windowsほとんどの場面で使える拡大縮小簡単操作

EXCELを使っていて画面の一部分しかデータ入力しないときに、お年を召してくると画面を拡大して見たいなあというときがあると思います。

かくいうぼくがそうなのです。

windows画面を拡大したいときはキーボードのCTRLを押しながらマウスのホイールを向こうへ転がすようにするとズンズンと拡大されていくのです。縮小は逆にCTRLを押しながらマウスホイールを手前に転がすようにするとできます。

そんな拡大縮小の小技ですが、ほかでも使える場面があったのです。

それはデスクトップに置いてあるアイコンがちょっと小さくて見えにくいなあと思ったらデスクトップをクリックしてCTRLを押しながらマウスで同じように操作してみましょう。アイコンが大きくなったり小さくなったりするでしょう。
デスクトップのアイコン小さい

デスクトップのアイコン大きく

このようにwindowsは同じ操作をすれば同じ結果が期待できるようにアプリが作られています。他のOSでも同様の設計思想でつくられていますが、WindowsとMacとAndroidとiOSではそれぞれ思想が違うのでどれでもCTRLを押しながらマウスホイール回転で拡大縮小というわけではありません。

ちなみにwindowsでCTRL+マウスホイール回転で拡大縮小という動作はOfficeアプリ、デスクトップアイコン、Google ChromeのほかExploreでもできました。

きっとほかのアプリケーションソフトでもちゃんと作ってあれば同じような操作で拡大縮小ができると思います。

覚えておくと操作が楽になるテクニックです。