見栄子の熊谷らいふの中の人に会ってきました

この記事は 約5 分で読めます。

見栄子の熊谷らいふ

見栄子の熊谷らいふという8年続いている熊谷でも伝説的なブロガーの方が市内で展示会を開くということで中の人に是非会ってみたいと思いでかけてきました。

自転車で30分程度走って熊谷駅北口を北上する事3分程度の熊谷女子高校すぐ南にくまがや館という建物があり、そこの2階で展示会が開かれています。

ブロガーさんに個人的に会うのは初めてなので緊張してでかけました。
幸い伺ったときは他に来場者がいなかったので思う存分話を聞かせてもらえました。

スポンサーリンク

予備知識

見栄子の熊谷らいふというブログがあります。
熊谷近郊のよさげな飲食店を検索していて見つけたブログです。
でも驚く事に8年間無休で更新していて、熊谷や近郊の深谷、行田などの情報も紹介してくれています。

僕も近所の飲食店に行くとき予備知識として見栄子さまのブログでフィーリングを判断して行こうか行くまいか決めた事があります。

ということで長く続けているブロガーの方にお会いできる機会は地方在住だとなかなかないので勇んででかけていきました。

くまがや館にて写真とイラストの展示会

くまがや館にて見栄子SHOW
くまがや館にて見栄子SHOW
▼くまがや館の場所はこちらです。


大きな地図で見る

くまがや館にて見栄子SHOW

くまがや館にて見栄子SHOW

くまがや館にて見栄子SHOW

見栄子さんというのは彼女のブログの主人公で架空の人だということがわかりました。
今まで知りませんでしたが、ブログの中の人は見栄子という名前ではないようです。
▼せっかくなので売られていた冊子「見栄子抄」とメモ帳を買いました。

くまがや館にて見栄子SHOW

見栄子さま本人との話

実際には見栄子という名前ではありませんが、ここでは便宜上そう呼んで話を進めます。

8年続けて熊谷の地域情報紹介というメディアとしてある一定の地位を築いている方なので緊張します。
会ってみて最初の印象はブログのようなハッチャケた感じではなくもっと普通の人でした。

でもすごく硬派な印象を感じました。

いろいろ聞きましたが話題にした順番はばらばらです。
でも土下座して謝りたくなるような話もありました。

ブログに広告は載せない

ブログのPV(ページビュー)を聞かせてもらえないかと言ってみたところ、1日に3000超えるくらいかなと言っていました。
その数値が多いのか少ないのかわかりませんが、少なくとも今の僕よりは多いです。

それだけPVがあれば広告収入もそこそこ入るのではないかと聞こうとしたら、自分はブログには絶対広告を載せないと言っていました。
どこかへ出かけて祭りとかの写真撮ってブログに載せてそれで小遣いもらっちゃうのってなんか自分は違うと思うと仰っていました。

まあ要するに自分独自のものではないのでそこから何かを売るようなことはしたくないという主旨だと理解しました。
なるほどそういう考え方もあるかと感じたわけです。

僕はどこかへ出かけた話だろうと、お店の紹介だろうと、ガジェットの紹介だろうと普通に広告を載せていましたから何かその場にいたたまれない気恥ずかしさを感じてしまいました。

そうはいっても「人それぞれ価値観が違うから自分はそうしている」ということを言っていました。

ブロガー同士の交流には興味なさそう

まあじっくりと心の奥深くまで聞いたわけではありませんが、なんとなくそういう印象を受けたわけです。
自分も似ているところがあるので会話の中からそういうキーワードを強く感じ取って強く感じたのかもしれません。

首都圏(東京近郊)ではブロガーが集まってイベントをよくやっているようですが、「そういうところには出かける事はないのですか」というようなことを聞いたと思います。

すると「いや別にそういうのは・・・」みたいな感じでした。
あまり大勢の人のいるところに出向くのは好きではなさそうな印象だったです。
でも埼玉県北部のマイナー飲食店巡りのブログ「マイナー飲食店」の中の人は知っているそうです。

自転車を使って地域巡りをするブロガーが増えていると言っていました。

何しろ硬派

もともと会社勤めしていて、会社の管理しているマンションの住民のために熊谷の情報を配信し始めたのがきっかけで毎日更新すると最初から決めてずっと実行しているそうです。

そのうち会社もやめたけれどブログは自分で自発的に始めた物だから誰かに渡す気もなく、そのまま継続しているのだとか。

そうしているうちに妻沼町(現在は熊谷市に合併)と縁があり妻沼のゆるキャラであるえんむちゃんも考案したのです。
ブログでいろいろ書いているうちに有名になり、あちこちからこういうことも書いてくれという要望をもらうそうです。
そりゃそうですね。
ブログが有名になってきて集客に利用できると知ればお店は良い事を書いてほしいと思うでしょう。

でも見栄子さまは「あくまで個人のブログですから」とブログへの要望は一切お断りしているとのことです。
普通だったらスポンサーになってもらって安定的に収益を上げたいとか思う事もあるじゃないですか。

ところが中立性を絶対的に重要なものと位置づけているのでお店側に偏った内容には絶対にしないのです。
贔屓目に書いた内容って結局「書かされている」というものになってしまって読んでくださる方には「わかってしまうものですよ」といってました。

なるほど凄く参考になる意見です。

自分もどこからか話があっても慎重に対処しなければならないのかなあと考えました。

今日の吉田哲也はこう思ったよ

やはり生でブロガーの方に直接会うのは刺激になるものだなあとマジで感じました。

僕は駆け出しのブロガーですが、一応名刺を渡してきましたので見栄子様がもしかして見に来てくださるかもしれません。
これからはもっと他のブロガーの方にも会う機会を作って行ければネタとしても豊かになるでしょうし、ブログ構築の参考になると思いました。