脚力調整 熊谷から北本、ただしデータは大宮まで

この記事は 約2 分で読めます。

荒川左岸堤防敷サイクリングコース
日曜日に天気が微妙だったですが大宮を目指して走ってみました。
1週間ジョギングをがんばってきたので脚力の向上を実感したかったのです。
果たして健脚になったのでしょうか。

ジョギングとサイクリングでは使う筋肉が違う

いまさらながら気づいたのは上記のことです。今の今まで知りませんでした。

ジョギングをすれば脚力が向上し自転車を漕いだとき楽に漕げるだろうと想像していましたが実際はそうでもありませんでした。

必ずしもまったく違うというわけではありませんが、自転車で走行してみて感じました。

ジョギングで痛くなる筋肉は主に脹脛(ふくらはぎ)ですが、自転車走行では主に腿と膝でした。
ですので厳密な意味ではジョギングをいくらがんばっても自転車漕ぎは楽にはならないということがいえると思います。

ただし多少は楽になります。しかしやはり自転車で長時間走行しようと思ったら自転車で練習するほうが効率的?かも知れません。

大宮まで走行データを取るつもりでした

大宮までは自転車道路を巧く走ってほとんど自動車とは遭遇せずに走れそうだったのでデータ取りも兼ねて走りきりたかったのですが、なんと途中で雲行きが怪しくなりついに雨に降られてしまいました。

にわか雨でしたのでまもなく止みましたが、一度からだが雨に濡れてしまうとちょっとモティベーションが急降下してしまいまして、そのとき最寄だった北本駅までまっしぐらに向いさっさと輪行で帰ってきてしまいました。

しかし関東サイクリングロードマップを見ると大宮までしっかりサイクリングできる自転車道がありそうなので家についてから北本まではGPSの軌跡をプロットし、北本から先は関東サイクリングロードマップを見ながら作りました。

全距離はおそらく45~50kmぐらいだと思います。
次回はこのデータを自分もカーナビgarminに入れてスムーズに走りたいと思います。

荒川左岸堤防敷サイクリングロード

garminカーナビにルートデータを入れる方法はこちら