快活クラブ川越店利用してみたやっぱりネットカフェって気軽に楽しめるよ

この記事は 約7 分で読めます。

快活クラブ川越脇田新町店
川越までサイクリングして気の利いたカフェが見つからなかったときの過ごし方の提案です。

川越にはネコカフェもネットカフェもまあまあ何軒かあります。ただしネコカフェとネットカフェでは名前こそにているものの内容はまったく違いますからネコに癒されたいと思って今回のような快活クラブに入らないようお気をつけください。

また逆にネット見たり漫画読んだりして時間潰そうと思って間違ってネコカフェに入ってしまうと初めてでも入会金こそ取られなくてラッキーかもしれませんが、周りじゅうネコだらけでネット見るどころじゃないし漫画置いてないじゃんという状況に陥るでしょう。

で、今回利用した快活クラブというものはどんなものなのかネットカフェ歴数年、立ち寄り軒数3件目のほぼ素人の域を出ないわたくしがあえてレポートしてみます。

【関連】

熊谷駅前のネットカフェマンボーは静かに作業するには良好。ただし受付嬢が早口でほとんど聞き取れないレベル
週末に映画を観ようと思って熊谷まで出て、映画の始まる時間までどこかで時間を潰そうとなるとまんが喫茶あるいはネットカフェが最適かなと思います。そこで熊谷駅前をふらふらしていたらちょうど見つけたのがこのマンボーです。1時間足らずのスキ...
広島駅前のネットカフェ「フタバ@カフェ」今までこんなにブログに集中できたことなかった!くせになりそう
まさか広島くんだりまできてネットカフェを4時間も利用するとは思っていませんでした。 でも外は雨、しかも台風みたいな天気なのでどこの観光施設へ行く気にもならず次のホテルのチェックイン時刻にもまだまだ間があります。ここはひとつネットカフェ...

ネットカフェ快活クラブ川越店

快活CLUB | コミック&インターネットカフェ・ダーツ・カラオケ・ビリヤード

非会員の場合、会計時に会費も払う

大抵のネットカフェの場合そうかと思いますが、ここ快活クラブは会員制で初回のみ入会金を払います。

快活クラブ川越脇田新町店

2018年現在入会金は334円+税です。

ただし60歳以上の人は入会金無料という恩恵があります。もう少しという人は60歳になるまで利用を待っても良いかも。

個室かオープンか、禁煙か喫煙か、PCタイプなども選べる

なかなか選択肢が豊富で迷います。

快活クラブ川越脇田新町店

個室かオープンかというのはそりゃもう大人の自分としては個室一択で、もし個室が空いてないなどとなればそのお店をする出るというぐらい個室に固執します。シャレでなくマジで。

だって違うじゃないですか。

ただ単にパソコン借りてなにか調べてすぐ出るよってんならオープンでOKだし、漫画借りて読んでるだけで周りに誰かいようと関係ないって人ならオープンでいいでしょう。

でも自分の場合、ネットカフェを利用する理由はエロではなく寛ぎたいという理由です。他人様が見えない空間でくつろげればもう1時間5000円払ってもいいかも。

で禁煙喫煙選べます。幸いぼくが借りた禁煙ルームではタバコの臭いは皆無でした。これで少しでも臭ってきたらこのブログ記事でボロクソにクサしているところです。よかったですねえ快活クラブ。

そしてPCの種類が何通りか選べるらしいのです。ぼくはPC持ち込みだから別に極端な話PCおいてなくてもかまわないんだけどゲームができるかとかテレビが見られるかとか選択肢があるようです。つまり逆に言えば排他的でどれかを選ぶとどれかを諦めなければならないということです。

まあ何時間にも渡ってゲームしたければ自分ちですればいいじゃんって単純に思いますからこのへんは深く追求しません。

あと、個室でも椅子タイプとごろ寝タイプとペア利用タイプとあります。ペア利用っていいですね。

 

当たり前ですがネットが使い放題

快活クラブ川越脇田新町店

ネットカフェというくらいですからあたりまえなんです。

この快活クラブの場合、最初の受付を済ませたあと利用開始伝票をもらいます。その伝票にWi-Fiのパスワードが書かれています。

当然ながら手持ちのスマホやパソコンでも自由に接続できます。

おそらくこのパスワードは当日限り有効だと思います。じゃないと外からでも自由に利用されてしまいますからね。

しかもこんなブログで写真とはいえ公開しちゃったらまずいっしょ。ほぼワンタイムと見て間違いないでしょう。

フリードリンク

快活クラブ川越脇田新町店どこのネットカフェでもあたりまえといってよいでしょう。

コーヒーやら紅茶やらフルーツ系の清涼飲料やらは当たり前にあります。

あとはネットカフェによってなかったりあったりすると思われるのがソフトクリームでしょうか。ここ川越店の快活クラブにはソフトクリームがありました。

食事頼める(初めて頼んだ)

今まで利用したことのある広島のネットカフェでも熊谷駅前のネットカフェでも食事は頼んでいません。

快活クラブ川越脇田新町店しかし今回どうしても空腹だったので店内でオーダーしてみることにしました。

個室内のパソコンで頼めるということでちょっとハイテク化されている回転寿司の注文方法みたいなもんです。画面からほしいものを選んでポチっとするだけ。あとは席まで料理が運ばれてきて会計のときにまとめて支払いというわけです。

ちなみに種類はそこそこあるといえばあります。例えば豚丼、ソースカツ丼、カツ丼、あるいはエビチリ載せ炒飯なんてのもありました。

が、やはりそこはネットカフェの料理です。オーダーして届いた実物を見た瞬間に(それまでは敢えて想像しませんでしたが)レトルト温めてるだけかと気づきました。

▼近影には耐えられないネットカフェの料理。

快活クラブ川越脇田新町店豚丼が税込み637円ってまあそれほど高くも安くもない価格かなと思い、疲れを癒やすのにはやっぱり豚だろと思って注文したんです。

でもって来た豚丼には香ばしさゼロww。まあ仕方ないです。調理してから時間が経っていてついさっき電子レンジで温めただけでしょうから。

まだ豚丼だったからグニャリとしていてタレが載っていて違和感そんなにじゃなかったですが、これがカツ丼とか揚げ物系だったらどうします?揚げたて感がないのではないでしょうか。他人事ながら心配です。

不味くて食えないとは言いませんが、もし都合が許すならネットカフェに入る前にもっとちゃんとしたところで食事を済ませてから利用しましょう。

カラッとした揚げ物が食べたかったらこちらの川越脇田新町店のほぼ隣にはケンタッキーがありましたのでカラッとした唐揚げなら前もって食べられます。

今回の一番大きな学びはこれですね。

漫画の量には興味ないけど多くはなさそうな

一応初めての利用ですので店員さんにブースに案内される途中で漫画のおいてあるコーナーはここですよと教えられましたが、正直いって生返事です。

漫画読みません。

でもチラ見した限りではそんなに多いという印象ではありませんでした。

快活クラブ川越脇田新町店

初めて利用した広島のフタバ@カフェは多かったように記憶しています。

紳士の嗜みもわかってる

トイレに入るとこんなチラシが目の前にあります。

誰もいないとついつい凝視してしまいそうですが、要するに紳士のためにオススメのおかずを提供してくれるサービスも行っているのです。

カップルで利用される方々にはほぼ関係ないかと思いますが、さびしい紳士の方にとっては地獄に仏、バーチャル奥さんとでもいいましょうか。

個室のパソコンで見られるようです。

これだけでも行く価値があるとは思いませんか?これだけが目的で行く人もそんなにいないかと思いますが、長時間の滞在で飽きたら少し覗いてみるのも一興かと。

この日の料金

2時間17分の滞在で2128円でした。内訳は下記のようになります。

入会金360込
滞在費(2H17M)1131込
豚丼637込
合計2128込

今後もし快活クラブを再利用するとして何も食べずフリードリンクだけ利用するとしたなら同じ時間同条件の個室利用として1131円のみということになります。

ルノアールに2時間いてもコーヒー代500円ぐらいかもしれず1131円は安くないと考える方もいるかもしれませんが、個室利用できて飲み物は飲み放題という特典が加算されていますから決して高くはないと思います。

まとめ

ネットカフェで1泊あるいはもっと泊まる人もいるみたいです。

Googleマップでの評価にそんなことを匂わせる記述があり、本当にネットカフェに寝泊まりする人いるんだ?と初めて知りました。

確かに個室で横になれればブランケットも豊富にありますから寝られなくはないです。お風呂はないけど。

当日の宿がどうしても取れなかったらこういうところに泊まるという選択肢は十分現実的にありえるのだなあと思います。

BGMが妙なヒーリング・ミュージックっぽくてちょっと難ですけどやかましい音楽というわけではないのでそれほど安眠の妨げにはならないかと思います。それに周りも十分静かです。

ネットカフェっていいです。また機会があったら別の施設も利用してみると思います。

ネットカフェ利用のマナーについて参考になるサイトがありますのでリンク貼っておきます。
【衝撃】元ネットカフェ店員が語る「マジで迷惑な客」ベスト5がカオスすぎてヤバイ! 本当にそんな客いるのかよ!? | ロケットニュース24

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
喫茶店
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)