iPhone8plus買って100均ケースと100均ガラスそして引き出しに眠ってた無線充電器活用

この記事は 約7 分で読めます。

iPhone8plusと100均ケースガラスと無線充電器

iPhone8Plus買いました。

iPhone 6s Plusをおよそ2年半程度使っていましたが買い替えです。久しぶりの新品スマホです。

といっても型落ちですがwww

iPhone XsやらMaxやらXrとかいうのが出たり出そうだったりで世はホームボタン無し、ラッチ有りの方向へ動いていますがやっぱり寝起きの枕元で目をつぶったままロック解除ができるという魅力には敵いません。

ホームボタン無しのiPhoneの方は眠くてもぱっちり目を開けてのロック解除乙。夜中にLINE通知を読もうと思ったら一旦部屋の電気を点けてのロック解除乙。なのかな?知らんけど。

そんなわけでほぼ究極的な完成形になっていてこれ以上の進化は無用の長物でしかないという噂のiPhone8Plusです。いくつか試してみたことをレポートします。

SPONSORED LINK

iPhone8PlusはiPhone6sPlusとほぼ同形なので平常心で開封ww

イヤホンの穴がなくなってつまらんアダプターを携帯するか

もうiPhone7が出たときから多くのiPhoneファンの皆さんは甘んじて受け入れて来たでしょうけど、今回ぼくは初めて受け入れます。

このつまらんアダプター(左側)を携帯していないと持っているiPhoneで周りの顰蹙を買わずに音楽などを聴くことができません。もっともBluetoothイヤホンをつなげればいいんですが、電池切れたらそれもただのオブジェになるのであまり好みではありません。

したがって今手持ちの有線イヤホンをそのまま使うためにこのつまらんアダプターを持ち歩かなければなりません。あーいやだ。音楽聞いてる間は充電もできんしな。この充電については後述。

iPhone8plusと100均ケースガラスと無線充電器

100均でケースもガラスも手に入る

これに関してはいい時代になったものです。

今まではiPhoneが手元に届くと同時かその前日ぐらいにAmazonでケースとガラスフィルム、または少なくともガラスフィルムだけは手に入れておかないと開封できないという事態を自分で招来していました。

しかしiPhone本体が手元に届いてからセリアによっこいしょとでかけてこれらを買ってくればすぐ保護が完了します。

iPhone8plusと100均ケースガラスと無線充電器

iPhone8Plus用として売られていました。ぼくが行ったセリアにはハードタイプとソフトタイプと売られていましたがソフトタイプを選択しました。ハードタイプだとどうせ割れますからね。iPhone8plusと100均ケースガラスと無線充電器

▼ガラスフィルムは本当かどうか知らんけど厚さ0.33mm、硬さ9Hだそうです。100均のこういうスペックは当てにならないものと思っています。ただ薄くてガラスであるということは間違いなさそうです。iPhone8plusと100均ケースガラスと無線充電器

ガラスフィルムは貼るのが簡単で気泡が入る心配がほとんどないのでいいですね。ただし衝撃でヒビができたらそのまま使うかまた交換するかしなければなりません。縦または横からの衝撃に弱いというのが今だに難点ではあります。

▼そうこうするうちにあっというまに貼れました。iPhone8pusのホームボタンやらその他の穴とぴったりです。Amazonのと遜色ないです。

iPhone8plusと100均ケースガラスと無線充電器

▼さらに保護ケースにも入れてみたところまともに入りました。ボディの保護と液晶の保護にたったの218円しかかからないなんて!iPhone8plusと100均ケースガラスと無線充電器

 無線充電器持ってたwww

何年か前からQi対応の無線充電器を持っていました。モトローラのmoto360というスマートウォッチを数年前に買って携帯していたのです。その時計が壊れるまでは現役で、時計が壊れてからはずっと引き出しにしまったまま来ないかもしれない出番をひたすら待つ日々でした。

もしかしてこれが使えるとうれしいなあと思って置いてみたら・・・

iPhone8plusと100均ケースガラスと無線充電器

▼しっかり充電できています。この丸い充電器のランプの色は変わるし、iPhoneの電池マークの隣にちゃんと稲妻が表示されて充電中であることを示してくれました。
Qi規格AndroidWearのWireless Charger購入記/軽いけど思ったよりデカイっす | | ヤルッツェブラッキン

で電流値ですがどうせスマートウォッチ用の充電器だから対して流してないんじゃないの?って思いましたが、テスターで測ったところ1A前後流れてました。まあいいでしょう。iPhone8plusと100均ケースガラスと無線充電器

USB電流電圧テスター買った。タイマー機能があって過充電防止に使えそうな予感
Amazonのタイムセールで安く出ていたので買ってみました。特に使用頻度は高くはないとは思うのですが、ときどきアンペアチェッカーがあれば・・・やんぬる哉などと天を仰いでいたのが仰がなくて良くなります。なにができるかというとUS...

iPhone6s Plusのケースもやりようによっては使えなくない

で、今まで持っていたiPhone 6s Plusのケースなんて不要になりますよ。うっぱらうつもりだから。

そうするとそれまで持っていたiPhone 6s Plus用の資産が無駄になるんですよね。

そんなの困ります。SIMフリーiPhoneならそこそこ良い値で売れますが、専用ケースやらなにやらはほとんど価値なしでゴミ箱直行でしょうか?

いいえ、そんなことありません。

▼こんなふうにカメラのレンズとフラッシュライトのために穴を広げてあげればまたiPhone 8 Plus用として使えなくないです。

要はもったいないと思う心です。貧乏くさいと見るか工夫の賜物と見るか。貧乏くさいと見る人はどうぞ搾取されてください。

iPhone8pusケース

iPhone8Plusのここがいい

本当はiPhone6s plusのままでもいいかなと思っていて何度も買うのを躊躇したんですけど、買った理由がいくつかあります。iPhoneX系の良さやiPhoneX系に対して劣っている点に関しては触れません。

  • iPhone本体だけで電子マネーが使える
  • 無線充電できる
  • iPhone 6S plusよりかなり割安
  • カメラにズーム機能があるらしい(よく知らんww)

電子マネー

今までiPhone 6s plusにペアリングしたAppleWatchで電子マネーを使っていました。それでもいいんですけど。やっぱり本体で使えてしまうほうがさらに便利ですよね。

そうすればsuicaアプリも消せるかもしれないし?

まあとにかくAppleWatchでピッと払っていた経験はあるのですが、どうも腕を裏返しにして端末に当てるのが今だに気恥ずかしい。

それよりスマホ本体を端末にかざすのなら近頃けっこういますからそんなに浮きません。ということで電子マネー機能が本体に内蔵されたのがうれしい。

無線充電

iPhone7系ではまだなかった無線充電機能が8で実装されたらしいです。で幸い自分の持っていた過去の遺物が再び使えるようになったというのは思わぬ誤算で超ラッキーです。

この無線充電器をどこに置いておくのが最適か迷うのも楽しいです。

かなり割安

iPhone 6S Plusの16GBを買ったときは10万円近くしました。出てまだ数ヶ月のときでしたが、そこから1年も経たずにつぎのiPhone 7シリーズが出てストレージ容量は大きいのに割安ということで泣きました。

さらに次の年にはiPhone 8シリーズが出てそれもiPhone 6S Plusより割安感がありました。結局iPhone 6s plusって結構割高な機種だったんじゃないのかって思います。

さらに次の年、つまり今年新しい機種がでるとともにiPhone 8シリーズが値下げされましたので64GBの容量で税込み8万5000円ぐらいで買えます。

iPhone 6s plusを買ったときは税込みで10万を超えてしまっていたような記憶がありますから相当なコストダウンが図れました。

カメラの進化

もちろんさらに新しいiPhoneXシリーズのカメラのほうがもっと優れているのは知っています。でもiPhone 8 Plusのカメラで十分でしょう。なにしろ一昔前のコンデジに十分匹敵する性能は満たしているようです。

今まで旅行といえばデジカメを持ってでかけていましたがデジカメの難点(自分の使っているもの)は撮った瞬間の位置情報を覚えていないというところです。

その点スマホなら撮った瞬間のGPSを情報をちゃんと控えてくれていますからあとで見返したときに場所がすぐわかって助かります。

特に知らない地方へ旅行へ行ったときにこの写真はどこだったろうと調べ直す手間を考えたら位置情報のちゃんとわかるスマホでいい写真が撮れるというのは大きなアドバンテージになるだろうと痛感しました。

それにまだ使っていないけどズーム機能があるらしいのでそれも多少楽しめるでしょう。

さらに驚きの機能がTouchIDにはある!

えーと、このたびiPhone 8 Plusを手に入れてまだガラスフィルムを買う前の話です。

最初にiPhoneに貼り付いているフィルムを剥がすと汚れてしまいますから剥がさずに1日使ったんです。ホームボタンにもそのフィルムがかぶさっていますから当然touchIDは使えないと思い込んでいました。

でも物は試しと、指紋登録を試みてみたんです。そしたら・・・

なんと登録した指でのみロック解除ができるようになったのです。

つまりホームボタンの上にビニールフィルムがかぶさっていても指紋の登録ができてロック解除ができます。

試しに登録していない他の指でホームボタンを押してみてもロック解除できません。あくまで登録した指でのみ解除成功です。そしてこれはビニールを剥がしたあとでも有効でちゃんと認識しました。

【関連】iPhoneの機種変更なら自宅届けにしてもらうのが便利でした。
Softbankに限った話ではありますがiPhone機種変更するなら自宅届けが良いと経験から感じます