて掃除しながら水拭きもさせている。

何年かに一度しかワックスがけをしない我が家では水拭きもしていないと床がいろいろなシミだらけになってくるが水拭きをするようになるとそこそこきれいな状態を保てるようになって嫁氏も喜んでくれた。

エリア編集機能

これもさきほど触れたがスマホでエリア編集がけっこう細かくできる。

だから猫の餌があるエリアは掃除機を突っ込ませないようにするとか、ハマったら救出するのが困難な場所とかは立ち入らせないように設定してみた。

もちろんそういう場所は人間が個別にきれいにする必要があるがそれなりに臨機応変にやればなんとかなるだろう。

▼左が何回か掃除したあとの間取りでもともと2部屋として描いてくれたものをあえて4部屋扱いに変えた。それはRoom3は猫トイレの砂が散らばっているところだから念入りに掃除してほしいのと、Room4は台所でマットが敷いてあるため座礁しやすく普段は進入させないようにするため。

右画像は左画面でマップ編集をタップしたところ。禁止区域だったりカスタム設定やらいろいろできる。この編集なかなかクリエイティブで楽しい。Lydstoロボット掃除機

Lydstoロボット掃除機

手動操作機能

ちょっとおもしろいなと思ったのが、スマホでラジコン操作するように掃除をできること。

ちょっとしたゴミを掃除したいときに手動操作のモードにしてスマホで誘導するように掃除をさせるのだ。

うまく操作するまでに少々訓練が必要になるかもしれないがときどきは使うことがある機能といえる。

ルンバには敵わない?点

ブラシ部分がいまだにブラシ

ルンバの比較的新し目のタイプはお掃除ブラシ部分が2本のゴムローラーでできていて吸う。したがって細かな髪やら糸くずが絡まることがほぼないのだ。

一方、こちらLydstoは昔ながらの毛のブラシになっている。旧機種のルンバまたは下位機種はいまでもそうかもしれないが毛のブラシだから毛髪や糸くずをときどき取り除くのが大変だった。

おそらくこのLydstoもときどき毛髪の除去を自分でやらなければならないかと思うとちょっと憂鬱だ。

スマートホーム連携が糞

AlexaとGoogleHomeへの連携できると説明のサイトには書かれていたができない。

一応CAMPFIREのサイトでコメントできるから質問を投げてみたが意味不明な回答しかこなくていまだにできていない。

さらにYouTubeでも公式チャンネルらしきものがあったのでコメントで質問したが、なんとこちらは「できない」という公式からの表明があった。ふざけんな。

集塵ドックへの接続

ルンバのときはドックへの接続はわかりやすかったのだが、このLydstoはちょっとわかりにくい。

自分で直接電源端子へ接続する機会は運用がはじまったらそうそうないはずだが、少しわかりにくかった。

外観

年末に撮影したので余分なゴミが一緒に映ってしまっているが真ん中の白いものがロボット掃除機だ。

Lydstoロボット掃除機

▼そしてこれらが付属品で拭き掃除用モップがおよそ30枚、ゴミパックが予備6枚ついていた。

Lydstoロボット掃除機

実際の動きについては第二弾の動画を撮影して公開するのでそれまで待って欲しい。

ただ結論だけいうと買ってもそれほど後悔しないかなということはいえる。

ルンバと比較するとアレクサなどのスマートスピーカーとの連携が弱いがそれ以外ではとくに支障なく使えているし機能も豊富だからスマートスピーカーと連携できない点を補ってあまりあるといえなくもない。

よってどうしてもブランドにこだわるならルンバだけどそこまでブランドに拘らず実益がほしいなら損はないといってもいい。

動画

文章と写真だけでは伝えきれないので動画も撮ってみたからぜひ参考にしてみてほしい。

B08THGL9B2

Lydsto R1 ロボット掃除機 自己空 ロボット掃除機ステーション リダナビゲーション 2700Pa吸引ロボット掃除機マッピング付き ペットの毛やカーペットに最適 (ホワイト)
¥86,841(2021/12/30 22:45時点の価格)
平均評価点:

4.2outof5stars

>>楽天市場で探す
>>Yahoo!ショッピングで探す

タイトルとURLをコピーしました