日比谷松本楼東京ビッグサイト店のカツカレーはローソンのカツカレーより美味いのか

東京ビッグサイトにあるレストランで一番うまいカツカレーは?

東京ビッグサイトでしばしば展示会がある。ていうかおそらくジャンルを問わなければ毎週のようになにかしら複数の展示会が開催されていることだろう。

そしてそこに人が集えばおのずと食事もしなければならなくなる。

でだ。1週間空けたとはいえほぼ2週続けて展示会に出展した身としてはこの場のレストラン事情について少々語っておいたほうが多くの人にとって有益なのではないかと思う。

【関連】

ナンの扱いは微妙だけど味はイイ!パクカレーレストランのナンと焼鳥
伊勢崎市の八斗島というところを車で走っていたらカレー屋らしき看板と道端で箱詰め作業している外国人あり。 よく見るとなんのその単品持ち帰り販売もしているようだ。ネタになる。 寄ってみた。

日比谷公園にある松本楼の東京ビッグサイト店のカツカレーはローソンのカツカレーより美味いか

個人的にカレー、特にカツカレーが好きでどこかへ行ってなにか食べようとなると大抵はカレーを選ぶし、カツカレーがあればカツカレーを選ぶことにしている。

だからそこそこ全国のカツカレーを食べまわっている。って自慢できるほどの数は回ってないが。

でだ。

東京ビッグサイトに行って数か所のお店でカツカレーを食べ歩いた。

食べ歩いたお店は以下。

  • 和食屋
    東京ビッグサイトにあるレストランで一番うまいカツカレーは?
  • マーメイド
    東京ビッグサイトにあるレストランで一番うまいカツカレーは?

マツモトロー含めいずれもスタバのマークを目印にして階段を下って1階にある。

東京ビッグサイトにあるレストランで一番うまいカツカレーは?

階段を降りるとレストラン街の案内があるが9番がマツモトローだ。5がマーメイドで8が和食屋、そして7がスタバなんだけど6は開いているところを見たことがない。

東京ビッグサイトにあるレストランで一番うまいカツカレーは?マツモトロー以外のお店は論外としてもマツモトローは会社の人に勧められたのでさぞかし美味しいのだろうと期待していたが結論はというとローソンがダントツ美味い。

その理由として以下に残しておく。

東京ビッグサイトにあるレストランで一番うまいカツカレーは?

マツモトローのカツは薄い=スプーンで切りやすく食べやすいのはGood

とんかつが妙に薄い。現代日本人の感覚でいえば違和感を感じるほどの薄さなのだがカツカレーという性質上スプーンで切らなければならないので薄くてOKだ。

それにとんかつが厚くなければ駄目だという決め事はないし、美味しんぼの最初の方の巻でもとんかつの話が出てきて肉の厚さは5mm程度でイイとと言っている。ただし美味しんぼで推奨しているとおりラードで揚げているかは不明だ。

とにかくカツが薄めなのは好印象であるのだが。

東京ビッグサイトにあるレストランで一番うまいカツカレーは?

カツカレーだからルーには肉は不要論

マツモトローのカツカレーのルーには肉が入っていた。しかも牛肉っぽい。あとマグロの肉らしき見た目ののものも入っていた。

個人的な意見だがカツカレーだから肉は十分口に入るのでルーには肉を入れないほうがいいと思っている。じゃまなのだ。

カツの肉を楽しみたいのだ。これ減点。でもこれくらいの減点はどうということはない。致命的ではない。

マツモトローのカツカレー甘い

ローソンのカレーがちょっとスパイシーであるが辛すぎないで絶妙にちょうど良い味なんだ。自分はあまり辛いカレーは苦手であるがかといって甘口のカレーも好まない。

辛すぎないけどほどよい辛味が好きなんだがそれに見事にマッチしているのがローソンのカツカレーだった。さすが大企業だけあって大衆受けする味を研究しているなあと感じる。

残念ながらマツモトローのカレーはそのローソンの研究され尽くしたちょうど良い辛味に遠く及ばない。甘い。福神漬けいらないほど甘い。

甘すぎるとは言わないが辛味が足りなすぎる。

皿が浅すぎて冷めるの早い

そして致命的な欠点はマツモトローの浅すぎる皿だ。皿が浅すぎるからあまり深い状態でカレールーを盛れない。

深くないということはルーが塊にならず皿からと外気からと両方からの冷気により早く冷めやすい。これがまだ深めの皿で熱いまま最後まで食べられていたら評価はもっと違ったものになったかもしれないが駄目だった。

その点ローソンのカツカレーはカレーが別の容器に入っていて深めになっているから食べきるまで冷めにくい。かなりゆっくり食べて最後にちょっと冷めてきちゃったかなと言う程度だ。

サラダついてるのはありがたい

マツモトローのカレーは1280円もするだけあってサラダもついている。1280もと述べたがカツカレーでしかも東京ビッグサイトという一等地(?)での価格だからぜんぜん高くはないのだ。

ぜんぜん高くはないのだがサラダもついている。しかもそのサラダの野菜はシャキシャキしていて新鮮さが伝わってきた。

下手な大衆レストランのサラダだと野菜がヘナっとしていて歯ごたえがぜんぜんなくて不味いというものも多々あるがマツモトローのカツカレーについていたサラダは違った。美味かった。これはローソンにはない利点だ。

コスパで言ったら断然ローソン

ただ残念ながらカレーの味、熱さの2点ではローソンの勝ちだ。ローソンのほうがほぼ半額であるにも関わらず。

俺の舌が俗に馴れすぎているせいなのかもしれないがローソンのほうが美味いと思うのだ。

カツの評価は互角だ。ローソンが厚めのカツでプラスチックスプーンで切るのには少々難儀するのに対し、マツモトローのカツは薄めで切りやすい。ただ厚めのカツに慣れすぎているせいか薄いカツが正当とはいえ「う〜ん」という感じ。

その他の店はマジで論外。

▼ローソンのカツカレーいつまで同じ味で売られているかわからないけどかなりお勧めだ。

三元豚の厚切りロースカツカレー|ローソン公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
港区
semiboze(半禿)をフォローする
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)
タイトルとURLをコピーしました