タイガー炊飯器JKJ-C180のCはカインズのCか

この記事は 約3 分で読めます。

炊飯器の購入を考えています。
購入検討の理由
1.現在使用の炊飯器が10年ぐらい経っており内釜のフッ素コーティング剥げてきている
2.毎日のように嫁が「お釜欲しい」とつぶやいている
2番は別にしても内釜のフッ素コーティングがずいぶん剥げているのは気分も良くないし修理もできないので買うしかありません。

贅沢品ではないので早急に検討に入ります。

ホームセンターへ行って見てみました。

スポンサーリンク

店頭価格

まず下見するお店はホームセンターが良いのか電器屋が良いのかという選択がありますが、大抵今までの経験からホームセンターの方が少し安めだと思いホームセンターにて下見をします。

(お釜とパン焼き器ってお釜の方が高いのね)

メーカーと機種の選定とこだわりポイント

複数の炊飯器メーカーのものが並んでいますが、やっぱりタイガーの炊飯器が人気と実力でナンバーワンなのでしょうか。うちもタイガーの炊飯器にすぐ絞ってしまいました。

こだわっている条件は特にないのですがスペックを見ていると欲が出てきますね。

  • できれば1升炊きたい
  • 今の内釜が重いので内釜が軽いのが良い
  • パンが焼けるのがよい
  • 玄米が炊けるのがよい

ホームセンター「カインズ」で見るとそこにタイガーとカインズの共同開発らしき商品がありました。JKJ-C180*という型番です。末尾の*は色コードだと思うので無視します。

当然ながらその場でそのJKJ-C180*を検索してみましたがヒットしません。やはり特殊な商品でネットでは出回っていないのかもしれません。

類似品あり

しかしiPhoneで根気強く調べていると、よく似た番号でJKJ-B180*という番号があることをその場で見つけ、その小さなiPhoneの画面で仕様を開き、目の前にあるJKJ-C180*と見比べました。

主に先述の欲に関する記述について見比べた結果すべて満たしており、ほぼ同等製品であると判断できました。
おそらくJKJ-C180*のCはカインズの頭文字ではないかと想像します。

ちなみに180という数字は1升(≒1800cc)を意味している数値と考えられますが、他の機種で100という数字は5.5合で550という数字は3合のようです。550の3合がちょっと釈然としません。

問題は価格

さて問題の価格はどうなっていたかというと
カインズのJKJ-C180* 19800円
ネットでのJKJ-B180* 14000円+送料α

ほぼ同等のスペックで値差は5800-送料αなのでネットで買うことに決定して帰宅しました。
やはりネットは安い。

今のところ王者は価格コムのOKジョンですが、いろいろと制約(クレジットカードが使えないとか)もありますので、何が何でも安く!というのでなければ検討が必要ですけどね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
インドア
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)