寒くなってきたので初めて手袋を物色する

この記事は 約3 分で読めます。

11月ぐらいになると寒くなってきて自転車に乗るときも素手では辛いかもしれません。
自分は手袋といえば毛糸の手袋か、アクリルの指出しタイプ、またはスキー用のゴワゴワしたものしか持っておらず自転車用のグローブなど考えたことはありませんでした。
でも自転車でよく走り回るようになってすれ違うカッコイイライダーたちがこれまたカッコイイグローブをつけているのをしばしば目にし、これは持ちたいと思うようになってきました。

さて、グローブといってもAmazonでグローブを探したらかなりいろいろありまして迷います。

まあそんなに高価なものは買えないのでそこそこコスバが良さそうなものを探すのに時間がかかるかもしれません。そんなふうに時間をかけて探しているうちに冬が終わりグローブのいらない季節になってしまうかもです。

そんなことにならないように速やかに手袋を物色して決めたいと思います。
まあ大方決めたので近々注文してしまおうと思ってます。

自転車用手袋は買ったことがないので最初の1双目は授業料だと思って半ば失敗覚悟で買う覚悟もいるでしょうね。もちろん失敗しないに越したことはありませんが、いまどきは何を買っても中国製ですから当たり外れが大いにあります。例えばこのグローブのレビューを読んでみると大体は高評価なのですが、低い評価の人のレビューを読んでみると高評価の人のほぼ間逆のことが書いてあります。

これこそチャイナリスクの一つだと思います。ですのであまり高価なものを購入せずに適当な値段で様子を見ようと思います。

ところで、グローブというのは売られているサイズがMとかLとかですが、果たして自分の手はどのサイズなのかと疑問に思ったことはないでしょうか。わたしも疑問に思っていました。下記サイトにサイズの調べ方が載っていましたのでリンクを載せておきます。
グローブサイズの選び方
結構評判が良いのがあったので近日中に買おうと思ってます。値段もそれほど高くはないのではないかと思います。

パッドつきだとハンドルを持つ手が痛くなりにくいのでしょうけれど、シリコンタイプとジェルタイプと市場にはあるようです。どちらが良いのか?
指出しタイプと指まですっぽりタイプとありますが、どちらが良いか迷いますね。指出しの方が当然便利ですが、真冬は絶対寒いです。
まさしく暖かさと便利さのトレードオフです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自転車用品ハード系
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)