バックドアをぶつけるのは懲りたのでバックカメラを再度取り付けるステップワゴンRG詳細

バックカメラ取り付け
先日バックドアをぶつけてしまったのは、1に自分の不注意というのがありますが、バックカメラがいつのまにか映らなくなっていたという原因が挙げられます。

バックカメラが映れば絶対後ろをぶつけないというものでもありませんが、少なくとも多少の予防にはなるだろうと考えてバックカメラを換装することにします。

ただし、現在載せているカーナビはパイオニアのカロッツェリアであり使っているうちにバックカメラが映らなくなるという現象が散見されるらしい機種ですので外部入力として接続します。

ある有名メーカーのカーナビでバックカメラが映らなくなったときの対処法は「ない」
カーナビのバック映像が映らなくなってしまったので修理を試みましたが残念な結果になりました。

つまり普通の操作ではバックギアに入れたら後ろが画面に映るというのではなく、バックギアに入れると同時にテレビ映像を自分で外部ビデオ入力に切り替えるという操作が必要になります。

あーめんどくせーP社よ

ちょっと残念なんですが仕方ありません。
では改造スタートです。

バックカメラ取り付け

Amazonで買ったカメラ

▼昔はヤフオクで買いましたが、今なら同等の品質のものが同等の値段で買える分、手間いらずでいいです。
バックカメラ取り付け

・高画質表示
・ 防水機能対応
・ バック時のガイドライン表示機能対応
・ 広角:170度
・ 水平視角:120度
・ 初期状態:鏡像映像出力
・ 画像センサー:OV 7959
・ 映像形式:NTSC
・ 総画素数:420000ピクセル
・ 水平解像度:420本
・ 最低被写体照度:0.2Lux/F1.8
・ ビデオ出力:1.0Vpp/75Ω
・ 動作電圧:DC 12V
・ 総重量:0.5kg
・ カメラサイズ:20mm×18mm×24mm
・KYPLAZAオリジナル日本語マニュアル

特に決め手になった機能はガイドラインが表示されることと小さくて目立たないことです。
前のカメラは結構大きくて今思えばかなりみっともなかったです。

▼内容物は電源ケーブル約1.5m、カメラ本体(ケーブル長約50cm)、ビデオケーブル約4m、説明書、ビス2本です。
ビデオケーブルが短ければ市販のケーブルで延長すればよいので購入時にはそんなに気にしなくて良いかなと思います。
バックカメラ取り付け

▼カメラ
バックカメラ取り付け

▼ブラケットが付いていて上下に角度が変えられます。
バックカメラ取り付け

▼左の赤と黒が+とー、さらにビデオ端子とバックトリガーコードです。
電源の線が極細で扱いに苦労しました。
あとトリガーコードがビデオケーブルの端子についているのは助かります。普通カーナビからバック信号検知コードをリアのバックランプまで引き回しますよね。その必要がなくビデオケーブル1本だけ運転席に送ればあとはカーナビ周りだけの配線で済みます。
あれ?わざわざバックランプまでバック信号検知コード送りません?
バックカメラ取り付け

▼カメラとケーブルはこんな風につなげます。左が電源、右が映像信号です。
バックカメラ取り付け

動作確認

▼まずドアに取り付ける前に動作確認するのが鉄則です。
取り付けて内張りなども戻してからいざ動かしてみたら映らないというのでは泣くに泣けませんよ。
何しろ中国製ですから念には念を入れましょう。
ちゃんと映ることを確認してから設置です。
バックカメラ取り付け

テールランプガーニッシュへの取り付け

▼ステップワゴンRGの場合、画像の箇所でリアテールランプガーニッシュがリアゲートに固定されています。
赤丸がネジ、青丸が樹脂クリップです。
樹脂クリップは無理矢理引っ張ると冬は破損しやすいですから、裏側から道具を使って押してやるほうが安全です。
バックカメラ取り付け
▼こういう道具使ってます。
B001VNU3N4

▼ラチェットレンチで先端ビットを延長して緩めます。
バックカメラ取り付け
▼こういう道具つかってます。
B000SRT9JI

▼このように比較的最近のクルマ(このクルマも10年以上経ちますが)にはカメラを取り付けるように溝やら切り込みやらあります。
ビスで留めるなり両面テープで留めるなりします。
バックカメラ取り付け

▼カメラを付ける位置が奥すぎてテールランプガーニッシュを戻すときにリアゲートと干渉することがわかってしまい、付け直しました。こういう失敗はぼくだけにしたい。
バックカメラ取り付け

▼しかしリアゲートを見るとケーブルを通せそうなあながないじゃありませんかって思いませんか?
バックカメラ取り付け

配線引き回し

▼幸いリアランプのハウジングとリアゲートの間にわずかな隙間があるのでこういうところを通します。
バックカメラ取り付け

▼引き回しといっても既にバックカメラの配線は車内を通っているので前のケーブルに接続するだけです。
電源はバックランプのコードに配線コネクターで共締めしています。
バックカメラ取り付け
▼こういうの使います。
B001QUCW68

▼改めてバックドアからの映像です。
ガイドラインの先端位置を実際の目視で確認したところ概ね1メートルと思われます。
つまり3つのポイントは1m,50cm、10cm程度に理解しておけば安全でしょうか
バックランプ取り付け

今日の吉田哲也はこう思ったよ

冒頭申しましたようにバックカメラをつけたからといって絶対ぶつけないということはありません。

ただ、真後ろに行きたいときどこまで下がれるか慎重に動きたいときに威力を発揮してくれると思います。

これからはぶつけたくありません・・・
▼夜でもちゃんと見えます。
バックカメラ取り付け

【追記】ドライブレコーダーについて

ドライブレコーダーを取り付けた経験値も増えてきたのでよかったらどうぞ。