【挑戦】足を攣らずに100km走りたいと川越往復してみた結果

100kmライド100kmライド

先日大宮まで走ったときに最後の10〜20km手前ぐらいで足が攣って走行がかなり困難になったのですが、今回も結論からいいますと最後の残り20キロぐらいのところで左膝の外側少し下あたりの腱が痛くなってしまいました。

ただし100kmは走破できたのでまずまずといったところでしょうか。

100km走行やや足痛くなるも成し遂げる

実をいうとこの前日2日間ほど走ろうと思って朝起きられず挫折しております。
遠くへ走るにはそれなりに理由も必要だということがわかりました。ただ長距離走りたいというだけではモチベになりません。
どこへ行って何をしたいから片道50km走って自走して帰ってくるという大義が自分にとっては必要です。
▼朝遅目に家を出たので太陽はやや高い。
朝少し遅目に100km走行スタート

▼途中熊谷市で起きた事件の現場近くをたまたま通ってしまったのでこんなKEEP OUTのテープが張り巡らされたところに当たってしまい迂回を余儀なくされました。
(。ŏ﹏ŏ)
事件現場にはまだ捜査陣

▼荒川も何日か前の台風やら大雨やらの跡はなく大分水位は下がっています。
穏やかな荒川

▼荒川大橋を南に渡ってそこから川沿いに東に行っても西に行ってもホンダのモータープールがあります。
こちらは橋から東。
荒川沿岸のホンダモータープール

▼途中、吉見桜堤公園というところを走ると季節柄彼岸花が一斉に咲き乱れていました。
凄まじいほどの彼岸花です。立派なカメラで大勢のおじいさんたちが接写していました。
吉見桜堤公園の彼岸花

▼川越について見立寺という寺の前にこんなことが書かれた掲示板があって「うーん、深い」と思いました。
川越見立寺

今日の吉田哲也はこう思ったよ

なんとか前回大宮への往復のときよりやや楽に自転車を漕ぎ進めることができました。

前回の課題についての今回の結果

  • 準備運動は必要か:軽いペダルでずっと漕いでいるので必要ないと思われたが一応途中で屈伸だけやった。あまり意味ないかも。
  • 前回はスポーツドリンクを一気飲みした直後に足が強烈に攣ったので今回は一気飲みしないで少しずつ補給した。結果として両股は最後まで攣らなかった。

今回の気づいた点

  • 前回より早く尻が痛くなってしまった:前回との違いはレーパンが違う。ずーっと前に買ったDECOJAの長いタイプのほうが痛くならないかも。
  • 腕が疲れるが腕にも体重をかけないと尻が早く痛くなる
  • なぜか左の膝外側の腱だけ強烈に傷んだ。漕ぎ方が偏っているか。

まあとりあえずこんなもんです。
どなたか助言くださるとうれしいです。

また次回100kmライドに挑戦したいが、どこへ行って何しよう???それを考えないと走る楽しみがありませんwww