スマイルホテル名古屋駅新幹線口

この記事は 約4 分で読めます。

2022年10月28日と29日で二泊したスマイルホテル名古屋駅新幹線口店について残しておく。

あとで自分で参考になるときが来るかどうか不明だけど、もしかしたら世の中の誰かが参考にするかもしれないので公開する。

スポンサーリンク

スマイルホテル名古屋駅新幹線口

場所

駅から徒歩数分なので無料駐車場はなし。近くに時間貸しの駐車場なら無数にある。

室内設備

名古屋駅新幹線口スマイルホテル 名古屋駅新幹線口スマイルホテル 名古屋駅新幹線口スマイルホテル 名古屋駅新幹線口スマイルホテル 名古屋駅新幹線口スマイルホテル

ユニットバス

浴槽はすぐそばの第一富士ホテルと比べて広めである。もっともお湯はりをしなかったのでそれほど影響は大きくないが。

便座は自宅のトイレと比べて小さめだ。これは前日に泊まった第一富士ホテルも同じぐらい小さかった。

部屋の広さから仕方ないのかもしれないが座ったときに自分の息子が便座に触れてしまうくらい小さいのでいくら消毒済みとはいえちょっと困った。

蛇口は第一富士ホテルのそれと比べて長めだった。あまり影響はないが洗面槽の中での可動域が多少自由になるので顔を洗うときに少し重宝する。

アメニティ

アメニティはだいたいエレベーターホールから必要なものを持ってきて使う。

部屋に置きすぎていないのは安いので合理的といえば合理的。

部屋に置いてある消耗品はティッシュとシャンプー、リンス、ボディソープぐらい。

逆にエレベーターホールに置いてある消耗品は

  • 寝巻き
  • 歯ブラシ
  • カミソリ
  • ブラシ
  • インスタントコーヒー、紅茶
  • 耳栓
  • 使い捨てスリッパ

など

部屋の仕様

鍵はカードではなく自分で挿してひねる昔ながらのタイプであった。

さらに鍵についているスティックを部屋に入ってすぐの壁にある穴に差し込むとそこがブレーカーになっていて部屋の電気が使えるようになるタイプ。

つまり部屋から出るときはそのスティックを抜くので不在中には部屋の中は通電せずしたがって不在中にパソコンやらモバイルバッテリーを充電したくともできない。これちょっと嫌な仕様だ。

ハンガーは多めでクローゼットがドアはないが独立して確保されていてコートを掛けておくのによかった。第一富士ホテルはこれがなく壁掛けでハンガーも2個だった。そんなになくとも間に合うといえば間に合うが。

ベッドはセミダブルで1人で寝るには個人的には十分といえた。ただ気のせいだと思うがなんとなく傾斜しているような感覚を覚えた。たぶん気の所為。

角部屋だったので昼間は明るかった。といっても昼間は部屋にほぼ不在なのであまり関係ない。

テレビが小さい。第一富士ホテルでは32型ぐらいのテレビが置いてあったがスマイルホテル名古屋駅新幹線口店は目測であるが22か24ぐらいの大きさだ。あまりにも小さすぎてまったく電源を入れる気にならなかった。

机はそのテレビ台と並んでいる。テレビが大きければノートパソコンを机に置いてダブルディスプレイでちょっと作業したかったがその気にならないテレビで残念。

共用スペース

2階の設備

2階に飲み物の自販機を電子レンジがある。飲めない自分は夕飯をホテルから徒歩2分程度のコンビニで買ってきてレンジで温めて食べた。助かる。

食堂

一階には食堂がある。朝食付きのプランを選ぶとその食堂で食べるよう指定される。

朝食は和洋どちらかを選択しテーブルまで運ばれてくる。その和洋どちらかのほかにお茶漬けバイキングというのもセットでついておりこちらは自由に食べ尽くすことができる。

もっとも普通に一食分食べたあとでバイキングだからって食べる気にはならない。そのほかに飲み物(ジュース数種、コーヒー、紅茶、牛乳など)飲み放題もセットでついている。

朝食ならこれで十分。

ズボンプレス

各階に1台ずつ置いてあるっぽい。エレベーターホールにあった。

感想

大きな不満はないのだが、電源を多用するガジェオタにとって部屋からでるときにパソコンやモバイルバッテリーに充電が進まないのはちょっと致命的かなと思う。

それがなければ申し分ないが、それのせいでマイナスポイントが大きい。

基本的に一度使ったホテルは二度は使わない(ネタにならないから)からどうでもいいが、スマイルホテルチェーンはすべてこの電源仕様だとすると今後どこへ行くにしても選択肢から外さざるを得ないかもしれない。

 

タイトルとURLをコピーしました