身も蓋もない表現だけど非婚化(と少子化)って結局(男の)性欲次第じゃないのかな

この記事は 約5 分で読めます。

family家族
見合いしたあと3度めの食事がハードル高いとかいう記事がありましてなるほど結婚を決めるのは最終的には男なのねってやや納得しました。

結婚を決断するのは男
「3回目の食事」前に必ずフラれる男性の特徴 | 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス- | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

恋愛は男女の対等関係だけど結婚するとなるとどうしても女と男で立場の違いが鮮明になるとか。日本だとね。

で、ちょっと思ったんだけど、なぜ今、日本って結婚しない人が増えてるのかなあって思ったら性欲弱くね?ってビンビンに来ちゃったんです。

性欲が弱いと女の人と近づきたいなって思いませんわな。
逆に性欲が強いとなんとかして○○したいって思いますわな。

もっとえげつない表現をすると結婚すればとりあえず10年ぐらいはタダでできるかなって思うんです。

え?思わない?うそつけ偽善者(笑)

そうですね。性欲がすべての根源ですよ。これは誰にも否定させません。文豪トルストイが100年以上も前に「クロイツェル・ソナタ」で言ってるわ。今だにこの本が売られている事実が真実を物語っています。

性欲があるから女性にもてたいと思うし、性欲があるから女性にプレゼントします。

性欲があるからイケてる車を手に入れてドライブデートしたいと思います。クルマ離れはセッ○ス離れの裏返しだ。

すべての経済活動のエネルギーの源泉は性欲といっても過言ではありません。

その証拠に日本の少子化の進み具合と経済の沈滞化の相関関係を調べてみて下さい。本当はどこかからグラフ引用するべきだけどたぶん無くても想像できるからいいでしょ。

ではなぜ日本人の男の性欲が弱くなったか。

スポンサーリンク

すべての根源は性欲にあり

1.肉体的ストレス

日本人のホワイトカラーの生産性は世界でも群を抜いて低いといいます。その低い生産性をおぎなうために長時間労働をせざるをえません。時間外手当が出る出ないにかかわらずです。そうなると肉体が疲弊して性欲どころではなくなります。

よく学生のころは(有り余った性欲を掃くために)運動しろって言われしたね。そう、運動して肉体が疲労すると性欲が落ちます。(個人的経験)

2.はけ口インフラが充実しすぎwww

インターネットの普及とともにアダルトサイトも無数いやアダルトサイトによってインターネットが急速に普及したといっても過言ではありません。

そんなインターネットの普及に一役買ったアダルトサイトが逆に種の存続を脅かすとは皮肉な話です。

アダルトサイトは今や画面で動画を表示するだけにとどまらずVRとかいうツールを使えば立体的に見えるようになっているのです。もはや次の段階はぐにょぐにょしたナニかで連動して刺激するか、脳に直接信号を与えて特定の部位の神経を刺激して性的快感を得るようにするという開発もありえない話とは誰が言い切れましょうか。マトリックスの世界です。

そうなると仮に性欲があっても実在の女性にアプローチする気などなくなりますよね。インターネットの世界ではよりどりみどりで何時でもどこでも(憶測)自由にできるのですから。

3.性別がはっきりしない

女性の男性化だの男性の女性化だのという現象が言われて久しいですが要するに性がはっきりしなくなってきています。ただ体が違うというだけで中身は似てきているとか。

仮にそうだとすれば男は抱く気になるでしょうか。ゲイでもないかぎり男を抱いているような気になったら萎えます。

男は男らしく、女は女らしくというフレーズは現代では死語あるいは禁句のように忌避されています。しかしお互いの境目がなくなってくると果たして子孫を増やしたいという欲(≒性欲)は高まるでしょうか。

解説と対策

1については人それぞれだし、3について深追いして書きすぎると炎上の懸念があるので3だけ解決策を提案します。

あまりつぶさに観察しないので少子化対策ってきれいごとばかり議論しているように見えますが、製造業でよく使われる不具合撲滅アプローチである「なぜなぜファイブ」を利用して解決策を導きましょう。なぜを5回繰り返して真因を究明するのです。真因を見つけ出してそれについて対策しないと再び不具合が発生するのです。

子供が減る
なぜ子供が減る?→やらないから
なぜやらない→結婚しないから
なぜ結婚しない→やりたいと思わないから
なぜやりたいと思わない→おかずに不自由していないから
なぜおかずに不自由していない→VRだの豊富すぎて十分パラダイスだから

逆に言うと
バーチャルとリアルと両方面での風俗産業の規制強化→春画ぐらいしかない→おかずに不自由→やりたい→女性に積極的にアプローチ→結婚する→やる→子供産む

つまりそれくらい思い切った政策をしないと少子化に歯止めはかからないのではないかと思います。もちろんこれだけで結婚して増えるとも言い切れませんが。

子育てしにくい社会とかいってたってそれが改善したとしても出生率がコンマいくつ増えるかどうかじゃないんでしょうか。

あとは結婚しなくて子供産んでも普通に社会が認める空気が必要ですね。婚外子だと白い目で見るとか先進国じゃないでしょ。

あと最後に大事なこと。低所得者や低学歴ほど簡単に子供を作ってしまう傾向があるというのは統計上明らかなことのようですので上記の政策(風俗規制)は高所得者に限りましょう。逆に低学歴低所得者にはバーチャルでの快楽を充実させるインフラ整備をするべしです。原資は子供を作る必要のない富裕老人です。

あとがき

いつのまにか結婚=エッチと履き違えているような内容ですがあながち支離滅裂な話でもないと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
分類できない話
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)