なぜ?みやげ物のお菓子のビニール包装はポテチのように引っ張って開けられないんだ

この記事は 約2 分で読めます。

土産物のお菓子
目の前に仙台の土産があったので、たまたま息子と雑談しました。
僕「土産もののお菓子ってさあ、このパウチしてあるところで絶対開けられないよね」
僕「スーパーで売ってるポテチみたいに簡単に引っ張って開けられればいいのに絶対端っこに三角の切れ目がついてて破って開けるようになってるよね」
僕「なんでかね」

息子の答えが斬新だった

息子「それは気圧が高くても袋が開いちゃわないようにじゃないの?」

はっ!そうか。
その一言でわかっちゃいました。
土産物って空を運ばれることがあるんですよ。土産だから買った人が飛行機で運ぶ機会がきっと多いじゃないですか。だから気圧の低いところで内圧が上がって袋が破れないようにしっかり強くパウチしてあるんですよ。

逆にスーパーで売ってるポテチとかは土産として消費される機会はまずないといってもいいでしょう。全国どこでも売ってますから。

だから陸路輸送が前提で内圧も上がる事はないと考えれられて袋を開けるときパウチ部分の下をつまんで引っ張って簡単に開けられるんです。

そんなこと言われればなるほどなんですけど、息子に言われるまでまったく想像できませんでした。
恥ずかしい。
ネットでこの疑問を探したら見つからなかったからインターネットに一番乗りで載せちゃう話題です。
1次情報だぜよ。
みんなSNSでシェアしようぜ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
主張
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)