いきなり坊主丸刈りにして周りの人に「どうしたの」と聞かれたらなんと答える?

この記事は 約5 分で読めます。

2016-10-09-08.36.32.jpg
先週(10月9日)にバリカンで坊主にしました。坊主にするのはおそらく5年ぶりか6年ぶりかぐらいです。そして職場に行くと何人かの人は驚いた顔をして「どうしたの」などと聞いてきて、何人かの人は全く無関心です。

無関心な人たちはほとんどの場合お互いに無関心なのでどうでもいいんです。その中には本当に敵で消えろって心から思っている人もいたりしますが。

そんな無関心な人たちのことはさておいて「どうしたの」と聞いてくる人たちにどうウィットの効いた答え方をするかが問題です。

なかなか「どうしたの」なんて聞かれる機会はありませんよね。大怪我して松葉杖でもついて出社するとかそういうとてつもない変化が目に見えるときか「丸刈り坊主」になったときぐらいです。

そしてぼくが用意しておいた答えはだいたい3つなんです。

スポンサーリンク

坊主頭をどうしたのと聞かれた時に用意しておいた答え

答え1:反省

まずテレビなどのメディアでもときどき見かけることがある反省というのが坊主にする主な理由というか現代日本社会においては丸刈り坊主にするというのはこういった「制裁」の意味しかないのではないかとすら思えるほどネガティブなイメージの坊主。

坊主でサマになっている人は最初から坊主なんですよ。たとえば街を歩いているイケメンで坊主の人は物心ついたときから坊主でイケメンなんです。だからその人はリニューアルしても「どうしたの」なんて聞かれません。デフォルトが坊主だから。

そこへいくとつい昨日まで普通のリーマン風ヘアだった人がいきなり月曜日から坊主で出社したら普通の人なら「おや」と思い、さらにもうちょっと親しい関係であれば「どうしたの」と問うでしょう。

そこでもっともオーソドックスで当り障りのない答えが「いやあ反省しないとなんで」などと答えるのです。そうすると相手も期待通りの答えなので安心して「ああ、きっとなにかやらかしたのね」などとは思わず、心境の変化なのだろうと察してくれます。

これはなにがあったか聞いてくる人たちでもあまり親しくない人たちへの答えとしてもっともありふれています。

しかしこの反省というものをもっと深掘りしてみると意外と話が発展する可能性を秘めています。もっともありきたりの答えではありますがこれが浮気がバレて反省してますとでもいうと「お、こいつ浮気する甲斐性あるんかい」と相手様はすこしあなたのことを見直すでしょう。あるいは女性であれば「え、この人そんな浮名を流すような人なの」なんて興味を持たれるかもしれません。まあ妄想ですが。

答え2:失恋

女性なら髪の毛を切る理由のトップが失恋であるというのはもはや過去の話でしょう。現代日本においては失恋で髪の毛をばっさりと切ったなんて知られた日には周りから逆にボロクソ罵られるか違う意味で憐れみをうけるのが関の山です。

したがって女性の場合もはや失恋→短髪という図式は当てはまらない(と思う)。とくに都会ではね。田舎はまだまだ時代が遅れているので十分あるかもしれないけど。

そして男性です。男で失恋して髪を切ったなんて話はとんと聞いたことがありません。そこであえて坊主頭を「どうしたの」と聞かれたら「フラレました」とか「失恋しちゃいました」と答えておくのです。

まあちょっとネタにカビが生えたような感じなので相手を見てこの答えをするようにしましょう。こういう答えをダイレクトに受け止めてくれるのはそう・・・ちょっと自分より年代が上で飲み会でオヤジギャグを連発しそうな人です。そういうタイプの人なら「失恋したので・・・」とか神妙な顔で答えればバカウケすること間違いない。

でもだいたいはスルーされる可能性が高いです。

答え3:完成

もっともインパクトとしてしばらくのあいだ使えそうな答えは完成に関する答えです。そして筆者は社内のトップでもっともインテリ(宮城県のT大卒)な人から聞かれたときに答えました。

「どうしたのその頭は?」
「コンプリートしました」

そのトップはニヤリと笑いました。実に高レベルでコールアンドレスポンス(呼応)が成立した瞬間でした。この答えはある程度インテリな人が相手でないと通じません。なにしろコンプリートなんて言葉の意味をわかるのは今時の子供か多少学歴のある人です。

それ以外、たとえばパートのおばちゃんとか現場のおっさんとかにはほぼ通じないと考えて間違いないです。だからこの「コンプリートしました」という答えは非常に繊細で相手を選びます。ヘタするともちろんスルーされるし、もっとヘタすると怒られます。なにわけわかんねーこと言ってんだ!とかって。

だからある程度相手のオツムの中のレベルが25等級ぐらいの人を狙って言わないとちゃんとヒットしません。

まとめ

このように坊主頭になったぐらいで何人かの人たちが「どうしたの」なんて聞いてきてくれる職場で働けてボクは幸せなのかもしれません。別に話題のために坊主になったわけではありませんが、誰からもなんの反応もなかったらそれはそれでちょっと寂しいものです。

ところでなぜコンプリートするのか?という疑問をこれを初めて読んだ方は持つかもしれません。それは中途半端に禿げているよりはすべて無くしてすっきりしたほうが潔いということです。

まわりにいる中途半端でいる人にもコンプリートしちゃいましょうよといってやりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
分類できない話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)