高性能一眼レフカメラでなくてもこれくらいはできますよ

Canon Rebel T1i vs EOS 7DCanon Rebel T1i vs EOS 7D / Yutaka Tsutano

高性能一眼レフデジカメやミラーレス一眼カメラが流行っているようですが、なかなか高価で買うことは難しい。
しかし高性能なカメラがなくても擬似的に高性能のカメラで撮ったような写真を作ることはできます。
そんなアプリを見つけたので写真の上手い撮り方も交えて紹介します。

下の写真は先日浅草へ行った際にいただいたうな重ですが、iPhoneのカメラで撮ったので写真の中の全てにピントが合っていていかにも玩具のカメラ(安物)で撮ったような極フツーの写真です。それをあるアプリで加工すると、その下の写真のように少し玄人っぽい写真になります。
浅草のうなぎ舗やっこ

ボケを入れたうなぎ
少しだけですよ。少し。これは”ボケ”といってなんと世界共通語になっているそうな!

まるで一眼レフの高性能カメラで撮ったような雰囲気は多少出ていると思います。
そもそもこのようなピントをある一箇所にだけ絞るということができるかどうかが高性能かどうかの分かれ目です。(ほかにも分かれ目はあると思いますが最近はここを重視して考えております)

綺麗な写真を撮るコツ

私なりに必要だという結論に達した条件は以下の2点凝縮されます。

  1. なるべく明るい自然光
  2. 余分なものを写さない

さて、この条件を満足させるためのツールを100円ショップで入手しました。ただし外出先では同じように使うことは難しいので自宅などでじっくりモノの写真を撮るときだけ有効なツールです。

それは色画用紙と鏡です。
玄人っぽい写真の撮り方

玄人っぽい写真の撮り方
現状ではカメラといえばこんな初心者用のカメラに甘んじております。
あるいはiPhoneのカメラを使っているだけです。

しかし

AfterFocus

AfterFocus
¥120
posted with アプリーチ

 

このアプリを使って最初のうな重の写真を加工しました。

これだけで一眼レフで撮ったような写真を擬似的に楽しめるのです。

有料のアプリですがなかなか面白く使えて全然高くない買い物です。
もちろん高性能なミラーレス一眼カメラも欲しいですが、まずはこんなので楽しんでみてからでもいいかなと・・・