Amazonプライムで観た映画、インフルエンザで熱出して寝込んでも映画だけは観られてイイね

この記事は 約6 分で読めます。

Amazonプライムビデオ

子供二人がインフルエンザに掛かりまして、その影響をモロ受けしてしまい自分もとうとうインフルエンザにかかってしまいました。おそらくインフルエンザになったのは生まれて初めてでしょう。

どんだけ高熱になってしまうんだろうと危惧しておりましたがせいぜい38.5℃ぐらいで済んでまあまあ軽く済んだかなと終わってみれば思えます。

それにしてもインフルエンサーでもないのにインフルエンザにかかるとはこれ如何に?って世の不条理を嘆くわけでもありませんが薬が良く効きました。

今回処方してもらってよく効いた薬は

  • カロナール
  • ムコダイン
  • フスコデ
  • リカバリン
  • 喉用トローチ

です。

熱が出てくるとなんとなく火照ったような感じになりますよね。1日目には会社で働いているときから火照っているような気分だったんですけどそのとき測ったら平熱だったんです。少しでも高かったら速攻で帰ろうと思っていただけに残念でした。

そして家に帰って測ってみたら38℃超えているという状態でその時間から医者に行くのは面倒だったので翌朝行くことにしてほぼインフルエンザ確定状態でした。

子供が2人インフルエンザにかかっていたらそりゃ親も可能性十分ありです。翌日から4連休いただきました。もっともそのうちの最後の1日は車検のための休みで前から計画していた休みですからインフルエンザは関係ありません。

ということで病欠とくにインフルエンザのような高熱を伴う休みはとかく暇つぶしになにかできるかというとほとんど何もできませんね。怪我して休むとかなら頭が冴えていればそこそこのことはできるんですけど頭が冴えないと何もできないということを痛感しました。

頭がなんといっても大事です。

頭を使うとくたびれるので読書は諦め、もちろんブログを書くには頭から捻り出す作業になりますから捻るなんて無理無理ってことでAmazonのプライムビデオを見まくりました。

今回インフルエンザで療養中に見たプライムでの映画を羅列してみます。

スポンサーリンク

インフルエンザで寝込みながら観た映画の感想

一覧

まずはこれらを観ました。興味があれば観てください。

  • ダーティハリー4
    昔小説でも読んだことがありやはりクリント・イーストウッドはかっこいいですね~。いつまでも元気でいて欲しいと思います。そんなイーストウッドが街の汚い奴らを退治しまくるからダーティハリーなんですが、この話は「え、そういうのもありなの?」ってちょっとだけ見方が変わる話です。美女出てきます。
  • ザ・ヘラクレス
    神話モノは結構すきなんですがあまりいろいろ見過ぎると訳が分からなくなりますから注意です。ヘラクレスの話は他にもAmazonプライムであります。他にあるほうは本当はヘラクレスがゼウスの子だというのはただの伝説なのではないかという思いにさせてリアリティがあります。どちらにしても神話の中の話だと思いますが神話の中に神と人が登場してやり取りするのでどこまで現実でどこがフィクションなのかわかりません。神話モノはお約束の美女出ます。
  • 天使のくれた時間
    ニコラス・ケイジが好きだからというのと中年の愛情モノだと思って見たらそうでした。ちょっと考えさせられます。雑然とした我が家と家族と並の生活が現実なのか本当はもっと大きく儲ける手腕が発揮できたかもしれないのを逃してしまっているのではないかとか。美女出てきます。
  • 欲望のバージニア
    アメリカの禁酒法時代の田舎の密造業者の話です。田舎だけどギャングやら悪徳官僚やらでてきます。好みじゃないけど美女でてきます。3人兄弟のフォレスト役の役者(トム・ハーディ)がクールでかっこいいです。
  • コップ・アウト
    ブルース・ウィリスが刑事役をやるんだから面白くないわけ無いと思って観ましたが内容はちょっと微妙でした。相棒の刑事がうるさすぎて一言でいうとウザい。まあブルース・ウィリスの刑事ものを制覇したいと思ったら避けては通れませんのでファンなら一度は観ておいたほうがいいでしょう。美女でます。なんと美女の1人はクインシー・ジョーンズの娘だそうな。
  • タイタンの戦い
    神話モノです。似たような神話モノを連続して観ないほうがいいなと感じたのはこのタイタンの戦いとザ・ヘラクレスが混同するからです。ザ・ヘラクレスはヘラクレスが主役でタイタンの戦いはペルセウスが主役ですので間違えないように。違うストーリーです。好みじゃないけど美女でます。
  • 一枚のめぐり逢い
    戦争のときに一枚の写真に救われた男がその写っている女性に礼を言おうと探し当てるまでは時間がかかりません。その写真の本当の持ち主について云々で誤解がありこじれますが結局最後はハッピーエンドです。美女でます。
  • ラブ・アゲイン
    中年の夫婦の片方が冷めていくけど片方は気持ちを取り戻したいと苦闘する様が涙ぐましいく笑えません。でも明日は我が身と肝に銘じダサいおっさんにならないように気をつけないといかんなと思わせます。逆に粋なおっさんなら選り取り緑の余生があるかもね。中年ですが美女でます。
  • Amazonプライムじゃないけど男と女
    以前観てこのブログでも紹介してますのでそちらを参照ください。

こうしてみると4日間休んで見まくったつもりですが1日あたりにすると2本ちょっとってところですね。それにしても傾向としてミドルエイジの恋愛が絡むのがなんと多いことか。欲求不満かw そういう願望があるのかw

映画評論家って一日に何本も映画見るんだろ?すげーわってこと思いましたよ。自分1日2本も観ればお腹いっぱいで見たくなくなります。っていうかストーリーやらキャストやらが混乱してきて何がどういう話だったかまったくわからなくなります。

今回一番感じたのはこれだ

映画評論家ではありませんが、映画を観まくって実に充実した休暇でした。体は不健康でしたが心だけでも満たされて満足です。で、これだけ映画を観まくっても料金はまったく定額なのだから実に景気の良い話です。つまりAmazonプライムビデオなら月額じゃありませんよ。年額3900円(税込み)で見放題なのです。もちろん既にご存知の人も多いと思いますが、プライムビデオが見放題というだけでなくプライム商品となっているAmazonサイトの商品が送料無料で届けてもらえます。しかもだいたい翌日には届きますね。

さらに他にも特典はありますが自分の場合プライムビデオとプライム商品の送料無料で恩恵のほとんどをカバーしているので十分です。あと音楽も聴き放題でした。これら3つの特典で自分としては完全に元を取れてます。

結局Amazonプライムの宣伝みたいな話になってしまってますが、見放題だからって見過ぎると逆に心に残らなくなってきそうで困ります。

Amazonプライムビデオ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
メディアについて
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)