2015年5月冬タイヤから新夏タイヤに付け替えのために今回も通販で買ったがやや残念

この記事は 約4 分で読めます。

2015年5月冬タイヤから新夏タイヤに付け替え
工賃は特に前回から変化ないと思います。消費税が上がった違いがあるもののタイヤとホイールの付け替えやらクルマへの付け替えやら廃タイヤ処分料など変化はないはずです。

しかし、通販で買ったタイヤがちょっと古かったっぽいです。

残念orz

やはり通販は安いがそれなりのリスクは覚悟が必要だということです。覚悟は必要ですが注意はしようがありませんwww

スポンサーリンク

通販でタイヤ購入 今回は潔く失敗と認めよう

そうです。毎回毎回「いやーいい買い物しました!」なんて言いません。

今回は失敗したとカブトを脱ぎます。なぜか?それは冒頭写真でもおわかりのようにタイヤの鮮度が悪いのです。

ブリジストンのエコピアというやや安めのタイヤを楽天の某ショップで買いましたが残念です。
注文したのは5月2日で到着したのは翌々日なので特に遅いとは感じませんでした。

しかし玄関に運び入れて最初に確認した製造年週の刻印を見て、苦笑いです。

写真では3814という数字が読み取れます。これは2014年の38週目に作ったという意味です。
そして注文したのは2015年の5月2日ですから15年の18週目です。

ちなみに14年の38週目というのは正確には9月の14日〜20日です。
ざっくり製造してから7ヶ月経っています。これがオート○ックスとかの店頭だと自分で確認できるというのもありますが、そんなに古いのは売られていません。

そりゃそうでしょね。あまり古いタイヤをつけたらクレームもらって面倒ですし、オート○ックスでタイヤ付けるお客さんていったらマフラーの太さが直径30cmとか、フェンダーが両側に20cmぐらいせり出してるとか、あるいは車高が2~3cmぐらいで地面に腹擦りながら走っているようなクルマが多いはず(偏見です)だし、風貌といったら間違いなくパンチパーマか頭髪と眉毛を剃ってしまっている人(偏見です)ですから落とし前をつけるのが厄介です。

なのでオート○ックスのような店ではきっちりと新し目のタイヤをつけてくれます。(たぶん)

然るに、通販だと当たり外れが大いに有り得るということがいえます。

今後も通販でタイヤを買うことが自分はあると思いますが、シーズンを選ぶか、お店を選ぶというように変化をつけてみて様子を見極めるしかないでしょう。

通販でも商品の回転さえよければ新し目のタイヤを送ってもらえることは期待できます。現に前回冬タイヤを通販で買った時は約6ヶ月前に生産されたタイヤでした。
【関連】安く調達できたスノータイヤで2度目の大雪に間には合ったが走行不能か

1ヶ月しか鮮度に違いはありませんが半年と7ヶ月では心情的に大きな差があります。

2015年5月楽天で買った夏タイヤの鮮度は7ヶ月経過

今回買った夏タイヤは3本

そしてなぜか今回は夏タイヤの新品を3本だけ調達しました。なぜ?オート三輪なの?って疑問に思いますよね。

理由はご存知の方ももしかしているかもしれませんが、2013年の正月に関越自動車道走行中にパンクしまして危うく命を落としそうになりました。
【関連】高速道路でパンクした体験談と教訓

そのときに最寄りのGSで新品タイヤを1本買ったので今回1本はそのまま流用ということで3本だけ新品にします。
セコいです。

まあ、次回は4本変えますよ。っていうかクルマのほうが10年ものだからそろそろ買い換えたいところなんですけど。
そんなわけでかかった工賃はこちら。
2015年5月新品夏タイヤ3本を付け替え
合計6597円。

タイヤ代が3本で23010円で合計29607円でした。
なぜ今回楽天にしたかというとポイントが2000ちょっと貯まってたからです。ポイントを利用できたから上記価格よりさらに2000なにがし安くあがりましたが次回はポイントが貯まっているか不明ですから楽天を使うことはほぼないでしょう。

せめてもの救いはステップワゴンという比較的メジャーな車種なので一般的なタイヤ種類であれば問題なく通販で買えるということです。特殊な車種だと簡単にそうはいかないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車ハード
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)