wordpressのプラグインを更新してブログが表示されなくなった対処

この記事は 約6 分で読めます。

Wordpress
WordPress Photo by Huasonic

素人のくせに生意気にもwordpressというコンテンツマネジメントシステム(以下CMS)を使ってブログ運営している吉田哲也です。

今日昼間約30分間は生きた心地がしなかったので、この失敗をほかの方にしてほしくはなく恥さらしとわかっていますがシェアしておきます。

大問題になったとはいっても一応の解決はしたのでこれが書けているわけですから。

スポンサーリンク

第一の問題

そうはいってもwordpressを使ったブログの話です。
wordpressというCMSのバージョンアップの通知が来ました。

3.7に上げられますよというものでした。

本来ならバックアップをちゃんと確認するという行為をしてからバージョンアップに望むべきなのに、ブログ記事を4本ぐらい立て続けにリリースして気が大きくなっていたのか、魔が差したのかほとんど考えずアップデートをクリックしました。

無事にアップデートは完了したようです。

そこまでは多分問題なかったのだと思います。

しかし第一の問題はwordpressのアップデートの前にバックアップを取ってあるかちゃんと確認しなかった点です。
といってもBakWPupの使い方がいまいちわかりません。

毎日バックアップを取っているようなのですが、戻し方がわからないのです。
バックアップというのは戻せるところまで確認できて作業が完結ですからね。

今のところデータ消失はありませんが片手落ちなんです。

第二の問題

記事を連続で4本ぐらい書ききって気を良くしたのか、wordpressのアップデートに引き続いて間を空けずにプラグインのアップデートもしてしまいました。

本来なら一つなにかアップデートしたらその動きの安定性をある程度の時間使って確認するまでは次の変化をさせるべきではないのです。

こんなことは普段の仕事でもわかっていることなのに個人的なことだから油断していました。

何日か時間をおいてから他のソフトウェアのアップデートをするべきでした。

その問題となったプラグインとは「Tweetily」というものである時間間隔でブログの記事を再ツイートしてくれるという機能を備えた物ですが、前々からうまく動いていませんでした。

うまく動いていなかったプラグイン機能なのでインストールはしてありましたが、無効状態にしてありました。

それをほとんど無意識にアップデートして、さらに有効化してみたのです。

wordpressのバージョンが変わったからうまく動かなかった物がよく動くようになるかなという期待がありました。

それがいけませんでした。

なにが悪いのか、どこのコードが悪さをしているのかわかりませんが、ブログの表示がおかしくなりました。

簡単に言うとブログを表示しようとすると画面いっぱいに意味の分からないプログラムコードらしきものがぎっしりと表示されました。

下にスクロールするとなぜか通常のブログ内容も文字化けしながら表示されていました。

これでは誰も読む気になれません。
ただどうやらブラウザの戻るボタンで前の画面に戻ることだけは辛うじてできます。

試行したこと

試行してみたことはいくつかありました。

1.問題のトリガーとなったプラグインは有効化させたつもりが有効化されていなかったので無効化することもできず、再び有効化してみたら表示が戻るか?

これはかなり淡い期待でまったく直るはずという根拠はありませんが、とりあえずすぐ思いついたので試しましたが、同じ症状で画面いっぱいに人間にとっては無意味なコードがぎっしり表示されただけでした。

なにかのタイミングが悪かったのかと数回やってみましたが無駄でした。

2.問題のプラグイン「Tweetily」の古いバージョンにもどしてみようとした

プラグインのバージョンアップをしようとして致命的なエラーになってしまったので素直に前のバージョンに戻したいと思うのは当然のことです。

前のバージョンを探して入れ直そうとして検索しましたが、みつかりません。
探し方が悪かったのかもしれませんが、見つけることができませんでした。

3.問題のプラグイン「Tweetily」を削除しようと試みる

プラグインの管理画面にはそれぞれのプラグインごとに「有効化」のほかに「削除」というリンクもあります。
そこで削除してしまえ!と削除のリンクをクリックしてみるもなにも起こりません。

ここで削除してしまえば全く楽になれるとおもいましたが、全く楽になれません。

4.wordpressのプラグインを手動で削除するというやり方をさがす

正攻法でプラグインを削除できないなら手動で削除する方法があるかも、とググってみました。

一応数件それらしいブログにヒットしました。

読んでみるとサーバーの環境に入り込んで直接データベースをいじるとか・・・

まるで映画「TRON」の世界じゃないですか!サーバーに入れだなんて。

そこでソフトウェアの敵を相手にバイクでレースでもしなけりゃいけないんですか?爆発しちゃったらこの世界に戻れなくなっちゃうじゃない。

なんてことまでは考えませんでしたが、サーバーに入り込んで直接データベースをいじるんだよっていうところでやや挫折ぎみ。

しかし意を決して言われたようにMySQLというデータベースのサーバーにログインしました。
この手順は複雑なので割愛しますが、レンタルサーバーの管理画面からさらに奥深くの領域にログインするという手法です。
なぜかそのMySQLの操作とかいう作業はレンタルサーバーの運営会社はサポートしませんということでした。

で、どうなったかというと挫折しました。
検索したブログの説明では不十分で理解できずとても進めません。

5.もっと単純な方法を試みる

手動でプラグインを削除するという方法はそんなにレンタルサーバーのデータベースを直接いじらないとできないことなのだろうか?

ということに疑問をいだいたワシはもういちど同じ条件で検索し結果を下のほうへ読み進めてみました。
するとプラグインのディレクトリから削除したいプラグインのフォルダごと削除するという方法があるという説明をしているサイトを見つけました。

プラグインを削除するには、プラグインパネルでプラグインは「停止中」であることを確認してください。(FTP ソフト等を用いて) ウェブサイトの wp-content/plugins フォルダへ行き、削除したいプラグインのファイルを探してください。ファイルを選択し、削除してください。
引用:プラグインの管理 – WordPress Codex 日本語版

そう、ftpでサーバーのファイルを操作しプラグインそのもののフォルダごとなかったことにするという方法です。

冷静になれば最後にはやってみたかもしれませんが、気が動転していてなかなか頭がうまく回らず、この文章を読むまで気づきませんでした。

そうです、フォルダごと削除(一応戻せるようにローカルのパソコンへ移動という措置)してみました。

あっさり表示できるようになりました。
文字化けもなくなりました。

今日の吉田哲也はこう思った

インターネットのサーバーとかって基本はみんなUNIXで出来ているのでぜんぜん難しくて長年Windowsに慣れ親しんできた人間からしたら別の星のなにかをいじっているような感覚です。

ほんとに怖いです。

かといってここまで続けてやめるのもナンだし、エラーにならないように続けてがんばりませう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サービス利用
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)