【追記あり】金沢2度旅行して利用したレンタサイクル「まちのり」の使い勝手と自作したポート地図

この記事は 約4 分で読めます。

20140704 金沢まちのり
2014年に金沢へ旅行したときにはだいたい生憎の雨でした。っていうか金沢っていうところは「弁当は忘れても傘は忘れるな」という格言があるくらい雨の多いまるでロンドンみたいなところのようです。

2016年末に旅行したときもほぼ曇りでときどき雨でさらにときどき晴れでした。

晴れを期待して金沢へ旅行してはいけません。
しかも梅雨時に行ったらなおさら晴れ率は期待できませんよ。
ということで金沢に行くときは輪行という手段は諦めて天気の成り行きで金沢のレンタサイクル「まちのり」を利用するのが賢明な選択といえます。

降ったり止んだりといった感じでしたが、雨の上がったタイミングで自転車を利用できると移動がスムーズなので利用することにしましょう。利用料はポートに30分以内に一旦返却するという条件を守れば1日200円で済みます。

しかしいくつか不満点があったので自分で解決できるところは解決したのと、今後利用する方はここ気をつけた方が良いですよというところ、そして運営者の方に改善をお願いしたいところを書いておきます。

一番簡単な利用開始手順

冒頭写真の左にある操作パネルにタッチしながら利用登録ができ、いきなり乗り出しすることができます。
順を追って手順を説明してみます。

1、最初にタッチパネルにタッチしてアクティブにすると借りるとかその他の画面になります。一番左の借りるをタッチ。
2、当日2度目以降は左側のパスワード購入済みを選びますが、今日初めての場合は右のパスワードを持っていないをタッチ。
20140704 金沢まちのり 20140704 金沢まちのり


3、利用規約を読んで問題なければ同意するをタッチ。
4、旅行者だったら1dayの利用でよいから1dayをタッチ。
20140704 金沢まちのり 20140704 金沢まちのり


5、1日利用の注意点が表示されますので確認しましょう。
6、利用する台数を選択します。自分は1台でしたがグループだったら複数選択して支払いはまとめ払いってことなんでしょうね。
20140704 金沢まちのり 20140704 金沢まちのり


7、一見さんですからパスワードの書かれたレシート発行をしてもらいます。一番左のパスワードというのをタッチ。もしSuicaなどのICカードを持っていれば真ん中のICカードを選択したほうが借りるとき超簡単です。もちろんAppleWatch2も利用できました。
8、自分の携帯電話番号を入れてENTERをタッチ。
20140704 金沢まちのり 20140704 金沢まちのり


9、今入れた携帯番号と確認事項が表示されるので間違いなければ右下の上記内容で決定をタッチ。
10、しばらく(数秒)待つ。
20140704 金沢まちのり 20140704 金沢まちのり


11、クレジットカードを入れるよう促されます。
12、タッチパネルの下にクレジットカード挿入口があるのでそこに入れます。
20140704 金沢まちのり 20140704 金沢まちのり


13、数秒間まちます。カードはすぐ出てきます。
14、問題なければ認証できたというメッセージが表示されます。
20140704 金沢まちのり 20140704 金沢まちのり

▼以下の2画面はICカードによる利用であれば必要ありません。
15、パスワードを発行して印刷してくれています。
16、クレジットカード挿入口のとなりにレシート発行口があるのでそこからパスワードの書かれたレシートが出てきます。
20140704 金沢まちのり 20140704 金沢まちのり


17、すぐに利用するならすぐ利用をタッチし、今すぐ利用しないなら後で利用という方をタッチします。
18、暗証番号による利用の場合はポートに置いてある自転車から良さそうなのを選んでその番号をタッチします。空気圧良く見てね。ICカード利用の場合は各自転車を固定してある機械にICカードスキャナーがあるのでそれにタッチします。
20140704 金沢まちのり 20140704 金沢まちのり

▼以下の2画面も暗証番号利用のときです。SuicaなどのICカード利用のときは不要です。
19、処理中の画面がでて少し待ってます。
20、先ほど選択した番号のロックが解除されますから自転車を取り出せます。
20140704 金沢まちのり 20140704 金沢まちのり

金沢まちのり便利な点

横浜で前にほとんど同じ仕組みのレンタサイクルを使ったことがあります。

https://jitenshatoryokou.com/how_to_use_yokohama_baybike-7932.html
「金沢まちのり」は1日200円払えば何度でも乗り降り自由で30分という時間内であれば好きなだけ使えるというのが便利です。
しかも横浜ベイバイクより最初の使い方も簡単でした。
横浜ベイバイクは確か事務所へ出向かないと最初に使えるようにならなかったんじゃなかったかな。
「まちのり」はクレジットカード一枚あればすぐにどこのポートからでも使い始めることができます。さらにSuicaなどのICカードがあれば借りるときの煩雑さからもまったく開放されます。AppleWatch2にSuicaを登録していれば財布からカードを出す手間さえ省けます。