もう売られていない自転車クリーンスピードエスプレッソの良い点について

この記事は 約8 分で読めます。

cleanspeedのespresso
なにやらブログ書く人、特にカリスマな方々の間で好きなブログを紹介するというキャンペーンが毎年11月に沸き起こっているようです。

個人的には11月といえばわたしと嫁が籍を入れた月でもあります。

そうはいってもこれは一部のカリスマ有名ブロガーだけに許された「他のブログへのオマージュ」であり、他のブログとはほとんど関わりを持たない孤立無援ブロガーであるわたくしにとっては同じことをすると滑稽であるだけでなく、哀れでさえあるのでそういったイベントには触れないことに決めております。

まあ強がってるだけではありますけれど気を取り直して代わりと言ってはナンですが、わたしの好きな自転車について今日は詳しめに告白したいとおもいます。

嫁へのオマージュとして。

わたしの好きな自転車

わたしの好きな自転車はズバリ今乗っているクリーンスピードエスプレッソです。すでに廃盤とでもいうのでしょうか。市場には新品は出回っていないし、後を継ぐ機種も出ない、いわば無名の自転車の類に入りますが非常に気に入っております。

できればもう一台同じものを新品で欲しいくらいです。

なぜか

1.ミニベロである

わたしの体は特に大きくもなく小さくもなくいわゆる普通の体型です。これがもし大型の体型の人ならミニベロに乗っているとさらに目立っていたでしょう。

目立つという意味ではミニベロは他の追随を許しません。他にも目立つ自転車はタンデムタイプやリカンベントなどありますがそれらはあまりにも奇を衒い過ぎていて一周回って逆に目立ちません。

ロードバイクやクロスバイクはスピードを出して走っていても当たり前としか見えませんが、チンタラ走っていると悪い意味で目立ちます。おいおい自転車が泣いてるよみたいな。

しかしミニベロはチンタラ走っていても「あんなもんだろ」程度にしか見られません。逆にロードほどではないにしてもスバーっと勢い良く走っていると「うほ!ミニベロなのにスゲージャン」みたいになり程よく目立ちます。(実際にはそんなにスピードだすパワーをわたしは持ちあわせていませんが)

そういったわけでミニベロというのはちょっと目立ちたい時にはいいアイテムとなるでしょう。

もちろん小径車の利点である走りだしが軽いということも言うまでもありませんね。

タイヤが小さく一見すると不格好とも思えるスタイルが好きです。ロードバイクは完成された美しさがありますがミニベロは未完成な美しさ、例えて言うならロードバイクは少女時代、ミニベロはAKB48といったところでしょう。

画面で見るのは少女時代のほうが好きですが自転車に関してはAKB48が好きです。

2.規格がロードと一緒である

ロードバイクはママチャリと違って規格がカチッと決まって統一されています。ママチャリも規格があることはありますが、所詮プロ仕様のママチャリというのがないようにカスタマイズにも限界があります。

しかしエスプレッソはロードバイクと同じ仕様の部品を使えるようにできているのであらゆるところの交換が容易です。

ハンドル、ステム、サドル、スプロケット、チェーンリングなど前から後ろからやりたい放題です。改造を。

ただわたしはそこまでの改造に凝るほうではないのでそこらへんの走行系の部品は買った当初のままで使っています。

走行系のカスタマイズにハマると抜け出せなくなるかもしれないし、走りを追求しようと思ったらこのようなミニベロはそもそも否定したくなってしまいます。

変えたければ変えられるとわかっているだけで気持ちの余裕が生まれます。しかし根本的な構造としてフレームが鉄ですから今後も走りを追求するような改造をすることはないでしょう。

サドルがボロくなったら取り替える、あるいはブレーキワイヤーがヘタってきたら取り替える、などそんな程度にしておきます。

3.ドロップハンドルである

その昔、ドロップハンドルの自転車に乗っていたのは高校生の頃に遡ります。そのころはSTIレバーなる変速ではなくダウンチューブにレバーがついたタイプでした。
しかしこのエスプレッソの変速機はSTIレバーでありハンドルから手を離さずに変速ができます。

これはいいですね。本格的な旅行用自転車であるランドナーは今だに昔ながらのダウンチューブについた変速レバーを採用していますが、もし自分がランドナーを手に入れてもSTIレバーに改造したくなるでしょう。

それにドロップハンドルは握る位置を複数変えられるので鉄棒で言うところの順手・逆手みたいに手の捻りを変えることができます。それは同じ位置に手を置いておくことに較べて疲れの軽減に貢献します。

以前持っていて今は息子にくれてやったジャイアントのクロスバイクはフラットハンドルなので長距離乗っていると尻だけでなく必ず手も痛くなったものです。

しかしドロップハンドルを使うようになってから尻の痛みはなくならずとも手の痛みはなくなりました。

画期的な改善です。

ミニベロは乗りたしドロップハンドルは使いたしとなるとエスプレッソしかほぼ選択肢はありませんでした。

4.そこそこスピードが出る

そうはいってもロードと同じ部品仕様であるわけでタイヤが小さいというだけでスピードはそこそこ出るんです。

もっともケイデンスはそれなりに回しますが。

当然ながらタイヤ径の大きい700cのロードと同じケイデンスならスピードはロードには敵いません。(同じロードに乗ったとしても敵わない自信もあります)

それでもちょっと力をペダルに込めれば30km/hぐらいは出ますのでやはりいいものだなと。

時速30kmなんてロードの世界では徐行レベルかもしれませんが、わたしは30km/hで走れば十分気持ちいいという満足度の器が小さい人間です。

ある程度のスピードは出せるという点でエスプレッソが気に入っています。

5.輪行が手軽である

折りたたみの簡単なミニベロであるため輪行が簡単です。ロードバイクやクロスバイクでは両輪をフレームから外して、さらにフレームを裏返してとかやらないとコンパクトになりませんが、エスプレッソの場合2つに折りたたんでハンドルを外して適当に隙間にはめ込めば終わりです。

まあそうはいっても輪行の手軽さという点では王者ブロンプトンの足元には遠く及びません。さすがにブロンプトンの手軽さはありませんがそれでもまあまあ手軽で輪行作業はものの数分といったところです。慣れれば。

しばらくやってないと手際を忘れることはあります。

輪行に対する規制もじわじわと強化されつつある昨今にあって、できるだけコンパクトに簡単に輪行できるようにするのは重要です。

あまりにも目立つと乗車拒否の憂き目にあいかねません。輪行は目立たないようにが鉄則です。

目立ちません。それほど。

6.泥除けもつけられる

買った当初は泥除けなどついていませんでした。それはロードと同じ部品規格なので泥除けを付ける前提ではないからです。

しかし一部に泥除けを付けてもよさそうな痕跡があります。

フォーク先端のネジ穴です。エスプレッソ専用の泥除けというのは売られていませんでしたのでダホン用の泥除けを取り付けてほぼ上手く付けられ機能もするようにできました。
【関連】DAHON泥よけ取り付け20インチクリーンスピードのエスプレッソへ

当然ながら雨上がりのサイクリングでは威力を発揮します。他のローディが背中にどんどん鬣(たてがみ)が生えてくるのを尻目にわたしは涼しい顔で水たまりも走破します。

もっともロードバイクでも泥除けをつけようと思えば付けられるのでしょう。ただ「カッコ悪い」から付けないのと「走りに悪影響」だから付けないはずです。

先述したようにわたしは走りにそれほど拘りを持っているバイカーではないので快適さを優先させます。

快適さを優先させると泥除けは必須アイテムになってしまうんです。

しかし最近考え方も変わりつつあり、やや走りを優先させようかという動きに心が傾きつつあります。よって泥除けは当面外して走るつもりです。あとスタンドも。

長々とわたしの好きな自転車について述べてきましたが、気に入らないところがなく完全無欠かというと決してそんなことはありません。

1.重い

折り畳みできるミニベロの宿命であるヒンジに強度を保たせていることと、ロードが2本のチューブ(トップチューブ、ダウンチューブ)であるのに対し、1本であるため太いということにより重量があります。もっとも重さの一番の要因は鉄でできているためです。

でも耐えられない重さではありません。普段は乗って走るのです。担ぐのは輪行の時のほんのすこしの時間だけです。

2.あと数ミリコンパクトにできたらJALに乗る

以前飛行機輪行を考えてJALに乗せられるか調べたところ微妙に大きくてサイズオーバーという結果でした。あと数ミリのために飛行場でシャットアウトを食らうのはリスキーなので飛行機輪行の選択肢が狭まってしまいます。

そんなぐらいの欠点を抱えていますが好きな点のほうが断然多いのが事実です。

息子に一度貸したら「良いわこれ」と驚いていました。「欲しいか」と聞いたら「欲しい」と即答されましたがあいにく気に入っているのであげるわけにはいかないのです。

それでもう一台同じものが欲しいくらいなのです。

あとがき

それくらい気に入っているクリーンスピードエスプレッソをこれからも愛していこうと思っています。

私の好きな自転車についての告白でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自転車ソフト系
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)