おしっこしたあとと運転席座ったときに必ずおならがでる事案と共通する条件についての考察

おしっこしたあとと運転席座ったときに必ずおならがでる事案と共通する条件についての考察

Onara
よくおならがでます。そして臭いです。

我が家族はめったにおならをしませんが、自分一人だけ豪快にこきまくります。

もちろん家族ですからその場に居ようとおかまいなしにこきます。

外国ではゲップのほうがおならより失礼にあたるという話を聞いたことがあり、国際化の進む現代にあってはおならは社会的にもっとも忌むべき生理現象ではないという認識が一般的なものになりつつあります。

そして2つの条件のときによくこの事案が発生するんです。

スポンサーリンク

おならがよく出る2つの条件について

おしっこをしたとき

おしっこをよくトイレでします。もっとも逆にトイレ以外の場所ではしなくなってます。まだトイレ以外の場所でするには恥じらいがあり、恥知らずな年には達していません。

ほとんど立ってします。

そして全部出し終わったあとに尻から「ぶぶぶぶぶぶぶぶー」という感じでおならがでます。

会社のトイレだと誰か他の社員と一緒になることがあり、他の人はおしっこの出終わった後おならを出している気配がありません。

他の人はおしっこが終わった後おならを出したくならないのでしょうか。人それぞれ違うとはいえ不思議です。

自分は5回に4回はおしっこのあとおならがでるのです。

運転席に座ったとき

クルマを運転しようと運転席に座ったときにもおならをしたくなります。

一人だったらまだ遠慮なくできますが、家族とドライブするときにはブーイングの嵐です。

家の中ならともかくクルマの中というのは狭い空間ですから1人のオナラの占める割合が大きいので匂いの被害を与える危険がそれだけ増すのです。

他人のおならというのは不快なものです。ゲップとどっちが不快かというとまったく究極ですがまだおならのほうがマシかなという気がする程度です。

そしてなぜか運転席に座った直後に屁をこきたくなるのです。

家族でそういう体質の者はおらず自分一人です。

2つの行為に共通していることは

考えてみました。

しかし片や立っていて片や座っています。共通点などないように思えます。

しかしそれでも見つけました。

運転席に座るときはややゆったり座り背もたれに背中をつけて座ります。背筋を伸ばして姿勢良くという座り方ではありません。つまりあるていど腰が伸びた座り方なのです。

おしっこを出し終わったあとも実はこの運転席に座ったときと近い姿勢になるのです。

おしっこをしている間はどちらかというと腰を前に突き出している姿勢ですが、出し終わるとやや前傾姿勢になりませんか?

それと同時に下腹に力を入れて最後の数滴を絞り出そうと力みます。

運転席に座ったときもシートベルトを締めたときに「腹が覚悟して」力みます。また足はブレーキやアクセルを踏む準備のために下腹に力みを加えます。

つまりいずれもこうです。

  1. 前傾姿勢になる
  2. 下腹に力を入れる

という2つの条件が重なったときに屁をこきたくなるのです。

ただし必ず誰でもというわけではないのです。体質というものが大きく絡んできます。

自分は腸が弱いのか牛乳を飲むとすぐ便が緩くなります。そして同時にオナラが頻発します。文字通り頻発です。

かなり臭いオナラの自信あり

こんなことに自信を持っても仕方ないのですが、ほぼ臭い屁しか出ません。

理由はおそらく腸内で臭いうんこと一緒に滞在しているガスなのでほぼうんこの匂いが付着しているのでしょう。

おならが臭い=うんこが臭いだと理解しています。

そしてうんこが臭い=腸内の状態が良くないだとも理解しています。

そして腸内の状態が良くない=口に入れるものが悪いだと理解しています。

ほぼ毎日野菜中心の食事を摂っているにもかかわらずオナラが臭いってもはや体質なのかなとも思いますがなんとかしたいという気持ちも多少はあります。

少なくとも車内でオナラを透かしたときに気づかれずに済みますから(笑)

オチ

特にこれといったオチはないのですが、これからもこういう身体とつきあっていかなければならないでしょう。

せめて他人様がいるところで癖でつい「ブホ」っとやってしまわないように気をつけたいものです。

個人的には牛乳を飲まなければかなり予防できると思っています。



スポンサーリンク

このブログをフォローする