タイガーの炊きたて炊飯器が届いてフッ素コーティングの(当面)混入していないご飯が食べられる

タイガー炊飯器
タイガーの炊飯器JKJ-B180が到着しました。
お金を振り込むのはわずかな面倒くささがありましたが、結果的には振込み後迅速に荷物が届き料金も調べた範囲では最安値で買えたのでよかったと思います。

12月2日の夜に注文申し込みをして12月6日午前に品物が届きました。

カインズでJKJ-C180を見てからのスピード発注&着荷です。

今回購入したOKジョンという店は大阪の日本橋にあります。
概ね問題ないのですが、気づいた点を書いておこうと思います。

  1. 振り込みか代引きのみの支払い条件というのは低価格なので仕方ない
  2. OKジョンのサイトの注文画面で延長保証を申し込む正式な選択肢はない
  3. 任意入力項目
    ◇延長保証をご希望で商品を複数点お求めの際どの商品を延長保証(別途料金)にご加入頂くのかご記入ください。

    という項目を読んだ限りでは単品を買った場合の選択肢について言及されておらず注文後に改めて申し込みをするのか(以前別の店での買い物で後申し込みしたような記憶があった)不明でありそのままなにも書かずに申し込みしたら後の注文確認メールでもなにも配慮がなく結局自分で電話をかけて問い合わせをした。
    電話にでた担当者の方は「判りづらくてすみませんでした」でもなく、「注文時に申し込んでもらわないと」だめですよということをおっしゃっておられた。

結局この電話で承りましたから振込みのときに1050円加算して払ってくださいという話で収まった。

あまりよい印象を抱いていないように思われる内容ですが、実際はモノが問題なく動作すればこれらのことはそれほどたいしたことではありません。

なにしろかつてH社の電子レンジ、N社の小型カメラでは数ヶ月以内で初期不良が起こり交換してもらいました。

最近の延長保証というシステムは非常に安心するシステムです。いくら日本のメーカーの家電製品とはいえ中国で作るようになってから久しいこのご時勢ですから1年経ったら使い物にならなくなるという憂き目には遭いたくないものです。実際にそういうこともありました。

商品代の数%の延長保証料を払うだけで5年間は安心して使えるのは非常にうれしいです。5年間なにもなければおそらく当たりと捉えてもいいのではないでしょうか。きっとその先数年も故障など起こらず機能してくれると思います。

タイガー炊飯器
梱包は一般的で補強のダンボールが上下についていました。
タイガー炊飯器
やはり何にしても新品を手にするのは良いものです。一種の感動です。
タイガー炊飯器
大きさは従来使っていた10年物の1升炊きとほぼ同じで中身は進化してもやはり容量はそれほど小さくできないのかなと感じます。
IMG_06タイガー炊飯器65
従来の1升炊きは東芝製でしたが真上からみると真円に近い形状でした。こんどのタイガー炊飯器JKJ-B180は縦方向に長くて横方向は狭めです。
タイガー炊飯器
この内釜が軽くなっているようです。
嫁に言わせるとずいぶん軽くて洗うのが楽そうなようです。
エコ、白米、極うま、玄米、おこわなどの炊き方のバリエーションがあるほかにパンが焼けます。
タイガー炊飯器
晩御飯のための最初の炊き方は極うまにして炊いてみました。
炊きたてとはいえモチモチとした食感になったのが明らかにわかります。
ちょうど昼に別の小型の炊飯器で炊いた同じ米を食べたばかりだったので違いが鮮明にわかりました。

極うまという炊き方とエコという炊き方の違いはまだ確認しておりませんので確認するつもりですがきっと最新型に近い炊飯器なのであまり差はわからないのではないかと思います。

極うまという炊き方の方が断然時間がかかりエナジー的にはかかります。上の写真でみるとわかるようにエコと極うまで水の量が微妙に違います。極うまのほうが少し水分量の多いもっちりしたご飯が炊けるということなのでしょう。

まあ、おいしいご飯かつ、フッ素コーティングの混入していないご飯を食べられるようになってよかったです。

タイガー炊飯器
最後に延長保証の確認もできました。
5年間は故障の心配をすることなく安心して使えます。

ごはんといえばもち麦がダイエットに良いとかなんとか聞いたことがあります。時期にもよりますがもち麦を大量に売っていた農産物直売所についての記事はこちら。

東松山農産物直売所いなほてらす2016年開業で先進的な建物/大里町でもち麦発見
東松山農産物直売所いなほてらすというところで野菜を大量に安く買えないだろうかと期待して行ってみました。 どうやら新しく出来た直売所のようで着いてみると真新しい建物とキレイな駐車場で、いつのまにこんなキレイな直売所ができたんだと驚きまし...