分類できない話

分類できない話

ドラレコ画像とともに語っておく関越自動車道三芳PAにてヒッチハイクしてた学生を乗せた話

この記事はたまたまであった学生ヒッチハイカーを乗せてほんの少し一緒にドライブしたことをドライブレコーダー2台での写真とともに記録したものです。
分類できない話

【葉書】年賀状は廃れる傾向にあるようだけど旅行に行ったら大切な人に絵葉書を出すってクールじゃね?

ときどき旅行に行きます。 旅行に行ったら非日常ですよね。だったらそのとき感じたことを認(したた)めて大切な人に絵葉書を出してみませんか。 旅行に行ったときに絵葉書を出すようにしています。といっても前の山口県への旅行のとき...
分類できない話

【異様】ネタはどこにでもある!某大型ショッピングモールで見られるネタの例

この記事に掲載されている写真はすべて本文とは関係ありません。 あるショッピングモールへ行ったらこれってネタになっちゃうじゃん、美味しく頂いちゃいますとお礼をいいたくなるような光景を見たのでここに残しておきたいと思います。 ...
分類できない話

女が男に望む結婚前には辞めて欲しい趣味を読んで女こそ結婚後にやってる趣味がうぜえって思った話

こんなネタがあったから一通り読んでみたんだけど、まあまあ自分のまわりにも似たような傾向が見られる人がいるかなあと思って感心したんだ。 「結婚する気」があるならやめてほしい男性の趣味 賭け事やゲームなど - ライブドアニュース でも、...
分類できない話

大人になった今は職場で多様なバカに囲まれているけど中学生のときは凶暴なバカどもに囲まれていたかなって思う

いつでも周りにバカはいるものです。もちろん他人から見たら自分も部分的にはかなりバカなところがあるはずでお互いバカだと思って暮らしているのが日本社会の良い平和ボケ加減なのだと思っています。 さて熟成した昔のバカなやつのネタを最近つぎつぎ...
分類できない話

隣の騒音がうるさかったので控えてもらうよう傘連判状を回覧板で回してみたらハシゴ外されて村八分を感じたでござる

隣の家のバイクの音が休日になるとやかましくて困っております。 以前窓のシャッターを下ろす音がフランス革命当時の死刑執行人サンソン(Amazonリンク)の生まれ変わりではないかと疑われるようなご近所のことを書きましたが、今度は反対側...
分類できない話

小学校1年生のときの学級誕生日会で自分の性格を決定的に思い知らされた事案

画像引用元:Free Stock Photos: High-Res Images for Websites & Commercial Use 随分昔の黒い歴史話をずーっと温めていて、もう十分熟成されたことかなと思って公開し...
分類できない話

某病院に行って感じたこと それは医者もパソコン使うのもっと慣れたほうがいいんじゃねってこと

老いた母が病院で診察を受けるという話になりまして、その診察自体は別に深刻な内容ではないので置いておくとして、今回耳の悪い母に耳代わりとして付き添って病院の診察室で感じたことを残しておきたいと思います。
分類できない話

すぐキレる嫁には何が必要か

たてつづけにキレる嫁さまを目の当たりにしたので記憶が新鮮なうちにネタに昇華させてしまえと一筆啓上。
分類できない話

漠然と夢を追っていた10代〜20代前半とブログを書きながら僅かな希望をもつ現在

Macのタイムマシーン(バックアップシステム)の調子が悪いので全取っ替えしようとしてディスクの中を見ていて発見した昔の写真。 これは21か22才のときだったような。 このときは夢を見ていました。夢に溺れていられて幸せな時期だったとも...
分類できない話

「そだねージャパン」の「そだねー」語源は埼玉弁「そうだいねー」だと思う埼玉県民の自分

Hochi Photographers/スポーツ報知写真部さん(@hochi_photo)がシェアした投稿 - 2月 23, 2018 at 8:37午前 PST 平昌オリンピックのカーリング女子がそだねージャパンと呼ばれて...
分類できない話

毎週のように娘たちとドライブしている今が楽しいピークかも

ホンダN-BOXを買って乗るようになって早4ヶ月半となりました。 自分ではほとんど支払い負担をしていないのにも関わらずほぼ毎日通勤で使わせていただいているのはもちろん週末には家族(といっても女子だけですが)と出かける機会が多く...
分類できない話

毎日帰宅して晩御飯を作る気がなくなった変化点について

ここ数年来、それまで在宅ワークしていた嫁氏も働きに出ていて、それにより職場が近い自分が一番に帰宅することが多いので晩御飯を作っていました。 最初のうちは作ったことのない料理をいろいろ作るのが楽しくていくつか作った作品を記事にしたりもし...
分類できない話

会社の作業着の第一ボタン修繕

会社の作業着の第一ボタンがないまま何年も経過しておりまったく自分の性格同様だらしない状態が慢性化していた。 なぜか? とれてしまったボタンをつけるのは妻の仕事という固定観念が何年も自分の頭の中を支配していたからだ。 そ...
分類できない話

酒飲めないけど女子をモノにしたい野郎のための落とせる喫茶店まとめと技少し

ブログを始めてから何件となく喫茶店巡りをしている目的は落とせる店かどうか見極めたいのです。 なぜなら心は独身男子だから。 パンダもそうだし、堀北真希もそうだけどこの世に生きとし生けるものの至上命題は「子孫を残すこと」だろ。 ...
分類できない話

おしっこしたあとと運転席座ったときに必ずおならがでる事案と共通する条件についての考察

よくおならがでます。そして臭いです。 我が家族はめったにおならをしませんが、自分一人だけ豪快にこきまくります。 もちろん家族ですからその場に居ようとおかまいなしにこきます。 外国ではゲップのほうがおならより失礼にあたる...
分類できない話

東京へ出張さ行ぐと驚くことが色々あるだで新鮮だから披露しよう

タイトルで随分訛ってしまってますが普段はそこまで訛りはないつもりです。それでもきっと「本物の」東京の人が聞いたらこいつ埼玉から来たなってばれるでしょうね。 何年ぶりかで「東京に」「電車で」「出張」にでかけました。我々の会社は埼玉から東...
分類できない話

食器洗い乾燥機にセットするのってそんなに難しいのか

うちではなぜかぼくが食後の食器洗い担当です。といっても食器洗い乾燥機(以下食洗機)にセットするだけなので難しくも面倒でもない(少しは面倒かな)のですが、なぜか家族は皆セットするのが苦手のようなのです。 なぜなのでしょうか。 ...
分類できない話

じゃがいも不作でポテチの一部販売終了のニュースとともに売り場でおっさんたちが買い込む図

じゃがいもが不作で大手メーカーがポテトチップスの一部種類を販売終了したというニュースが報じられました。 なにも販売終了しなくても販売休止にするだけでいいのでは?と思いましたがきっとなにか理由があるのでしょう。 それはともかく...
分類できない話

身も蓋もない表現だけど非婚化(と少子化)って結局(男の)性欲次第じゃないのかな

見合いしたあと3度めの食事がハードル高いとかいう記事がありましてなるほど結婚を決めるのは最終的には男なのねってやや納得しました。 「3回目の食事」前に必ずフラれる男性の特徴 | 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス- | 東洋経済オン...
分類できない話

タトゥーでの入湯可否と公共施設での喫煙か禁煙かは似たような問題に見えるがタトゥーは国境を超えられない文化

最近見かけた記事でタトゥー(入れ墨、刺青)を入れた人を入浴施設で断るのは是か非かという議論がありました。 世界的にはタトゥーは流行的要素が強いのだから日本も世界の例に倣って公共浴場は禁止するべきでないとする意見がある一方、やは...
分類できない話

男の人が気づかないところで嫁さんはあらゆる家事をこなしている、そして家族での分担について

50才近くになって、奥さんが外に働きに出るようになり家事を少し余分にやるようになりました。それまで奥さんは仕事をしていたとはいえ家にずっといたので暗黙のうちにほとんどすべてお任せしてしまっていました。 平日は自分のほうが早く帰宅す...
分類できない話

Facebook開いたら取引先それも嫌な客先の人が友達候補に出たらどうするか

Facebookをときどき開きますが、個人的な書き込みは滅多にしません。リア充じゃないのでwww リア充かどうかは別にして友達じゃありませんか?みたいな余計なお世話をFacebookはしばしばサジェスト(提案)してくれます。 ...
分類できない話

遠くへ旅行する話を漏らすと絶対行くべきというオススメの店とか強烈に勧めるお節介は辞めてくれ

旅行は楽しいものです。前もって旅行に行くと誰かに話すと必ずといってよいのがそこへ行ったことある人から 「どこどこのお店が美味しかったから行ってみて」 「どこどこは見といたほうがいいよ」 などのオススメ情報。 そんなのこっ...
分類できない話

2016年11月某日結婚25周年記念に夫婦での旅行の足しにと親から小遣いもらって考えたこと

2016年はぼくと妻が結婚してから25年の節目だ。よくぞ25年持ったものだと我ながら感心することしきりである。ぼくほど人に対して飽きっぽい人もいないと自分で思うくらい人に対してサバサバしているのだ。 何かの節目のようなときには親が多少...
SPONSORED LINK