JINSでメガネを買ったついでに流行る店について考えた

壊れたメガネ
最近はメガネのテンプル片側がばかに下がるなあ、妙に変だなあ・・・と思っていて、丁番のビスが緩いのかなあ?それとも丁番が開きすぎちゃってるのかなあ?なんて疑問に思って分解してみた。

するとメガネのフレームの一部である丁番が割れていた。

こんなところが割れるなんてこともあるのね。

すぐ買いに行かないと裸眼では家から一歩も出られない。

今日買っためがね屋の所要時間は、目の診断+今のメガネの確認+新規レンズ調整で15~20分ぐらい。

薄型で在庫ありのレンズならその後の製作に15分でできた。

意外にもPC用メガネっていうのもたくさん置いてある。

昔と比べて最近はメガネもずいぶん安く買えるようになった。
我々が学生のころは1個2万円ぐらい普通にしていたが、今は数千円で買えるようだ。

娘にどこが良さそうか聞いて行ってみた。娘が言っていたZoffは熊谷にはなかったので別の店をぷらぷらと探した。もっともオンラインストアというのがあるようだが。

jins_shop
ここはアイドルグループ「嵐」の一人(名前は不明)がイメキャラになっているJINSである。
こちらも通販サイトがあるらしい。
JINS公式通販ショップ

駅ビルの中だけでめがね屋が数件あったが、ここで買うことにした。
理由は

  • 価格が安め
  • 混んでいないから今なら待ち時間が短そう
  • 置いてあるフレームも多くなさそうだから迷わず選べそう
  • 立地が良い

などといったところだ。

数件あるめがね屋をざっと見て他の店については「高そうな店」や「混んでいて待ち時間がかかりそう」「店に入りにくい」など感じたのでこのJINSにしたのだ。別に桜井くん(?でいいのかな)のファンでもないし、JINSなんて店は生まれて初めてこのとき認識したのでまったく先入観無しで決めた。

ショッピングモールの中で買い物しやすいメガネ店

ちょっと考えてみた。

混みすぎはNG

まあ飲食店ならば混みすぎは余程美味しい店なのかと思って並んででも食べてみたいっていう人は多いと思う。

でもこと眼鏡屋に関して言うならば混んでいる店より混んでいない店に入りたくなる。店を構えているという時点である程度品質については保証されているということがいえるから混んでいるところにあえて飛び込む必要はないかと。

種類も多ければいいってもんじゃないかも

あまり多すぎて迷いたくない。少ないのはNGだが、多すぎてもちょっとうんざりする。人情として店頭においてあるメガネフレームが皆同じ価格だったら一通り見てから決めたいと思うでしょ?
今回私も一通り見てから決めた。

数歩歩くだけでほぼ全種類見られたのでそれほど時間もかからず気に入ったのを決められた。

立地が良い

たまたまメインの通路際にこのJINSがあった。
JINSの立地

 

この図の下から歩いてきて正面に看板があって店を避けるように歩いて通るとついメガネに目が行ってちょっと寄ってみようという気にさせられる。しかもこの店にはドアがなくフルオープン(ここらへんは皆同じだが)なので実に気軽にメガネフレームを選べる。

ちょっと立ち止まってメガネフレームを見てあまりの安さにその場で衝動的に「1個作っちゃう」みたいな理想的な立地だと思う。

あとは店員の態度とか品質とか完成までの時間とかは鍛えれば解決できる話だ。

このカジュアルに立ち寄って気軽に買ってしまいそうな立地条件というのはなかなか偶然か計算したのか知らないが、感心させられた。
名前がわからないがこの鼻当てがぐらぐらしていない一体の単純タイプが好き。
ここらへんが汚れやすいので掃除が楽だから。

メガネを選ぶのにちょっと迷いつつ選んでいたらいつの間にかお客が大勢いてなんか「大盛況」の雰囲気になっていた。ときどきこういうことってあるね。空いていたから入店したら混み始めた、みたいな。

出来上がり

今どきのメガネは「物凄く早く」つくれるので大いに驚きだ。
new_glasses
ただし超薄型は取り寄せで10日程度かかるそうな・・・

超薄型でも価格は同じだが自分の場合すでにメガネが壊れかけているので10日も待つのは危険かと判断して在庫ありの普通の薄型にした。

フレームが現代にしては大きめで昔風の趣であるのでレンズも大きめになる。レンズが大きめになるということは端部の厚みが増すということで懸念していたが出来上がってきたものを見てフレームの厚さより薄くはなっていて安心した。昔風のフレームということは厚みも結構あるということでオーライ。